【 感染対策について 】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはこちらよりご確認ください。

着物作家・草野一騎とは?着物を高く買い取ってもらうためには?

今回は着物作家の草野一騎についてまとめてみました。

草野一騎は北海道出身の着物作家兼デザイナーで、着物や織帯、バッグや草履など幅広い商品を手掛けています。活動は日本だけにとどまらず、アメリカやヨーロッパ各地で個展、ショーを開催しています。また、草野一騎の作品は多くのメディア、企業広告で採用されているため、テレビなどを通して何気なく草野作品をご覧になっている人も少なくないでしょう。

今回はそんな草野一騎という人物について、プロフィールや着物買取のポイントについてまとめてみました。「草野一騎について知りたい」「着物が売れるか気になる」 という方、ぜひ最後までご覧ください。

草野一騎とはどんな着物作家?

着物作家・草野一騎とは?着物を高く買い取ってもらうためには?

草野一騎は北海道伊達市で生まれました。幼少の頃から絵を描くことに長けていた草野は数々のコンクールで入賞に輝くなど、頭角を現していたといいます。

そんな草野一騎は立命館大学を卒業後、染織作家として活躍する天野木仙に師事し、着物の伝統を学びます。

ここで着物の基礎、技法を習得した草野は京都の北山にて独立。
草野工房」「一騎デザイン事務所」を経て、(株)一騎を立ち上げました。

草野一騎が大切にしていること、それは「斬新で新鮮であること」。

創作活動は着物だけにとどまらず、日本女性に馴染み深い「浴衣」、またエナメルを使ったバッグといったものなども手がけ、活躍の場を広げてゆきました。

また国内外問わずショー、個展のも積極的に開催してきた草野一騎。

こうした活動が数々のメディアに取り上げられるようになり、商社やメーカーといった企業案件も舞い込むようになりました。

これまで多数の映画、テレビコマーシャルを彩る着物を制作してきた草野一騎は、現在も「日本の美」を追求するとし、新ブランドの立ち上げなど意欲的に取り組んでいます。

唯一無二の世界観「一騎調」

着物作家・草野一騎とは?着物を高く買い取ってもらうためには?

草野一騎はすべての工程を手作業で行う、というこだわりを持っています。

また、制作コンセプトが多数あるのも彼の特徴で、「独創性」のほか「垢抜けていて好感度のあるお洒落」「上品」「健康的」「シンプル」「ドラマティック」などのコンセプトを紹介しています。

こうした数々のコンセプトを挙げている草野一騎ですが、「『和』という概念から外さないこと」を重要し、創作活動を続けています。

そして、薔薇のトレードマークを用いている、ということも草野作品の特徴といえます。

着物作家の場合、落款と呼ばれるサインや印などを付けることはありますが、「トレードマーク」を用いている作家は決して多くありません。

また、多くの自社ブランドを立ち上げていることも草野一騎の象徴といえます。

草野は現在『かれさんすい』『工房一騎』『ロゼ一騎』『たまゆら』など、複数のブランドを構えています。

草野一騎の作品紹介

着物作家・草野一騎とは?着物を高く買い取ってもらうためには?

多くの芸能人が着用している草野一騎の着物は華々しく、印象に残るデザインが多いという特徴を持ちます。

ここでは草野一騎の作品の一部をご紹介します。

反物「燕」

群青色の地に、「幸せの象徴」とされるツバメがデフォルメされている本作品。どんな着物にも合わせやすいデザインになっているのが特徴です。

付け下げ「枝の実模様」

全体は上品なすみれ色が使われており、裾部分に花をつけた枝が描かれています。花の種類は不明ですが、着物の地を活かしたデザインという点が特徴で、日本人が好む「詫び錆び」が感じられる作品となっています。

正絹・訪問着(小花揺らぎ縞地紋)

現在、ホームページでは「レトロ」「ポップ」といった風合いの作品をアピールしている草野一騎ですが、シンプルで大人の落ち着いた雰囲気が特徴の着物も多数制作しています。

この作品は全体がからし色をしており、裾部分にえんじ、深緑、茶を用いた紋様、枝が描かれています。非常にシンプルで、飽きの来ないデザインに仕上がっています。

小紋「小豆色に金彩模様」

小紋はカジュアル着物として着られているもので、パーティーやお茶会の席などにふさわしいとされています。この小紋は小豆色の地に金彩で花模様が描かれていますが、絵柄が控え目であるため品を落とすことなく優雅に着ていただけます。

「薔薇地紋」を使用した訪問着

薔薇地紋」とは、着物の生地に薔薇の凹凸を施したもののことをさします。

草野一騎は自身が「トレードマーク」としている薔薇をあしらった薔薇地紋を用いた訪問着を何点も制作しています。

一見無地に見える着物ですが、光の加減によって浮き出る薔薇が非常にお洒落な印象を与えてくれます。

振袖(蝶 金通し 金彩)

振袖は女性の第一礼装で、成人式などの式典の際に着用する着物です。

お祝いの場で着られる着物であるため、着物全体に絵柄が入り、箔が付けられるなど「豪華絢爛」といったデザインのものが一般的となっているのですが、草野一騎はこの振袖にあえて「シンプル」「モダン」といった要素を取り入れ、ほかの着物との差別化を図っています。

草野一騎の着物買取は福ちゃんにお任せください!

着物作家・草野一騎とは?着物を高く買い取ってもらうためには?

草野一騎の作品は「斬新なデザイン」「既存の着物にはない個性、お洒落さがある」として幅広い世代の方に人気があります。

着物買取の世界でも注目されている作家のひとりですが、傾向としては一点だけで売却するよりも「まとめて売る」という方法のほうが高値で買い取ってもらえるようです。

なお、福ちゃんは草野一騎を含む有名作家が手がけた着物の買取を強化しています。

草野一騎の作品かどうかわからない……

他店より高く売りたいが、相見積もりをしてから考えたい

などの状態でも構いません。

福ちゃんは着物の買取に精通した査定士が在籍しており、一点一点丁寧に査定を行っています。

査定費や出張費は無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

着物の高価買取着物の高価買取
着物買取で定評のある福ちゃんにお任せ!
キャンペーン開催中

期間:8月6日〜9月30日(無くなり次第終了) 対象者:期間内に出張買取させていただいお客様 30%UP対象商品:着物、食器、毛皮、骨董品、酒、カメラ、楽器 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
< 前の記事「着物買取」記事一覧次の記事 >

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。