着物買取で人気の【結城紬】とは?

着物の紬買取で大島紬と共に人気で、絹織物では唯一のユネスコ無形文化遺産である『結城紬』。
結城紬は種類によって、価値も価格も異なる事はご存知でしょうか?
今回の着物買取コラムでは、知っておいて損はしない『結城紬』についてご紹介します!

着物の紬とは

紬(つむぎ)とは、紬糸で織られた絹織物の事です。
紬糸は蚕(かいこ)の繭から糸を取り出し、撚り(ヨリ)をかけて丈夫な糸に仕上げて織ったものです。紬の着物は独自の凹凸ある肌触りで落ち着いた色合いのものが多く、年代を問わず広く愛されています。普段着の着物としてよく着られるため、紬は一番身近にある着物と言えるかもしれませんね。全国各地で生産される紬は一般的に産地の名前を付けて呼ばれ、大島紬、結城紬、塩沢紬、牛首紬、久米島紬などが広く知られています。

紬買取で人気の『結城紬』とは

今回はその中でも、大島紬と共に有名な『結城紬』についてご紹介します。
結城紬(ゆうきつむぎ)とは、茨城県小山市・栃木県結城市周辺で生産される絹織物の事です。単純に「結城」とも呼ばれます。奈良時代から続く高級織物で、国の需要無形文化財にも指定されています。織物の技法が向上した現在では、「硬くて丈夫な織物」から「軽くて柔らかい織物」と例えられる事も多くなりました。

結城紬の種類

結城紬には、「本場結城紬」と「石下(いしげ)結城紬」と呼ばれる2種類が存在します。
広義では「結城紬」という呼称でも、実は「製法」「産地」「重要無形文化財」の違いで、結城紬の種類が分けられます。「本場」が付いていないからと言って、その結城紬が偽物というわけではありません。「石下結城紬」の事を単に「結城紬」と呼ぶ場合もあります。

本場結城紬と石下結城紬の違い

両者の大きな違いとしては、「手織り」か「機械織り」の違いがあります。
『本場結城紬』は昔ながらの手間暇のかかる製法で織り上げられ、「重要無形文化財」にも指定されています。大半の工程を手作業で行うため大量生産ができず、希少価値と価格が高いのが特徴です。逆に『石下結城紬』は機械織りのため流通量も多く、本場結城紬と比べると価格が安く色柄も豊富なため、結城紬をとりあえず着てみたい人などに向いています。

結城紬の証紙が見極めるポイント

本場結城紬と石下結城紬について述べましたが、両者の違いは着物のプロでもなかなか見分けがつきません。一番確実かつ簡単に見極めるポイントは「結城紬の証紙を確認する」事です。
本場結城紬は証紙に【結】のマークが、石下結城紬は証紙に【紬】のマークが描かれています。どちらも同じ結城紬ですが、この証紙を見る事ですぐに、『本場結城紬』か『(石下)結城紬』なのかを簡単に見極める事ができます。

結城紬を売る事になったら

結城紬は奥が深いため、今回ご紹介できなかった特徴や魅力などはたくさんあります。
着物買取において大島紬と共に人気の結城紬ですが、本場結城紬であれば高額査定も珍しくはありません。石下結城紬も”結城紬”である事に違いはないので、未使用品など状態が良いものであれば、思っていたよりも高く売れる可能性があります。

着物買取の福ちゃんでは、紬の買取実績も豊富です。
お持ちの結城紬を売るのであれば、福ちゃんにお任せください!
店頭まで結城紬を持ち歩く事が難しい方には、ご自宅まで着物の査定にお伺いする出張買取や、宅配買取も無料でご利用いただけます。

詳しくは福ちゃんまで、お気軽にお問い合わせください。

着物の高価買取着物の高価買取着物買取で定評のある福ちゃんにお任せ!
< 前の記事「着物買取コラム」記事一覧次の記事 >
買取コラム
買取ジャンル

INDEX

トップへ戻る