着物・切手・記念硬貨・骨董・毛皮からブランド品まで買取お役立ち情報を発信

着物買取で定番の【留袖】とは?

着物買取の福ちゃんでは日々、さまざまな種類の着物をお買取させていただいております。
今回はその中でも、お買取の機会も多い『留袖』がどんな着物なのかについてご紹介いたします!
着物を売る前に、ちょっとした豆知識としてご活用ください。

留袖とは

留袖(とめそで)とは、既婚女性が着用する最も格の高い礼装のことです。
着物の格としては第一礼装で、西洋のイブニングドレスに相当するものとして知られています。
ただし留袖は、イブニングドレスのように時間制約はなく、昼夜問わずに着用できます。

着物買取で人気!留袖に関する豆知識

フォーマルなシーンで活躍する着物として知られる留袖。
江戸時代には若い人が結婚後、振袖の長い袖を短くし縫い留める習慣があり、このような着物を柄ゆきに関わらず広く「留袖」と呼んでいました。
そこから「留袖=既婚女性の礼装」として広まるようになりました。
現在「留袖」と呼ばれる着物は、「江戸褄(えどづま)」と呼ばれる「下半身部にのみ模様」が入った着物のことを指します。

留袖の色

留袖の種類には大きく分けて『黒留袖』と『色留袖』があります。
留袖は元々、振袖をリサイクルした着物だったのでさまざまな色のものが存在しましたが、明治時代に西洋ブラックフォーマルの概念が取り入れられ、黒留袖が誕生しました。
黒留袖はその名の通り全体が黒の留袖のことを指し、黒以外の色で染めているものを色留袖と呼んでいます。黒留袖は既婚女性のみの着用ですが、近年では色留袖が未婚女性の礼装として着用されることもあります。宮中では黒は喪の色とされているため、色留袖が用いられています。

留袖のレンタル

必要な時だけ必要な留袖をレンタルする方法が、近年では人気があります。
主なレンタル方法を下記でご紹介します!

ホテルや式場でレンタルする

レンタル料の相場は高めですが、ホテルや式場でレンタルすると脱いだまま返却できる所が多く、着付けの準備や返却など、手間暇や段取りが必要ありません。
留袖のレンタルに関して、すべてを一貫してお任せできる点が優れていますね。

知り合いからレンタルする

友人や親戚など、知人からレンタルする方法もあります。最大のメリットはレンタルに関する費用がかからないことですね。ただし、クリーニングしてお返しするのがマナーのため、お礼代も考えると割と高く付くケースもあるようです。

ネットでレンタルする

時代と共にニーズが高まっているのが、着物のネットレンタルです。
比較的リーズナブルな価格で、購入するには手が届かないような高級品や新作の留袖でも、レンタルなら手が届く場合があります。直接実物が見れないというデメリットはありますが、クリーニング不要で返却できるレンタル業者も多く、留袖のネットレンタルは特に人気です。

留袖に合わせる帯

黒留袖の場合、昔は丸帯が一般的でしたが生地が厚く締めにくく、現代では袋帯が一般的です。留袖はお祝いの席で着る着物ですので、それに相応しい最高級の帯を合わせるのが良いとされています。金や銀などの箔を用いた格調高い帯が用いられることが多いですね。

色留袖の場合、紋が入っているかどうかで使い分けるのが一般的です。
紋が入っている場合、黒留袖に次ぐ礼装となるので、金や銀などの箔を用いた格調高いものを選びます。紋なしの場合、訪問着と同じように着ることができるため、遊び心を取り入れた袋帯の柄を選ぶこともできます。

留袖を売ることになったら

ここまで留袖に関して色々とご紹介させていただきました。
着物は着ている時以外にも手入れや保管が大変なので、今持っている留袖を売りにだして、必要な時だけレンタルするといった方も少なくはありません。
特に現代ではネットが普及していることもあり、ネットレンタルは高いニーズがあります。

留袖は着用される機会も多く、需要の高い着物です。
レンタルではなく、中古でもいいから自分の留袖を持ちたいという方も少なからずいらっしゃいます。着物買取の福ちゃんでは、そんば留袖をどこよりも高価いたします!

30年以上前の黒留袖、手描き友禅の色留袖、シミがついてしまった色留袖など、買取査定において状態は特に問いません。結婚式など一度着たきりで、タンスの中に眠らせてる留袖はございませんか?お持ちの留袖を売りたくなったら、ぜひ福ちゃんまでお問い合わせください!
着物を持ち出すのが大変な方には、無料で利用できる出張買取もございます。

着物の高価買取着物の高価買取着物買取で定評のある福ちゃんにお任せ!
< 前の記事「着物買取コラム」記事一覧次の記事 >
買取コラム
買取ジャンル
トップへ戻る