久保田一竹氏の辻が花染のお着物をお買取りさせていただきました

辻ヶ花とは・・・
室町から桃山時代にかけて現れ消え去った「幻の染め」と呼ばれる染物です。その幻の染めと言われた辻が花染めに魅了され、伝統の技法を現代に復活させた人物が故・初代久保田一竹氏であり自ら「一竹辻が花」と命名しました。

逸品!久保田一竹氏の辻が花染のお着物をお買取りさせて頂きました!

着物買取福ちゃんでございます。

今回はお着物は初代久保田一竹氏の幻の辻が花(訪問着)です!
美しいですね~。
辻が花買取で出張査定させて頂いたのは東京都中央区にお住まいの方です。

写真でしかお見せできないのが残念ですが、この辻が花訪問着は絞染めに手描き染めをあしらい
何色もの染め色が幻想的で美しく優雅さにみち、もはや美術品の域に達しております。

初代久保田一竹氏の作品はお買取りでもお目にかかる事はなかなかありません。
お売り頂きありがとうございます。
辻が花のお着物は季節を問わず着れるのも人気の理由です。
洗練された柄色彩はいつの時代でもお召頂けるお着物です。

辻が花買取なら福ちゃんにお任せ下さい。

着物の高価買取着物の高価買取久保田一竹氏の辻が花染やその他お着物の無料査定・買取なら福ちゃんにお任せ!
< 前の記事「着物買取」記事一覧次の記事 >
まずはご相談
0120-947-295

受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

QRコードからスマホへ
  • スマホサイトを見る
  • スマホから画像を送る
中尾彬さん・池波志乃さんインタビュー

INDEX

トップへ戻る