着物・切手・記念硬貨・骨董・毛皮からブランド品まで買取お役立ち情報を発信

小紋三役の処分でお困りなら、福ちゃんで買取します!

一言に着物と言っても、さまざまな「格」があり、買取に出す場合も、その「格」に応じて、値段が変わってきます。そこで今回は、第一礼装である留袖や振袖以外に、普段着として着られている小紋の中から、高額買取できるものをご紹介いたします。同じ小紋でも、「紋」によって買取価値が変わってくるので、小紋をお持ちであれば『福ちゃん』へ!

普段着用の着物として重宝される小紋。小紋三役の着物なら福ちゃんで買取します!

着物の買取において、普段着として来ている小紋は、あまり高く買い取ってもらえることはないのでは……と思っている方も多いのではないでしょうか? 留袖や振袖などの第一礼装は、その格式の高さゆえ小紋より高級品とされています。しかし、小紋三役と称される小紋をお持ちであれば、高額買取される可能性もあるので、『福ちゃん』にご依頼ください!

小紋三役の代表格、江戸小紋

礼装や正装にならない、普段着扱いの小紋ですが、江戸小紋なら特別です。江戸時代、諸大名同士が、着物の模様の豪華さを競う傾向がありました。これを、幕府が規制した際に作られたのが江戸小紋。大名が着用していたという歴史から、小紋の中でも格式が高いものと位置付けられています。

型紙を使用し染めるという特徴的な技法で作られている江戸小紋は、鮫、行儀、角通しなどが有名です。現在はこの型紙職人の後継者が少ないため、買取額もそれに応じて、高くなります。

派手な柄と、型染めを融合した京小紋

型染めとして小紋の生産がもっとも盛んになったのは明治時代以降で、京友禅の派手な柄と型染めが融合してできたものを、「京小紋」といいます。

江戸小紋が、単色で生地は絹しか使わないのに対し、京小紋はさまざまな生地や、色を使い、大きく見た目が華やかなのが特徴です。その見た目から、中古でも人気が高いため、高額買取が可能となっています。

加賀五彩と呼ばれる色が使われた加賀小紋

加賀小紋はその名の通り、現在の石川県で作られ始めた小紋です。江戸小紋と同じく、一色染の小紋と、京小紋と同じく多彩な色を使った小紋の二種類があり、加賀友禅の色柄を基調にした、華やかなデザインが人気の小紋のため、江戸小紋、京小紋に並び、高値買取につながる小紋です。

小紋三役は処分する前に、福ちゃんにお任せください!

着物や宝石には、その価値を証明する「証書」というものがあり、それをセットにして買取に出せば、より高額買取が期待できます。証書がない場合でも『福ちゃん』では買取可能です。着る予定がなく、処分する予定の小紋三役があれば、ぜひ『福ちゃん』にご連絡ください!

着物の高価買取着物の高価買取
< 前の記事「着物買取コラム」記事一覧次の記事 >
買取コラム
買取ジャンル
トップへ戻る