福ちゃんの金・貴金属、ダイヤモンド、宝石、ブランド、時計、着物、切手、古銭・記念硬貨、骨董、古着、毛皮、食器、家電の買取コラムページです。お役立ち情報を発信いたします。

有名な外国切手、お持ちであればバラ切手でも買取に!

切手の収集家にとって、外国切手は非常に人気が高いもの。有名な外国切手は、バラだったり、多少の傷がある場合も、高額買取が可能な商品です。もしお手元に外国切手をお持ちであれば、一度査定に出してみるのはいかがでしょうか?

世界最初の郵便切手。ペニー・ブラック

1840年にイギリスで発行された、世界最初の切手「ペニー・ブラック」。イギリス人のみならず、世界各国で愛されるペニーブラックは、切手の収集家なら一度は自分のものにしたい切手です。その人気の高さから、使用済みでも高額買取が期待でき、査定に出してみたら驚くほどの金額になることもあります。

世界で2番目に発行されたペンス・ブルー

ペニー・ブラックの次に発行されたのが、2ペンスの額面を持ち青色のデザインが印象的な「ペンス・ブルー」。デザインの美しさと希少性から、切手収集家の憧れの切手となっています。ペンス・ブルーはペニー・ブラックよりも希少価値が高く、未使用品であれば、かなりの高値で取引されることもあります。

非常に古い切手ですので、保存状態が良いものに出会えることは少ないですが、きれいな品であれば、それだけで価値がさらに高くなります。多少の傷があっても、高価買取が期待できる切手なので、心当たりがあればぜひ『福ちゃん』にご連絡ください!

世界最高額の切手と名高い、ブルー・モーリシャス

世界最高額を記録した「ブルー・モーリシャス」は、1847年にモーリシャス島で発行された切手で、発行枚数1000枚と、非常に希少価値の高い切手です。ビクトリア女王の肖像画が描かれたこの切手は、確認されているものでも数十枚程度しかありません。もし見つかれば、買取で最も高値がつく可能性もあり、その買取額は計り知れません。しかしながら、ご自宅に眠っている可能性だって、ゼロではありません。一度探してみてはいかがでしょうか?

希少価値の高い外国切手をお持ちなら、福ちゃんへご依頼ください!

夢のような価格がつく可能性もある外国切手。古い昔に海外に出張していた家族や、海外土産で購入した記憶があるといったようなことはありませんか? 古い切手は保存状態によって、買取額が左右されますが、今回ご紹介した外国切手がご自宅にある場合は、破格の値がつくこともあります!もし心当たりがあるのであれば、一度『福ちゃん』にお持ちください!切手査定の専門家が、お持ちの外国切手の価値を判断いたします。

切手の高価買取切手の高価買取
< 前の記事「切手買取コラム」記事一覧次の記事 >
買取コラム
買取ジャンル
トップへ戻る