着物・切手・記念硬貨・骨董・毛皮からブランド品まで買取お役立ち情報を発信

物置から出てきた古銭や記念硬貨を上手に買取してもらう方法

物置を整理していたら、古銭がどっと出てきたというような経験はありませんか? 古銭に対する知識がないと、どうしていいか困りますよね。汚れているので、水洗いをしたほうがいいのか?など、疑問もいっぱいです。これらの古銭・記念コインなどを買い取ってもらうときの注意点、できるだけ高く買取ってもらうポイントをご紹介します。

発見した状態のままで査定に出すこと

遺品整理や実家の物置の片づけをしているときに大量の古銭がでてくるというのは珍しい話ではありません。古銭とひとくちにいっても、その種類はかなり多くあります。たとえば、江戸時代の古銭だけでも多数ありますし、戦前使われていた古銭や紙幣、海外の古銭、最近発行された記念コインなどもあります。

どんな古銭・記念コインにも気をつけなくてはならないポイントは共通しています。それは、発見したときの状態を保つということ。汚れているので洗うとか、磨くなどといったことは避けてください。古銭、記念効果としての価値を下げてしまうことになりかねないからです。できれば現状のまま査定に出しましょう。

人気があるのは金貨

金貨には、地金型金貨と収集型金貨(アンティークコイン)があります。 地金型金貨は金の相場によって価値が決まります。『クルーガーランド金貨』、『メイプルリーフ金貨』、『ブリタニア金貨』などが地金型金貨です。収集型金貨は、金の相場には左右されず現存数やデザインなどで価値が決まり、『キャット金貨』などがあてはまります。

種類が多い江戸古銭も人気

江戸時代の古銭は、種類が豊富で奥が深いものです。寛永通宝、天保通宝などといったおなじみのものも江戸古銭です。丸に四角い穴の開いた寛永通宝ひとつとっても新寛永、古寛永、母銭、芝銭、二水永など1000種類を超えます。それだけに古銭の鑑定の経験豊富なところでないと、判別はなかなか難しいといえます。

古銭・記念硬貨の持ち方にもご注意を

古銭、記念コインは持ち方にも気をつけましょう。指紋などが表面についてしまうため、コインの表面は触ってはいけません。側面のギザギザがあるエッジを指でCの形になるように持ちましょう。手袋をしたほうが良いのですが、そこまで神経質にならなくてもいいでしょう。ただし、汚れた手で触るのは厳禁です。

貨幣ケースやパックに入っていたら取り出さない

もしも古銭・記念貨幣が貨幣ケースやパックに入っていた場合は取り出さないようにしましょう。取り出すことで傷ついたりすると価値が下がってしまうこともあるからです。どんな場合でも発見したときのままにしておくことです。保管場所も変えないほうがいいでしょう。

幅広い専門家がそろっている福ちゃんなら安心です

古銭、記念コインについて、よくわからないという方は、幅広い専門家がそろっていて、相談や査定などの手数料が一切かからない、福ちゃんにおまかせください。

古銭・記念コインは量が多くなると重量がありますし、保存状態も査定額に影響するデリケートなもの。福ちゃんは、出張買取や宅配買取りも行っております。宅配買取りは、福ちゃんから宅配キットをお送りしますので、箱につめて送るだけです。送料など手数料などは福ちゃんが負担しますのでお気軽にご依頼ください。

古銭・記念硬貨の高価買取古銭・記念硬貨の高価買取
< 前の記事「古銭・記念硬貨買取コラム」記事一覧次の記事 >
買取コラム
買取ジャンル
トップへ戻る