ダイヤモンドの価値

4C「カラット-Carat-」

ダイヤモンドには他の宝石と違い、4Cと呼ばれる査定基準があります。この査定基準は「カラット -Carat-」「カラー -Color-」「クラリティー -Clarity-」「カット -Cat-」の4つを表し、頭文字のCをとって4Cと呼ばれています。
カラット-Carat-とはダイヤモンドの、重さのことです。カラットという単位は昔、ダイヤモンドをカリブ豆と呼ばれる豆を基準に天秤に乗せて量っていたためです。

ダイヤモンドの価値ある証

0.20ct(約3.8mm) 0.30ct(約4.3mm) 0.40ct(約4.8mm)
0.20ct
約3.8mm
0.30ct
約4.3mm
0.40ct
約4.8mm
0.50ct(約5.2mm) 0.60ct(約5.8mm) 0.70ct(約6.4mm)
0.50ct
約5.2mm
0.60ct
約5.8mm
0.70ct
約6.4mm

カラット-Carat-とは、ダイヤモンドの重さの単位で、1カラットは0.2gになります。
カラットの数値が高いほど、つまりダイヤモンドの質量が大きいほど価値が高いと一般的には思われています。しかし、ダイヤモンドはカラットのみでなく他の、カラーColor-、クラリティ‐Clarity‐、カット-Cut-の全4つが高品質でこそ価値があります。

宝石やダイヤモンドの買取にお悩みなら
下記の番号をクリックしてご相談下さい。

宝石やダイヤモンドの買取に少しでもお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。フリーダイヤル:0120-947-295

ダイヤモンドの重量比率

カラットのサイドとフロント

ダイヤモンドを購入される時、パッと見直径が一緒なのにカラット数や値段が違うことはありませんか?
ダイヤモンドは、直径やカット方法が同じでもカラットが異なる場合があります。そして、その秘密はガードルの高さにあります。
例えば図のようにガードル部分を厚く研磨することでカラットは増加しますが、同時に輝きは損なわれてしまいます。厚みが出る分透明度が下がってしまうのです。

形で変わるダイヤモンドの輝き

例として0.30ctを上げます。理想は約4.3mmとなりますが、上図を見てみて下さい。
上図は直径が全て異なりますが、同じ0.3ctになります。

ダイヤのカットタイプ
  1. ①理想的な形のラウンドブリリアントカット
  2. ②縦に長い丸みを帯びたラウンドブリリアントカット
  3. ③外形が広く平べったいラウンドブリリアントカット

全て同じカラットですが、②と③は①に比べてダイヤモンドの輝きに大きく異なります。
カラットはダイヤモンドの美しさを評価するものではなく、グレードを左右するわけでもないのです。

ダイヤモンドの原石は八面体

ダイヤモンドの原石

ダイヤモンドの原石は一般的に八面体の形をしていますが、必ずしも綺麗な八面体が多い訳ではなく、変形したものもあります。八面体の他には六面体、十二面体の三種類、あるいはこれらが合わさった形が存在します。
もちろん、原石を削らないことには輝きを放つダイヤモンドにはなりません。少しでもカラット数を残そうと理想のプロポーションにならないこともしばしばあります。カラット…つまり重さや大きさを残す事によって理想のプロポーションよりも高い値段がつく場合もあります。
理想のプロポーションにするかカラット数を維持するか…それは職人の悩みどころでもあるのです。

宝石やダイヤモンドの買取にお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。

宝石やダイヤモンドの買取に少しでもお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。フリーダイヤル:0120-947-295

宝石やダイヤモンドの買取にお悩みなら下記の番号をクリックしてご相談下さい。

宝石やダイヤモンドの買取に少しでもお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。フリーダイヤル:0120-947-295

宝石・ダイヤモンド買取の専門店として選ばれるポイント!

安心の充実買取サービス

  1. 保証書、鑑別書、鑑定書がなくても買取 専門スタッフが査定するので安心
  2. 査定料、手数料、キャンセル料は一切無料 査定だけでも歓迎いたします
  3. 宝石単体でも買取します 宝石がとれた指輪などでも大丈夫
  4. 古いデザインや、ネーム入りでも買取 キズやサビがあっても価値を査定
TOP