ダイヤモンドの価値

4C「クラリティ-Clarity-」

ダイヤモンドには他の宝石と違い、4Cと呼ばれる査定基準があります。この査定基準は「カラット -Carat-」「カラー -Color-」「クラリティー -Clarity-」「カット -Cat-」の4つを表し、頭文字のCをとって4Cと呼ばれています。 クラリティは最も原石に左右される点です。内包物が多いほどクラリティのグレードは下がり、価値が落ちてしまいます。

極められた透明なダイヤの美しさ

FL IF
内包物が全くない、非常に希少性の高いグレード
VVS1 VVS2
10倍の拡大鏡で内包物がほとんど確認できない
VS1 VS2
10倍の拡大鏡で目立たない程度の内包物がある
SI1 SI2
10倍の拡大鏡で容易に確認できるやや目立つ内包物がある
I1 I2 I3
肉眼でほぼ確認できる内包物がある

クラリティは、文字通り「透明度」を表します。欠けや傷がある部分、内包物の大きさ等を鑑定して各評価が決まります。当然、内包物が多いと透明度が落ちその分輝きが落ちてしまいます。ですが、透明度は高ければ高いほど評価も上がっていきます。

宝石やダイヤモンドの買取にお悩みなら
下記の番号をクリックしてご相談下さい。

宝石やダイヤモンドの買取に少しでもお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。フリーダイヤル:0120-947-295

略称の呼び方

FLやIFなどは正式な呼び方が存在します。
英語にしてみると、意味が更に分かりやすくなります。まうのです。

クラリティだけ綺麗さは決められない?

クラリティの鑑定の仕方は、ダイアモンドを上から見、内包物の大きさ量をみて判断します。しかし、ダイヤモンドは立体物なので、上から見ただけでは判断できません。また、ダイヤモンドの内部に光が反射した際、内包物を他の面に虚像として映してしまうこともあるのです。実際はそこに存在しない傷などが見えてしまう可能性があるのです。ダイアモンドは暗視顕微鏡を使って内包物を検査し、クラリティを確認していきます。

クラリティのランク

内包物には種類がある

カーボンとは

写真に写っているのは"カーボン"と言われる内包物です。カーボンはダイヤモンドが作られる際何らかの要因で黒く変色した炭素の結晶のことを言います。これがダイヤモンドの中で1つしかないカーボンが2つや3つに見えたりしてしまうため、鑑定に影響を及ぼしてしまいます。

カーボン

クリベージとは

この写真はクリページと呼ばれるダイヤモンドに見られる亀裂の一つです。ダイヤモンドに入る細かい亀裂層の事で、厳密には内包しているのではなく、隙間ができているのです。カーボンよりは目立ちにくいのですが、長く亀裂が入るという特徴があるため、場所によってはカーボンよりも目立ってしまう事もあります。

クリベージ

宝石やダイヤモンドの買取にお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。

宝石やダイヤモンドの買取に少しでもお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。フリーダイヤル:0120-947-295

宝石やダイヤモンドの買取にお悩みなら下記の番号をクリックしてご相談下さい。

宝石やダイヤモンドの買取に少しでもお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。フリーダイヤル:0120-947-295

宝石・ダイヤモンド買取の専門店として選ばれるポイント!

安心の充実買取サービス

  1. 保証書、鑑別書、鑑定書がなくても買取 専門スタッフが査定するので安心
  2. 査定料、手数料、キャンセル料は一切無料 査定だけでも歓迎いたします
  3. 宝石単体でも買取します 宝石がとれた指輪などでも大丈夫
  4. 古いデザインや、ネーム入りでも買取 キズやサビがあっても価値を査定
TOP