ダイヤモンドの価値

4C「カラー-Color-」

ダイヤモンドには他の宝石と違い、4Cと呼ばれる査定基準があります。この査定基準は「カラット -Carat-」「カラー -Color-」「クラリティー -Clarity-」「カット -Cat-」の4つを表し、頭文字のCをとって4Cと呼ばれています。
無色透明なダイヤモンドほど希少価値が高くなるダイヤモンド。そんなダイヤモンドの価値を決めるカラー-color-の鑑定はとても重要なものになってきます。

極められたダイヤの透明な美しさ

D E F G H I J
Colorless Near Colorless

無色

無色

ほぼ無色

ほぼ無色
K L M N O P Q R
Faint Yellow Very Light Yellow

僅かな黄色

僅かな黄色

非常に薄い黄色

非常に薄い黄色
S T U V W X Y Z
Light Yellow

薄い黄色

薄い黄色

ダイヤモンドは最も無色透明なものが美しいとされています。そして、無色透明なほど、その価値は上がるのです。カラーグレードはD~Zまでの全23段階アルファベットで表記されます。
最高ランクのDが最も無色透明とされ、Zにいくにつれ、その色味は黄みがかっていきます。

宝石やダイヤモンドの買取にお悩みなら
下記の番号をクリックしてご相談下さい。

宝石やダイヤモンドの買取に少しでもお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。フリーダイヤル:0120-947-295

色の蛍光性

ダイヤモンドはブラックライト(紫外線)を当てることによって光を吸収し、発光するものがあります。
この特徴は、ダイヤモンドの約60%に見られる自然界の特徴です。しかし、この特徴は自然光の中では白く濁って見えてしまい、ダイヤモンドの輝きを損ねてしまうのです。

色の蛍光性

透明とカラーの価値

カラーの見極め方

ダイヤモンドのカラーを見極める際には”マスターストーン”と呼ばれる基準となるダイヤと見比べて色を判別します。
誤差が出ないよう、判定する際は一定の照明と条件下の中で行われるのが一般的です。

カラーの見極め方

色濃いダイヤモンドは価値が高くなる

”N”以降のダイヤモンドは”VeryLightYellow(ベリーライトイエロー)”と呼ばれており、文字通り色味が入っていて透明度も低いダイヤモンドになります。そのため、価値は下がってしまうのですが、z以降ほどの強い色味を持つダイヤモンドは意味合いが変わってきます。Y以前のダイヤモンドより希少価値は跳ね上がり、"カラーダイヤモンド"と呼ばれます。その希少価値は価格で表すと1.0ctで1億の値が付くと言われています。

色濃いダイヤモンドは価値が高くなる

宝石やダイヤモンドの買取にお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。

宝石やダイヤモンドの買取に少しでもお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。フリーダイヤル:0120-947-295

宝石やダイヤモンドの買取にお悩みなら下記の番号をクリックしてご相談下さい。

宝石やダイヤモンドの買取に少しでもお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。フリーダイヤル:0120-947-295

宝石・ダイヤモンド買取の専門店として選ばれるポイント!

安心の充実買取サービス

  1. 保証書、鑑別書、鑑定書がなくても買取 専門スタッフが査定するので安心
  2. 査定料、手数料、キャンセル料は一切無料 査定だけでも歓迎いたします
  3. 宝石単体でも買取します 宝石がとれた指輪などでも大丈夫
  4. 古いデザインや、ネーム入りでも買取 キズやサビがあっても価値を査定
TOP