ダイヤモンドの価値

4C「カット-Cut-」

ダイヤモンドには他の宝石と違い、4Cと呼ばれる査定基準があります。この査定基準は「カラット -Carat-」「カラー -Color-」「クラリティー -Clarity-」「カット -Cat-」の4つを表し、頭文字のCをとって4Cと呼ばれています。
ダイヤモンドのカットはその中でも唯一人の技術が加わる部分であり、ダイヤモンドの輝きを存分に引き出すための大切な工程です。

ダイヤモンド「カット -Cut-」のグレード

3EX Excellent Very Good
トリプル
エクセレント
エクセレント ベリーグッド
Good Fair Poor
グッド フェアー プアー

ダイヤモンドが最も評されるのはカットグレードです。理由はダイヤモンドは輝きが命と言われており、その輝きに深く密接しているのがカットグレードだからなのです。
ダイヤモンドは"ラウンドブリリアントカット"のみカットの評価がされます。Proportion(総合評価)とPolish(研磨状態)とSymmetry(対称性)が評価対象となっており、全5段階で表記されます。上図の左から右へとグレードは下がり、カットの品質が良い左側(Excellent)になるほどダイヤモンドの輝きは増すのです。

宝石やダイヤモンドの買取にお悩みなら
下記の番号をクリックしてご相談下さい。

宝石やダイヤモンドの買取に少しでもお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。フリーダイヤル:0120-947-295

理想のダイヤのProportion

ダイヤモンドが持つ屈折率を計算された「理想のカット」がダイヤモンドには存在します。
理想のカットを施されたダイヤモンドは、クラウン部分から光を受け、全反射し、力強い輝きを放ちます。

理想のダイヤのProportion

Polish

歪みなく平らに研磨されたファセットは強い光を起こすます。星の輝きのようなそれは『SCINTILLATION(シンチレーション)』と呼ばれています。

Polish

Symmetry

対称性の高いダイヤモンドは入射光が屈折・反射する中で分解されるため、光の分散が生まれます。そしてそれによって輝きを放つのです。

Symmetry

ダイヤモンド「カット -Cut-」の更なる品質

Heart & Cupid

Heart & Cupid

最高カットグレードの中でも特にバランスがいいものは"Heart&Cupid(ハート&キューピッド)"と呼ばれる8個のハートと8本の矢がダイヤモンドの中ではっきりと確認することができます。Excellentだからといって必ずしも確認できるものではありません。意図的に作りだしているわけではなく、カット面が複合されてそう見えるのです。そのため、カット面が均一な形であり大きさでないとHeart&Cupidは見ることができないのです。

3Excellent

世界基準として定められているグレードは全5段階ですが、他にも注目されている点があります。それが"3Excellent(トリプルエクセレント)"。3Excellentとは総合評価のExcellentはもちろんのことながら、カットの評価項目であるシンメトリー(対称性)とポリッシュ(研磨状態)も同時にExcellentでなければなりません。3Excellentは"Heart&Heart&Cupid"よりも更に希少価値の高いものになります。

宝石やダイヤモンドの買取にお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。

宝石やダイヤモンドの買取に少しでもお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。フリーダイヤル:0120-947-295

宝石やダイヤモンドの買取にお悩みなら下記の番号をクリックしてご相談下さい。

宝石やダイヤモンドの買取に少しでもお悩みなら専門のプロに一度、ご相談下さい。フリーダイヤル:0120-947-295

宝石・ダイヤモンド買取の専門店として選ばれるポイント!

安心の充実買取サービス

  1. 保証書、鑑別書、鑑定書がなくても買取 専門スタッフが査定するので安心
  2. 査定料、手数料、キャンセル料は一切無料 査定だけでも歓迎いたします
  3. 宝石単体でも買取します 宝石がとれた指輪などでも大丈夫
  4. 古いデザインや、ネーム入りでも買取 キズやサビがあっても価値を査定
TOP