プライバシーマーク

訪問着買取なら福ちゃんへ。
十年前に訪問着もしっかり査定し、価値に見合った価格でお買取します。

訪問着買取
 

訪問着買取なら福ちゃんへ

自慢は高額査定、
福ちゃんで心を満たすお取引を

訪問着の買取をお考えではありませんか?福ちゃんでは、日々たくさんの訪問着の買取依頼がございます。
訪問着は着物の中でも高価買取が難しいお品物と言われますが、人間国宝の作品や高級織物の訪問着などは高額な買取価格をご提示させていただくこともございます。
福ちゃんには着物に精通した査定士が在籍している事から、お客様の訪問着の価値を正確に見抜き、価値に見合った買取価格をご提示させていただきます。
訪問着のご売却をお考えあれば、査定は無料となっていますので、お気軽にお問合せください。

買取実例

訪問着の買取に
自信あり!買取実例をご紹介します

訪問着
大阪府
出張買取
訪問着
由水十久 加賀友禅
訪問着・帯
福岡県
出張買取
訪問着・帯
作家物含む20点
訪問着
栃木県
出張買取
訪問着
辻が花
訪問着
山口県
宅配買取
訪問着
白大島
訪問着
東京都
出張買取
訪問着など
久保田一竹 辻が花
訪問着
愛知県
出張買取
訪問着
大脇一心 辻が花

お客様の声

ご利用いただいたお客様から
お喜びの声が届いております

  • 訪問着などの大量の着物を買取してもらいました

    訪問着
    訪問着

    20年前に購入した着物を中心に買取してもらいました。
    古い物なので買取してもらうのは難しいかと思っていましたが、ちゃんと値段を付けていただき感謝しています。話もしやすくて良いスタッフの方でした。

    査定士より

    こちらは20年近く前のお着物でしたが、桐たんすで一枚ずつたとう紙に保管されていたことから、状態も良く落ち着いた上品な柄だったことから買取価格は頑張らせていただきました。訪問着など着物だけでなく袋帯、名古屋帯、帯留など纏めてご売却いただき誠にありがとうございました。

    査定員
  • 一番買取価格が良かったの福ちゃんでした

    訪問着
    訪問着

    叔母が所有していた着物でしたが、非常に高価な着物と言っていたので、複数の買取店に査定依頼をしました。本当に有名な作家の着物だったのようで、どの買取店も高額な金額を付けてくれましたが、その中でも一番高かったのが福ちゃんでした。

    査定士より

    着物作家の中でもトップクラスの価値を誇る作家と言われるのが久保田一竹です。山梨県にある久保田一竹美術館に展示されている作品は着物の枠を超え美術作品のような美しさがあります。他店との相見積となりましたが、どこよりも高額な買取価格をご提示させていただきました。

    査定員
  • 着物の扱い方が非常に良かったです

    訪問着
    訪問着

    他の買取店にも査定を依頼しましたが、きちんと手袋をして着物を査定したのは福ちゃんだけでした。買取価格は他の会社のほうが高かったですが、対応の良さで福ちゃんを選ばせていただきました。ご丁寧にありがとうございました。

    査定士より

    対応が決めてとなり、ご売却いただけたことは査定士として本当に嬉しく思います。買取価格はできる限り頑張らせていただきましたが、他店以上の価格をご提示できず、本当に申し訳なく思います。今後は買取価格も他店を上回れるよう、より企業努力させていただきます。本当にありがとうございました。

    査定員

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

福ちゃんにはこれまでに多くの
着物を買取してきた実績があります!

福ちゃんはマーケティングアナリストによる
的確な市場予想のもと
独自のグローバル流通ネットを通じて業界トップクラスの着物の買取価格を実現しています。

着物の種類別の買取実績

「紬」「友禅」
買取も福ちゃんにお任せください

訪問着
とはどんな着物?

現在、和服は「特別な機会」に着るものとして使用するのが一般的です(普段着として和服を着る方もいらっしゃいますが)。冠婚葬祭や成人式、大学の入学式や卒業式、またフォーマルな色合いが強いパーティや授賞式など、あらたまった場で使用されています。
訪問着もまた、特別な時に着る和服として使用される機会が多いものです。

その名前だけを見ると、文字通り何かの行事に「お呼ばれ」した際に着る和服のように思われるかもしれません。
そして確かに、公的なパーティなどに招待されたとき、しかし最上級の礼装である「留袖」を着るほど格式張った場でもない、というところに赴く際、訪問着はピッタリの衣装として選ばれます。
ただし、その用途は決して限定されたものではありません。
結婚式では新郎・新婦の友人の立場で着ることができます。そのほか、お見合いや伝統的な茶会、歌舞伎やオペラの観劇、七五三、お正月の年賀の挨拶などさまざまな場で使用できる和服です。
留袖が裾のみに模様を描いているのとは異なり、訪問着は襟元や袖、背中、そして裾に広く模様を描いているというのも特徴です。

また、「振袖は未婚女性のもの」「黒留袖は既婚女性が着るもの」など、和服にはさまざまなルールがありますが、訪問着は未婚であるか既婚であるかにかかわらず、また年齢に関係なく誰もが着ることができます。

訪問着の歴史

訪問着の歴史

和服は長い歴史を持つ日本の伝統衣装ですが、「第一礼装」の留袖、未婚女性の着物として使用されてきた振袖が江戸時代以前に起源を持つのに対して、訪問着は比較的新しく、明治時代に入ってから生まれたものであるとされています。
長く続いた鎖国が終わりを告げ、文明開化の時代を迎えた明治期。海を越えてさまざまな文化が入ってくる中で、礼装の概念もヨーロッパから輸入されました。

日本には、今も昔も海外の文化をそのまま取り入れるのではなく日本流に絶妙なアレンジを加えるという特徴がありますが、礼装の概念、特に女性の礼装にも日本流のアレンジが加えられました。
ヨーロッパの宮廷や貴族文化の中で、「肩ひじの張った式典というわけではないがそれなりに格式ある場」で着られていた「ビジティングドレス」と呼ばれる社交服があります。これに相当するものとして新たに考案されたのが「訪問着」でした。

訪問着の価値とは?

訪問着の価値とは?

上記のように、訪問着は特に場を限定することなく、また年齢に関係なく誰もが着ることができる和服です。フォーマルな場で着ても、また同窓会や友人知人が集まるお茶会のような私的な場でも浮くことはないでしょう。
黒留袖などはあまりに「礼装」でありすぎるので普段着には不向きですが、訪問着は、たとえばショッピングで高級デパートに足を運ぶ際、「せっかくだからおめかししていきたい」という100%私的な用途で使用しても決して不自然ではありません。
数ある和服の中でも、特に使い勝手がいいのが訪問着であるといえます。

それだけに、「オーソドックスでノーマルなものであるか否か」が、訪問着の価値を左右する最大のポイントとなります。たとえば、着る人や場面を限定してしまうような奇抜なデザインのものよりは、由緒ある「古典柄」のものに高い価値がつきます。
若い女性も、ある程度年齢を重ねた女性も違和感なく上品に着こなすことができるものが高価買取の対象となっています。
ただし、もちろん当店のような買取専門店が査定する場合は、状態の良しあしも重要なポイントです。伝統の染色方法で仕上げられた古典柄の訪問着でも、傷があったりシミがあったりする場合は価値が下がってしまいます。使用する際、また保管する際にはぜひ注意していただければと思います。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

トップへ戻る