【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

【WEB査定フォームのシステムエラーについて】3月24日よりWEB査定フォームからのメールがシステムエラーにより、弊社に届かない状況となっております。 現在、システムの復旧をおこなっておりますが、復旧完了までは、WEB査定からのお問合せに返信ができない可能性がございます。 ご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ございません。

久保田一竹の買取ならお任せください!
業界トップクラスの高価格でお買取する自信があります!

【久保田一竹】

買取実績と情報をご紹介します!

  • 久保田一竹 着物

    「久保田一竹」の着物を買取しました

    『光のシンフォニー』と呼ばれ『宇宙の威厳』とも評されている、染色家、一竹辻が花創始者の久保田一竹の着物をお買取りしました!
    お客様は着物を大切に保管されており、大変美品の状態だったこともあり、その価値に見合ったお値段をしっかりとつけてお買取りさせていただきました!
    久保田一竹の着物・帯のお買取りなら、専門知識が豊富な査定員の在籍する福ちゃんにお任せください!

    お客様

    ご売却いただいたお客様の声

    母から頼まれて、手放した着物がこのように高い値段がつくとは思っていなかったのでとても驚きました。
    自宅まで来て下さった査定スタッフさんは、とても着物に詳しい専門の方で、丁寧に買取や着物の価値についての説明をしてくださいました。お願いして本当に良かったです。

「久保田一竹」とはどんな人物?

久保田一竹は1917年10月7日に東京の神田で生まれ、14歳の時に小林清の弟子となり染色の道に入りました。

19歳で独立し、20歳の時に久保田一竹は室町時代に姿を消した幻の染「辻が花」の美しさに魅了され、この染をいつの日か復活させたいと、思っていました。
しかし、その道のりは険しく、太平洋戦争による召集、シベリアで抑留生活という困難な時代を経験し、「辻が花」の研究の出来ない日々を過ごしていましたが、40歳の時にようやく研究に取り組むことが出来ました。 20年間の研究の末、60歳にして情熱と根気のいる手仕事で独自の技法による染色技術を完成させ、縫締絞を手法とした技法、その名を「一竹辻が花」と命名しました。

一竹の作品は、しぼり初めの技がなす、美の極みのように感じられ、着物を見た人々は、強く印象に残り、言葉が出ないほどの感動を体験することでしょう。
山梨県にある久保田一竹美術館は、展示されている作品は着物というよりも美術作品のようで、独特の世界観と、その美しい着物を見る事で感動を体験するために、海外からも多くの観光客が足を運んでいます。

ご相談・ご質問・買取予約など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

ご相談・買取予約・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)
期間限定キャンペーンのお知らせ

対象外商品:切手、古銭、貴金属 お問合せ時に「出張 買取価格20%UP キャンペーン」を見たとお伝えください。
お伝えが無い場合、キャンペーンが適用されない場合がございます。
他のキャンペーンとの併用は不可