プライバシーマーク

1円銀貨買取なら福ちゃんへ!専門スタッフが査定し適正価格でお買取します!

【1円銀貨】

買取実績と情報をご紹介します!

  • 1円銀貨

    「1円銀貨」を買取しました

    東京都世田谷区池尻にお住まいお客様宅へ、銀貨の出張買取にお伺いしました。今回はその中から新1円銀貨」をピックアップしてご紹介します!
    1円銀貨は通称「円銀」とも呼ばれ、古銭コレクターに人気の銀貨です。状態や種類によって高価買取されることでも有名ですね。新1円銀貨は大型と小型の2種類が存在し、レプリカや偽物も多く出回っています。
    福ちゃんの出張買取は手数料無料でご利用いただけます。全国どこでも出張料は無料です。お持ちの銀貨の価値がわからなくても、しっかり査定いたしますのでご安心ください!気になる銀貨があれば、ぜひ福ちゃんまでお売りください。

    お客様

    ご売却いただいたお客様の声

    このたびは世田谷区の自宅まで銀貨の出張買取に来ていただき、ありがとうございました。銀貨を買取に出すのは初めての経験で、今持っている銀貨がどれくらいの価値があるのか知りたくて査定に出しました。
    いくつか銀貨を売らせていただきましたが、その中でも特に1円銀貨に価値があったようで、高く評価してくださいました。最初は査定だけのつもりでしたが、銀貨以外にも金貨や記念硬貨もなども見てもらってるうちに、高額査定となりましたので、そのまま全部売らせてもらいました。また利用させていただくと思いますので、その際はよろしくお願いします。

「1円銀貨」はどんな硬貨?

1870年(明治3年)から発行され、1914年(大正3年)まで鋳造されていた貨幣が1円銀貨です。別名円銀とも呼ばれている1円銀貨は当初、国内貨幣として使用されていたわけではなく、貿易用の銀貨として扱うために発行された物でした。

貨幣として流通し始めたのは1878年(明治11年)からとされており、当時の貨幣は金本位制体制でしたが、当時金は不足していたという時代背景から1円銀が流通し、金本位体制から金銀本位体制の変わっていったと言われています。

しかし、1898年に施行された貨幣法による影響で1円銀貨と金貨の引き換えが多く行われるようになったため、1898年に日本国内での1円銀の流通は再度禁止されました。
また、明治3年発行の1円銀貨は旧1円銀貨、それ以降の銀貨は新1円銀貨と呼ばれおり、図柄にも違いがあります。新1円銀貨には大型と小型の2種類のサイズがあり、1887年まで大型は発行され、それ以降は小型のみが発行されました。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-905-286

写真で簡単査定はこちら

トップへ戻る