• 古美術・骨董品買取No.1 【掛軸・日本画】竹内栖鳳

竹内栖鳳の日本画・掛軸『絵になる最初』や『班猫』など高価買取り中!

【掛軸・日本画】竹内栖鳳

絵になる最初 アレ夕立に
生年 ⁄ 没年
1864年 - 1942年
職業
日本画家
【掛軸・日本画】竹内栖鳳『写生派の祖』

本名は竹内恒吉。戦前の京都画壇の代表であり近代日本画の先駆者で、最初は棲鳳と号した後、栖鳳と号するようになりました。霞中庵と号していた時期もあったそうです。そんな栖鳳は動物を描かせると、まるでその動物の匂いまで伝わるように描くと言われるほどの人物でした。
川魚料理屋の長男として生まれた栖鳳は四条派である土田英林に絵を習い始めた後に幸野楳嶺の私塾へと入門。その後、栖鳳の師である幸野楳嶺などの京都画壇の重鎮が次々と世を去る中、栖鳳が開いていた画塾には上村松園、小野竹喬といった次世代を担う者たちが次々と栖鳳の元へ集結していきました。この時期に制作された日本画が「雨霽」や「飼われたる猿と兎」、「大獅子図」、「花の山」、「蕭条」といった作品です。
手がける題材は得意とした動物にとどまることなく、人物画の研究にも弟子たちと一緒に熱心に取り組みました。その時の作品が栖鳳の代表作ともなっている「アレ夕立に」や「散華」、「天女」といった作品です。栖鳳は常に貪欲に自身の芸術を開拓していこうという気持ちに溢れていました。

代表作品
『群鵜』『班猫』『アレ夕立に』『国瑞』『大獅子図』『雨霽』『羅馬之図』『絵になる最初』『平家驚禽声逃亡』『薫風稚雀・寒汀白鷺』『秋興』
【掛軸・日本画】竹内栖鳳 の作品の特徴

竹内栖鳳の絵の特徴はなんといっても動物の躍動感にあります。代表作品のひとつである「大獅子図」は中でも目元の表現が特徴的です。筆のタッチはなるべく抑えながらも、重厚感を感じることができるその描写はまさに油彩画のようです。おそらく栖鳳はヨーロッパで見た西洋の絵画に感化され、表現を意識したのでしょう。また、栖鳳の風景画といえば「羅馬之図(ろーまのず)」や「河口」、「ベニスの月」のような幅広い縦長形式のものが多く見られます。それらは地平線が意識され、目の前に景色が広がるような構図です。しかし、栖鳳は明治期の一部の作品を除くと「街道午蔭」のような地平線の位置を明確に画面の低い位置での描写し、これらは今までの構成の概念に捉われない作品となりました。

  • アレ夕立に
  • 日本画
  • 掛軸
  • 大獅子図
  • 班猫
  • 絵になる最初
  • 羅馬之図
  • 雨霽

【掛軸・日本画】竹内栖鳳 の買取は福ちゃんにお任せ下さい!

自身もさることながら、数々の有名な作家を育てた竹内栖鳳。代表する「班猫」や「大獅子図」、「アレ夕立に」はもちろんのこと、数々の日本画や掛軸、写生帖を残している栖鳳の作品は、骨董品として非常に高価格で取引されております。真作なら高値がつくと予想されます。心当たりがありましたら鑑定や査定に出して、価値を見てみるのもいいのではないでしょうか。

近代日本画の先駆者としてその名を馳せている日本画家、『竹内栖鳳』。福ちゃんでは竹内栖鳳の作品買取を行っております。掛軸や日本画、写生帖など栖鳳の作品をお持ちの方は無料査定、高価買取を行っている福ちゃんに是非お問い合わせ下さい。ご利用お待ちしております。

価値が分からなくて困っている・・・そんな時はお気軽にフリーダイヤルまでご相談ください♪
中国骨董
絵画
茶道具
掛け軸
骨董品や古美術品について素人が鑑定する事は非常に困難です。
そして、「価値が分からない」という事は「騙されるかも・・・」という不安につながります。
だからこそ、豊富な買取実績に裏打ちされた骨董品の中でも各ジャンルに優れた鑑定士を揃えた骨董買取専門の福ちゃんにご相談ください!
あなたのお持ちの骨董品や古美術品の価値をきちんと査定し、ご説明の上であなたに売却を検討して頂きます!
もちろん、ご自身で価値を理解されており、どこよりも高価買取を希望されるお客様も大歓迎です!
査定には大変便利な無料出張買取、無料宅配査定をご利用ください!

「骨董品を持ち歩くのは不安だ…」そんな時は福ちゃんの無料出張査定・無料宅配査定が大変便利!
フリーダイヤルでご相談頂ければオペレーターがお客様の査定をご希望される骨董品の数と種類に応じて、出張買取か宅配買取を勧めさせていただきます!もちろんどちらの査定もお品物に応じた優秀な鑑定士が査定をさせて頂きます♪
もし、骨董品や古美術品をお持ちで、気になる事がございましたらご負担はゼロですのでお気軽にご相談ください!

0120-947-295
受付時間 24時間受付 (年中無休)

【株式会社REGATEは古物商の許可を得ております】