【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

帯買取で人気!高価買取も狙える【名古屋帯】とは?

「着物買取」といえば、着物だけしか売れないとお考えの方はいらっしゃいませんか?
着物買取の福ちゃんでは、着物以外に帯も高価買取しています。
帯といえば丸帯・袋帯・名古屋帯・袋名古屋帯・単帯・半幅帯・踊り帯・腹合わせ帯など、いくつか種類がありますが、今回は帯買取で人気の『名古屋帯』についてご紹介します!

名古屋帯とは

名古屋帯(なごやおび)とは、日本の女帯の一種で、名古屋で考案されたことに由来しているといわれています。現代において、街で見かけるほとんどの女性用の帯は「袋帯」や「名古屋帯」が多いですね!袋帯がフォーマル、名古屋帯はカジュアルにといった具合で使い分けられています。 名古屋帯は袋帯よりも簡単に締められ、素材や柄などを使い分けることで、フォーマル向きの帯としても使うことができる、とても便利な帯です。

名古屋帯の種類

名古屋帯は長さ3-4mほどで、袋帯よりも短い帯です。
名古屋帯を大別すると、以下の2種類があります。

九寸名古屋帯

仕立てる前の帯幅が9寸で、九寸名古屋帯と呼ばれています。
ペラペラの生地が多く結びやすいのが特徴です。
「織りの帯」と「染めの帯」があり、素材と色柄が豊富です。
格調の高い柄の「織り帯」は準礼装にも使うことができ、「染め帯」はお洒落用として用いられています。九寸名古屋帯は「名古屋仕立て」と呼ばれる、最もポピュラーな方法で仕立てられています。一般的に「名古屋帯」といえば、この九寸名古屋帯のことをいいます。

八寸名古屋帯

仕立てる前の帯幅が8寸で、八寸名古屋帯と呼ばれています。別名で「袋名古屋帯」「八寸帯」「かがり帯」「単帯」など、様々な名前で呼ばれることもあります。
八寸名古屋帯は厚めの生地が多く、帯芯を入れずに仕立てるように作られています。
綴織などの格調ある織りは準礼装に使うことができますが、一般的には紬や小紋に合わます。
八寸袋名古屋帯は「松葉仕立て」が定番で、手先が初めから半分に折って仕立ててあるので、着装が楽にできるのが特徴です。

名古屋帯の買取価値

名古屋帯は簡単に着付けできるように仕立てられているため、普段着に適した着物の帯です。
そのため名古屋帯は中古でも人気があります。中古の高級帯を探し求めている方も少なくはありません。高値で買取される名古屋帯の種類といえば、博多織の名古屋帯や希少な南部茜染の名古屋帯などがあります。人間国宝などの作家ものも高価買取が期待できますね。
他には名古屋帯の品質を保証する証紙があるかどうか、名古屋帯がシミなどがない綺麗な状態で保管されていたかどうかなども買取額に影響してきますね。

名古屋帯を高く売るコツ

名古屋帯を売る場合、リサイクルショップ、ネットオークション、着物買取専門など様々な方法があります。その中でもやはりお勧めなのが、着物の買取を専門的におこなっている着物買取専門店です。帯の買取には着物と変わらない専門知識が必要とされます。
着物買取専門店であれば、買取実績や査定力も豊富で、宅配買取や出張買取など買取方法も豊富ですし、着物買取福ちゃんでは、名古屋帯の高価買取をおこなっています。
使わなくなった名古屋帯があれば、ぜひお売りください!

着物の高価買取着物の高価買取着物買取で定評のある福ちゃんにお任せ!
ご相談・ご質問・買取予約など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

ご相談・買取予約・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)
< 前の記事「着物買取」記事一覧次の記事 >
ご相談・ご質問・買取予約など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

ご相談・買取予約・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)