【 悪徳な買取業者に関する注意喚起 】
「福ちゃん」の名を騙って飛び込み訪問する悪質な買取業者が増えています。詳しくはリンク先をご覧ください。

牛首紬とはどのような着物なの?着る季節や着ていく場所も知っておこう

牛首紬は、日本を代表する紬の1つとして知られています。
数ある紬の中で、牛首紬はどのような着物なのでしょうか?

名前の由来も気になるところです。

今回は、牛首紬がどのような着物なのかを詳しく見ていくとともに、着るのにふさわしい季節やシーンなどもご紹介していきます。

着物の好きな方も、興味をもち始めたばかりの方も、ぜひ楽しんで読んでください。

牛首紬とは

牛首紬とは

牛首紬とは、石川県白山市で作られ ている伝統的な絹織物のことです。

2匹の蚕によって作られた「玉繭」から糸を挽き出すのが牛首紬の特徴で、シワになりにくく耐久性があることで知られています。

その丈夫さは「釘抜紬(くぎぬきつむぎ)」と呼ばれるほどです。牛首紬は 丈夫なため、くぎに引っかかってもくぎの方が抜けるといわれています。

また、一般的に紬は先染めですが、牛首紬は先染めのほかに後染めの技法も取り入れているのも大きな特徴です。

牛首紬|名前の由来

牛首紬の名前は、生産地の白山市白峰の旧村名に由来しています。

白峰は、白山の開山以来「牛首村」と呼ばれていたことから、白山の麓で作られる紬を牛首紬と呼ぶようになりました。

牛首紬の歴史

牛首紬の歴史

牛首紬の始まりは、1159年に起こった平治の乱の頃です。戦に破れ、落人となった源氏が牛首にたどり着き、その妻が機織りを教えたことが始まりといわれています。

また、白山の麓地域にとって、養蚕で作られる繭はお金に替えるための貴重な資源でした。その繭の中でも、「くず繭」といってお金にならない玉繭を使って作られたのが、牛首紬です。

江戸時代になると、牛首紬は全国的に広まっていきました。第2次世界大戦や経済的な影響により次第に衰退するも、地場産業の振興を志す取り組みにより、牛首紬は復興を果たします。

1979年には石川県指定無形文化財に指定、1988年には伝統的工芸品に指定されました。現在も牛首紬は、手作業による伝統的な製法を継承し続けています。

牛首紬の製作工程

牛首紬の製作工程

牛首紬の製作は20ほどの工程があり、繭から糸づくり、織りまでを手作業で行っているのが特徴です。

ここからは、牛首紬の主な製作工程をご紹介していきます。

● 繭より
● のべひき
● 撚糸(ねんし)
● 精練
● 糸はたき
● 糸染め
● 整経
● 機織り

繭より

製糸できない繭を、目視で一つひとつ取り除きます。

のべひき

煮た玉繭から、糸を引き出す作業です。

玉繭は2匹の蚕が糸を吐き出して作られているため、糸がからまっており、糸づくりは普通の繭よりも難しいといわれています。

その反面、玉繭から作った糸は、弾力があり伸縮性に優れているのが特徴です。

撚糸

糸によりをかける作業のことで、牛首紬はのべひきされた糸を乾燥させずに撚糸を行います。

精練

石けんと炭酸ソーダの入った熱湯で糸を煮て、不純物を取り除く作業です。精練することで、絹のもつ上品な光沢ややわらかい触感が生まれます。

糸はたき

牛首紬に見られる特有の作業です。
糸はたきによって、糸に空気が含まれ良質な糸になります。

糸染め

藍染めやくろゆり染めなどの伝統的な染色法のほか、化学染料も使用して染めていきます。

整経

必要な長さと本数の経糸を配列し、製織の準備をする作業です。
一般的に、牛首紬では約1100~1200本の経糸を使用するといわれています。

機織り

1人の職人につき1台の高機を担当して、手織りをしていきます。

牛首紬はいつ着る?

牛首紬はいつ着る?

ここからは、牛首紬を着る季節や、着ていく場所などについてご紹介していきます。

ぜひ参考にして、牛首紬の着物を楽しみましょう。

牛首紬を着る季節

牛首紬をはじめ、紬を着る季節は、春〜初夏、または秋がオススメです。

一般的に紬は、真夏や真冬は不向きですが、牛首紬は空気を含んでいるため寒い時期でも暖かく着られるでしょう。

また、夏牛首紬は、6~9月を通して着られます。

牛首紬を着ていく場所やシーン

牛首紬はおしゃれ着ですので、フォーマルなシーンでは着用しません

結婚式・入学式・卒業式・格式の高い式典やパーティーなどは避けましょう。牛首紬にふさわしいのは、ショッピングや友人との食事会、カジュアルなパーティーなどです。

少しおしゃれをしてお出かけしたいときに、牛首紬を存分に楽しんでください。

牛首紬の買取について

牛首紬の買取について

牛首紬に飽きたり、新しい着物が欲しくなったりしたら、売却するのも選択肢の1つです。傷みがひどい場合を除けば、牛首紬は高い確率で買い取ってもらえるでしょう。

また、着なくなった牛首紬をご自宅で保管していると、虫食いや日焼けなどで傷みが進む可能性が高くなります。もしも牛首紬の買取をお考えであれば、早めに査定をしてもらうのがオススメです。

牛首紬に限らず、着物は少しでも新しい方が査定額はアップし、古くなればなるほど価値が下がってしまいます。

牛首紬の買取は福ちゃん

牛首紬の買取なら、着物の買取実績が豊富な福ちゃんへお任せください

着物に詳しい査定士が在籍しておりますので、お客様の大切なお着物の価値をしっかりと査定させていただきます。参考までに、福ちゃんでの牛首紬の最高買取額は、5万円です(2024年5月時点)。

福ちゃんでは、無料の査定や出張買取・キャンセル料が無料など、お客様が安心してご利用いただけるよう努めております。

まずは、お気軽にご相談くださいませ。

無料査定は、フリーダイヤルまたは。Webから今すぐお申し込みいただけます。

今すぐお品物についてお問合わせる

お電話受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始は除く)

着物の高価買取着物の高価買取
着物を高く売るなら福ちゃんにお任せください!
買取についてのご相談、
ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

電話でのご相談はこちら

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
< 前の記事「着物買取」記事一覧次の記事 >

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)