【 感染対策について 】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはコチラよりご確認ください。

服を断捨離したい! 買取に出すタイミングや注意点ってあるの?

「○○セール」や「○%off」だからといってつい、衝動買いしたことはありませんか? しかし、ふと我に返ってみると、思っていたほど似合わなかった、サイズが合わなくなった……なんてことも。こうしてタンスの奥で眠っている服が、誰しも一着や二着はあると思います。そうした服を買取に出すことで、タンスを整理することができますし、新しい服の軍資金にもなります。

断捨離したい服は買取ってもらえるのでしょうか?

ブランドものなら、洋服や小物、ブーツなどが買取の対象になります。買取価格は使用感や保存の状態によって大きく違ってきますが、少々の汚れやキズがあったとしても、査定に出してみてください。また、たとえブランドものでなくても一箱にまとめてしまえば、買い取りできるものもあります。ただし、古着といってもボロボロで破れているようなものや、変色、カビやひどい汚れがついていてリユースに耐えられないものは買取れない場合があるのでご注意ください。汚れているようならできるだけきれいにしてから査定に出しましょう。

買取店に連絡するタイミングはいつがいい?

夏物、冬物はシーズン前がいいに越したことはありませんが、「まだいい」「もうちょっとしてからにしよう」などと思っているうちにタイミングを逃すこともあります。“善は急げ”。気が変わらないうちにネットや電話で査定を申し込んだり、問い合わせをしてみましょう。

洋服はクリーニングに出したほうがいい?

不要なものを処分するからといっても、最低限のマナーはあります。クリーニングにまでは出す必要はありませんが、洗濯してきれいにした状態で出しましょう。査定額にも影響するので、できるだけきれいな状態で出すようにしましょう。たとえ古着であってもこれから売りに出すのであれば、それは「商品」だということを認識しておきたいものです。

ほつれなどは、修復したほうがいい?

シミが取れないもの、穴が開いてしまった服は持ち込んでも買取りが難しい場合があります。しかし、ブランドものの場合は少し違います。多少のシミやほつれなどがあったとしても、自分で直そうとはせずに、そのままにしておいてください。

タグがついてないけれど買取ってもらえる?

多くの服はたとえ新品であってもタグがないと基本的に買取りができません。記名あり、毛羽立ち、使用感、デザインが古い(悪い)ものも同様ですが、ブランドものはタグがなくなっていても値段がつく場合もあります。そのような場合は一度お問い合わせください。

少しでも高く売るためのアイテム

古着の相場というのはそう高いものではありません。近くのリサイクルショップに売りにいってもほとんど値がつかなかったという人もいるのではないでしょうか。そこで少しでも高く売るためのアイテムとして、値札と一緒についてくるブランドタグがないか探してみましょう。また補修布なども少しでも高く売るために査定のときに一緒に出すようにしてください。

服の断捨離を思い立ったら福ちゃんに相談

ブランド古着やジーンズなどのヴィンテージアイテムの中には時間を置けば置くほど高くなるものはありますが、多くの場合早めに手放したほうがより高い買取価格となります。
買取店の中には指定するブランドものしか買い取らない、キャンセル料を取られる、段ボールキットがない、振込手数料を取られるといったところがありますが、福ちゃんなら大丈夫。季節外れだから売れないとか、状態が悪いからダメだろうなどと諦めないでください。福ちゃんは古着の専門家として自信を持って対応致します。まずはお気軽にご相談ください。

古着の高価買取古着の高価買取
期間限定キャンペーンのお知らせ

対象外商品:切手、古銭、貴金属 お問合せ時に「出張買取価格20%UPキャンペーン」を見たとお伝えください。
お伝えが無い場合、キャンペーンが適用されない場合がございます。
他のキャンペーンとの併用は不可

ご相談・ご質問・買取予約など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

ご相談・買取予約・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)
出張買取レディースプラン

調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年5月10日~11日 調査概要:出張買取10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:全国の30代~60代女性1005名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ

< 前の記事「古着買取」記事一覧次の記事 >