古着の処分! 捨てずに活かすという選択

バーゲンで喜び勇んで買ったのはいいけれど、家に帰って着てみたら、思っていた感じと違う……という経験はありませんか? かといって、新品の服を捨てるにはもったいない。そんなときこそ、買取に出すべきです!
「こんな服、売れるわけがない……」と思い込まないでください。あなたのその服を誰かが欲しがっているかもしれません。まずは活かすことを考えてみましょう。

まずは価値があるかどうかを見極めよう

古着の中にはすでに価値をなくしたものと、そうでないものが混在しています。まずは分類分けからはじめてみましょう。ただし、意気込みすぎてタンスの中身を全部出さないこと。最初にこれからも着るものはそのままタンスの中に残します。残りを箱または袋を二つ用意して、絶対に着ないものと、迷うものとに分別していきましょう。
絶対に着ないものの中には、ボロボロ、ヨレヨレになったものもあると思います。その中でもしブランド品があるようなら、買取可能な洋服かもしれません。こうしたブランド品で人気があるモノは、年代によって変わりますが、やはりエルメスやシャネルなどです。

古着の処分1 ブランド品があればノーブランドもOK

ノーブランドの服だけとなると買取してもらうのは難しい場合があります。そんな時はブランド洋服と一緒に査定に出すことで、たとえシミやシワがあったとしても買取が可能な場合があります。また、未使用の下着やストッキングなどがあれば、さらにプラス材料になる場合もあります。

古着の処分2 写真を撮って問い合わせを

やはり気になるのは、「いったいどれくらいで買い取ってもらえる」かではないでしょうか? 写真を何枚か撮って、査定専用の問い合わせフォームから写真を送ることで、おおよその金額をご提示できます。もちろん、現物を実際の査定した場合に、異なる場合もあるのであくまでも目安として考えましょう。

古着の処分3 高額買取してもらうためには…

同じ古着なのに買取価格に差がでてくるのはなぜでしょうか? その一つに保存状態があります。シワや汚れ、折れがつかないように収納ケースなどで保存しておくことが大切です。また、コートなどは専用のハンガーにかけ、カバーをつけてクローゼット等に保存。通気をよくしてカビの原因となる湿気を取るようにしてください。

古着の処分4 捨てる前にもう一度考えて

まだ着ることができるけど、ブランドものでもないし、買取も無理そう……。でも捨てずに活かす方法はまだまだあります。古着を人の役に立ててもらうことです。たとえば、チャリティーのフリーマーケットやオークションに出す、古着を集めて世界各国の難民や途上国の人たちを支援しようという団体に送るなどの方法もあります。

すべてのモノにはタイミングがあります

穴が開いているわけでもない服を「もったいない」とする心はとても大切です。でも、しまっておいたことすら忘れて何年もタンスの中に眠ったままにしておいたら、それもまた「もったいない」のではないでしょうか。
買取をお考えでしたら、ぜひ古着買取専門の福ちゃんをご利用ください。初めての方でも満足いただけるよう、査定から買取まで親切丁寧に行います。

古着の高価買取古着の高価買取
キャンペーン開催中

30%UP対象商品:着物、食器、毛皮、骨董品、酒、カメラ、楽器、オモチャ・ホビー、レコード 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。
< 前の記事「古着買取」記事一覧次の記事 >

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。