【 悪徳な買取業者に関する注意喚起 】
「福ちゃん」の名を騙って飛び込み訪問する悪質な買取業者が増えています。詳しくはリンク先をご覧ください。

アコースティックギターの種類|選び方・主要メーカーも紹介

ギターにはエレキギターやアコースティックギター、クラシックギターとさまざまな種類があります。その中でアコースティックギターは、アコギとも呼ばれるギターです。

当記事では、アコースティックギターとはどのような楽器か、種類や選び方、主要メーカーを解説します。アコースティックギターはギター1本で音楽を演奏できるため他の機器が必要なく、音楽を始めたいと言う人にもおすすめです。アコースティックギターに興味のある人はぜひ、参考にしてください。

アコースティックギターとは?

アコースティックギターとは?

アコースティックギターとは、アンプを通さずに楽器から出る生音で弾けるギターのことです。生音で弾くことから「生ギター」とも呼ばれており、ギター弦の振動を増幅させられるよう箱型の胴体が採用されています。歌の伴奏や弾き語りなどに多く使用され、遠くまで響くような澄んだ音色が大きな特徴です。

アコースティックギターの弦は「金属製」が使われており、曲調によっては勢いよく弦を弾いて、迫力のある音色にもできます。弾き手の技術次第で異なる印象を与えられるところも魅力です。

アコースティックギターの種類・選び方

アコースティックギターの種類・選び方

一口にアコースティックギターといっても種類が豊富であり、それぞれ異なる特徴があります。初心者の練習に適したギターや、ライブ会場やホールで音を響かせることに向いているギターなどさまざまです。自分の演奏したい音楽や用途に合ったギターを選ぶとよいでしょう。

ここでは、アコースティックギターの種類・選び方を紹介します。

フォークギター

「フォークギター」とは、一般的なアコースティックギターのことです。

スチール製の弦が使用されており、ナイロン弦ギターより大きく、迫力のある音色を出せることが特徴です。主にピックを使用してコード伴奏をします。弾き語りやソロギター・ブルースなど、幅広いジャンルに適応するギターです。

ナイロン弦と比較すると弦が固く、エレキギターよりも太い弦が張られているため、ギター初心者の中にはうまくコードを押さえられず、弾きにくいと感じる人もいます。

アコースティックギターの定番であるフォークギターが弾けるようになれば、さまざまな種類に応用できるため、初めてのギターにおすすめです。

クラシックギター

「クラシックギター」とは、ナイロン弦が張られたタイプのアコースティックギターの1つです。ガット弦という羊の腸でできた弦を使用していた頃もあり、ガットギターとも呼ばれます。現在はナイロン弦が主流です。柔らかい弦を使用しているため、暖かみのある心地よい印象を与える音色が特徴です。

クラシックギターは、フォークギターよりもボディが小さいことが特徴です。一般的にクラシックで使用されますが、近年ではポップ・ロック・ボサノバといったジャンルでも多く活用されています。

自分の爪で演奏するため、弾き方や爪の状態によって音色が変化します。「自分だけの音色を楽しみたい人」におすすめです。

エレクトリックアコースティックギター

「エレクトリックアコースティックギター」には、マイク(ピックアップ)が組み込まれており、ギターアンプを繋げることで、大音量でサウンドを響かせる特徴があります。「エレアコ」とも呼ばれます。

アンプに繋ぐと大音量が出せるため、ライブ会場やホールなどのステージに立つ予定のある人におすすめのギターです。アンプに繋がなくても生音で演奏でき、自宅で音を抑えて練習もできます。

注意点としては、電気部品がついている分、本体価格が高くなることです。電気部品はアコースティックギターに別途で取り付けられるため、予算が出せない場合はアコースティックギターの購入をし、後で付け足す選択肢もあります。

フラメンコギター

「フラメンコギター」とは、スペインで誕生したナイロン弦を使用したアコースティックギターの1つです。発祥がクラシックギターと同じスペインのため見た目は似ていますが、音色は大きく異なります。

フラメンコギターは、フラメンコの踊りや歌を引き立てる伴奏に多く使用されており、クラシックギターよりも明るく、軽い音色が特徴です。フレーズが細かいこともあり、歯切れがよく心地のよいテンポを生み出します。

フラメンコギターは、コード進行やリズムパターンがほかのギターとは異なり難易度が高いため、中級者〜上級者向けのギターです。アコースティックギターがある程度弾けるようになり、新たな技術を身に着けたい人におすすめです。

アコースティックギターの主要メーカーとラインナップ

アコースティックギターの主要メーカーとラインナップ

アコースティックギターは、さまざまな種類が販売されています。多くのメーカーが製造・販売しており、メーカーによって特徴があります。日本ではMorrisGuitars(モーリスギター)が、価格が安く質が高い国産メーカーとして有名です。

アコースティックギターの価格も幅があり、数千円で購入できるタイプから30万円以上するギターも存在します。

ここからは、アコースティックギターの主要メーカーとラインナップについて解説します。

Martin(マーチン)

「Martin(マーチン)」とは、180年以上の歴史を誇る最も有名なアコースティックギターの海外メーカーです。

ドイツの楽器ケース職人の家に生まれたクリスチャン・フレデリック・マーティン・シニア氏が創業者です。1833年にニューヨークに楽器工房を開き、ギター製作を始めたことから、Martinの歴史が始まりました。

1931年に、Martinのアコースティックギターの代表的なモデル「D-28」が誕生し、「D-28」は現在のアコースティックギター形状の定番となっています。

Martinの主要ラインナップ・特徴は、下記を参考にしてください。

Standard Series D-28(2017)
  • ・最も有名で、世界中のプロミュージシャンから選ばれる王道モデル
  • ・ネックが薄く弾きやすい
Standard Series 000-18
  • ・コンパクトなサイズ感で弾きやすい
  • ・弦の張力がゆるく、手の小さな女性にもおすすめ

Gibson(ギブソン)

「Gibson(ギブソン)」は、100年以上の歴史を持つ、世界的に有名なギターメーカーの1つです。オーヴィル・ヘンリー・ギブソン氏が創業者であり、19世紀末に立ち上げた楽器工房が始まりです。

Gibsonのギターの特徴は、どのモデルにも共通する独特の音色です。迫力のあるストロークプレイに向いていて、Gibsonの音色は多くの人を魅了します。大きなステージに立つ世界的なプロギタリストにも選ばれるブランドです。

Gibsonの主要ラインナップ・特徴は、下記の通りです。

SJ-200
  • ・ボディ幅17インチと、J大型のオールマイティーなギター
  • ・エルヴィス・プレスリーが好んで使用していたギターとして有名な人気モデル
J-45
  • ・大型ボディによる迫力のある音が特徴
  • ・シンプルな操作性

YAMAHA (ヤマハ)

「YAMAHA(ヤマハ)」は、ギターだけでなく、さまざまな楽器を扱う大手の国内メーカーの1つです。

YAMAHAのギターの歴史は、スチール弦を使用した「ダイナミックギター」といったモデルの販売がスタートです。1965年にアコースティックギター制作へ移り、1966年に国産のフォークギター「FG-180」「FG-150」を発表しました。製造技術を駆使した高品質な国産ギターは日本のフォークブームを支えた歴史があります。

YAMAHAの主要ラインナップや特徴は、下記をご覧ください。

FG820/FS820
(FG / FSシリーズ)
・YAMAHAの定番ギターで人気シリーズ
・求めやすい価格かつ安定した音質
・初心者向きで最初の1本におすすめ
LL-TA・ギター本体からエフェクト音が出る仕組み
・他にはない技術力を駆使した作品

まとめ

アコースティックギターとは、アンプといった電子機器を通さずに、楽器から出る音で弾けるギターのことです。

アコースティックギターにはフォークギターやクラシックギターの他に、アンプをつけて大音量で演奏できるエレクトリックアコースティックギターなどがあります。それぞれ音色や特徴が異なるため、自分の演奏したい音楽に合わせて選ぶのがおすすめです。

アコースティックギターの主要メーカーである「Martin」「Gibson」は100年以上の歴史を持ち、「YAMAHA」は高品質な国産ギターを販売しています。

楽器の高価買取楽器の高価買取
使わない楽器の処分なら買取がオススメです!
買取についてのご相談、
ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

電話でのご相談はこちら

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
< 前の記事「楽器買取」記事一覧次の記事 >

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。