モダンヴァイオリンとは?特徴や代表的な作家・作品を紹介

ヴァイオリンの起源は、「何年にどこで生まれた」とはっきり判明しているわけではありませんが、16世紀のイタリアを中心とするヨーロッパ各地で使用されていたことがわかっています。

しかし、当時のヴァイオリンと私たちにおなじみの現代的なヴァイオリンとは、その形状に違いがあります。

ヴァイオリンには、「オールドヴァイオリン」の時代があり、その後の「モダンヴァイオリン」の時代があり、そしてその後、現代に続いているのです。

ここでは、そんな中でも特に「モダンヴァイオリン」についてまとめています。

モダンヴァイオリンの特徴

モダンヴァイオリンの特徴

モダンヴァイオリンは、19世紀から20世紀にかけて(1800年代から1900年代の半ばにかけて)製作されていたヴァイオリンのことを指します。

20世紀の後期まで生きたヴァイオリン作家が若い頃に製作したものも、モダンヴァイオリンに含まれます。

その大きな特徴としては、オールドヴァイオリンの時代(17~18世紀)に見られた“ふくらみ”が失われていったことが挙げられます。言い換えれば、より現代のヴァイオリンに近い形状になっているのがモダンヴァイオリンの特徴といえます。

現在、製造販売されているヴァイオリンを寝かせて横から見てみるとボディは平坦ですが、オールドヴァイオリンの時代にはやや大きいふくらみがありました。

また輪郭も現在のように画一化されておらず、さまざまなものがありました。

しかし、オールドヴァイオリンの時代の最終期に活躍したストラディヴァリウスが、現代のヴァイオリンにきわめて近い、ふくらみのないヴァイオリンを生み出しました。

これがひとつの基準になり、多くのヴァイオリン作家がふくらみのないフォルムが平坦なヴァイオリンを生み出していくことになったのでした。

モダンヴァイオリンの代表的な作家

モダンヴァイオリンの代表的な作家

ここでは、モダンヴァイオリンの代表的な作家を紹介します。

ジョヴァンニ・フランチェスコ・プレッセンダ

1820年代の初め頃、イタリアのトリノで修業したヴァイオリン作家のジョヴァンニ・フランチェスコ・プレッセンダ。キャリアの初めの頃にはストラディヴァリウスの影響を色濃く受けた製品を生み出していましたが、1830年代に入ってからは独自の工夫を盛り込んだヴァイオリンを生み出します。

同じくモダンヴァイオリンの分野でその名を知られるジョゼッペ・ロッカなどの弟子を育てているほか、モダンヴァイオリンのメーカーとして有名だったアンニバーレ・ファニョーラは「プレッセンダモデル」の製品を多く製作し、その業績を後世に伝えました。

アンサルド・ポッジ

1893年、モダンヴァイオリンの時代が中盤に差し掛かったところで生まれたアンサルド・ポッジ。ヴァイオリニストとしてキャリアをスタートさせましたが、18歳の時にヴァイオリン職人だった父と共同でヴァイオリンを製作。そのとき、父はアンサルドの類まれなる才能に気づき、ドイツで楽器の修理や製作を行っていたジョゼッペ・フィオリーニという人物のもとに預けます。

フィオリーニのもとで本格的に才能を開花させたポッジは、やがてストラディヴァリウスのスタイルをコピーしたスタイルのヴァイオリンを製作。1920〜1930年代にかけて気鋭のヴァイオリン作家として有名になります。

1950年代以降は独自のスタイルを確立し、完成度の高いヴァイオリンを数多く世に送り出しました。

その作品は世界的に高く評価されており、「最もストラディヴァリウスに近いヴァイオリン」と呼ばれています。

まとめ

モダンヴァイオリンとは、19世紀から20世紀にかけて製作されたヴァイオリンで、それ以前のものは「オールドヴァイオリン」と呼ばれています。

モダンヴァイオリンはオールドヴァイオリンと比べると膨らみがなく、現在のヴァイオリンのように平坦なフォルムです。

モダンヴァイオリンの代表的な作家には「ジョヴァンニ・フランチェスコ・プレッセンダ」や「アンサルド・ポッジ」などがいます。

楽器の高価買取楽器の高価買取
使わない楽器の処分なら買取がオススメです!
キャンペーン開催中

30%UP対象商品:着物、食器、毛皮、骨董品、酒、カメラ、楽器、オモチャ・ホビー、レコード 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。
< 前の記事「楽器買取」記事一覧次の記事 >

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。