ニコロ・アマティの歴史とは?現在の価値は?

ニコロ・アマティは、17世紀に活躍したイタリアのヴァイオリン製作者です。

ここでは、その歴史やニコロ・アマティ作のヴァイオリンの価値についてまとめています。

ニコロ・アマティの歴史

ニコロ・アマティの歴史

1596年、イタリアに生まれたニコロ・アマティは若い頃から家業であるヴァイオリン製作に取り組みます。

ニコロの製作するヴァイオリンは一族の中でも卓越していたといわれており、のちのヴァイオリンの歴史を作り出すきっかけになりました……が、実はニコロからさかのぼること2代前のアンドレア・アマティこそが本当のヴァイオリンの源流であるとも考えられています。

実は、アンドレアこそが現代のヴァイオリンの原型を作り上げた人物といわれているのです。

アンドレアは、かつてヴァイオリン型の楽器を構想していたレオナルド・ダ・ヴィンチの流れをくむ木工職人に楽器製作を学びました。それ以前のアマティ家は地方の豪族だったとされていますが、アンドレアの代から、ヴァイオリン製造に本格的に乗り出すことになります。

アンドレアが学んだ楽器製造の技術が、のちにアマティ家で最も上手くヴァイオリンを作ったニコロ・アマティを生み出し、そこから現代に続くヴァイオリンの歴史が始まったのでした。

ニコロ・アマティは一族の住まいがあったロンバルディア州のクレモナに居を据え、ヴァイオリン製作を行い、さらに多くの弟子を取ってその技術を伝えました。

クレモナの地で、ニコロの薫陶を受けた弟子たちがヴァイオリン製作を行い、やがてガルネリウスやストラディヴァリウスといった高い価値を持つものが生まれていきました。

ニコロ・アマティの価値

ニコロ・アマティの価値

ニコロ・アマティが手がけたヴァイオリンは、それほど多く残されているわけではありません。

そもそもニコロ・アマティがヴァイオリン製作者として活躍していたのは17世紀であり、21世紀の現代、現存する楽器はそれほど多くないわけです。

希少性があるということで、当然ながらニコロ・アマティのヴァイオリンには高い価値がつきます。

正確な数字を出すことは難しいですが、数億円単位の価値がつくことは間違いないでしょう。

まとめ

ニコロ・アマティは、ヴァイオリンの歴史を語る上で避けては通れない優秀なヴァイオリン作家です。

17世紀に活躍し、現在のヴァイオリンに今もなお強い影響をもたらす功績を残しています。

ガルネリウスやストラディヴァリウスといった、高い価値を持つヴァイオリンもニコロ・アマティの弟子たちが制作したものです。

ニコロ・アマティが手がけたヴァイオリンは現存数が少なく、数億円の価値がつくと言われています。

楽器の高価買取楽器の高価買取
使わない楽器の処分なら買取がオススメです!
キャンペーン開催中

30%UP対象商品:着物、食器、毛皮、骨董品、酒、カメラ、楽器、オモチャ・ホビー、レコード 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。
< 前の記事「楽器買取」記事一覧次の記事 >