【 悪徳な買取業者に関する注意喚起 】
「福ちゃん」の名を騙って飛び込み訪問する悪質な買取業者が増えています。詳しくはリンク先をご覧ください。

久米島紬とはどのような着物?特徴・由来・着やすさなども解説

久米島紬は、久米島の伝統工芸品です。
希少価値がある絹織物として、あこがれを抱いている方も多いでしょう。

この記事では、久米島紬がどのような着物なのかを特徴から由来、着やすさまで詳しく解説していきます。
久米島紬の買取相場にもふれていますので、ぜひ最後まで楽しんでください。

久米島紬の特徴

久米島紬の特徴

久米島紬は、沖縄県久米島町で作られている絹織物です。

上品な光沢とやわらかな質感があり、袖を通すと体の線になじむと人気があります。2004年には、国の重要無形文化財に指定されました。

久米島紬の注目すべき特徴として、以下の3つをご紹介します。

● 1人の織子が一貫して製作
● 絣くくり
● 島内の植物や泥で染色

さっそく 、見ていきましょう。

1人の織子が一貫して製作

久米島紬の大きな特徴は、1人の織子が一貫して製作を担っていることです。

製作工程には、糸紡ぎ・図案・染色・絣くくり・織りなどがあり、仕上がりは織子の個性が楽しめます。

絣くくり

絣模様のために行う絣くくりも、久米島紬の特徴です。

糸を染める前に行う工程で、織ったときに絣模様になるように、染色しない部分を錦糸でくくります

絣くくりの正確性は、完成する絣模様の美しさに直結するほど重要です。そのため、気の遠くなるような数の糸を、正確にくくらなければなりません。

職人の熟練の技と集中力が求められる、まさに匠の技といえるでしょう。

この手間暇かけた職人技こそが、久米島紬の価値を高める要因の1つです。

島内の植物や泥で染色

久米島紬は、久米島で自生する草木や泥を使って染色するのが特徴です。

グール(オキナワサルトリイバラ)、ティカチ(オキナワシャリンバイ)、ユウナ(オオハマボウ)などを採取し、煮出して染料を作ります。

なお、染料に使用する草木を採取するには、許可が必要です。

久米島紬の由来

久米島紬の由来

久米島紬の由来は、鎌倉から室町時代の頃までさかのぼります。

『琉球国由来記(りゅうきゅうこくゆらいき)』によると、堂之比屋(どうのひや)という人物が明(現在の中国)から養蚕技術を持ち帰ったのが始まりです。

1600年代前半になってから紬織りと糸の染色技術が発展し、現在のような久米島紬に発展していきました。

久米島紬の色

久米島紬を代表する色として、以下のような色があります。

● 黒褐色(すすたけ色)
● 灰色(銀ねず色)
● 赤茶色
● 黄色
● うぐいす色

また、久米島紬は、自然の草木を原料にした素朴で自然な色合いが特徴です。

久米島紬の染色には、泥のほかに以下のような植物が使われています。

植物
グール(オキナワサルトリイバラ)赤茶色
泥染めで最初の染めで使用
ユウナ(オオハマボウ)淡いグレー
ティカチ(オキナワシャリンバイ)茶褐色
泥染めに使用
ウージ(さとうきび)うぐいす色
フクギ(福木)黄色
ヤマモモ渋い黄色
ゲットウ(月桃)ピンクがかった褐色
ソテツアイボリー
クルボー(ナカハラクロキ)黄色
クルサ(ホルトノキ)すすたけ色
泥染めに使用
シージャー(イタジイ)赤味のある黄色、緑がかった黄褐色

久米島紬の見分け方:本物と偽物の違いを見抜く3つのポイント

貴重な伝統工芸品である久米島紬。

その価値ゆえに、残念ながら偽物が出回ってしまうこともあります。

しかし、以下の3つのポイントを押さえれば、ご自身で本物を見極めることが可能です。

1.証紙を確認する

本物の久米島紬には、必ず「本場久米島紬」と記された証紙が付いています。仕立て前の反物であれば、端の部分に緯絣で織り込まれていますので、しっかりと確認しましょう。

2.織り方を確認する

久米島紬は、独特の「平織り」で織られています。この織り方は、経糸と緯糸が交互に交差するシンプルな織り方です。もし、平織り以外の織り方であれば、偽物の可能性が高いため、しっかりと確認しましょう。

3.素材を確認する

本物の久米島紬は、絹100%で作られています。とくに重要なのは、緯糸に「紬糸」を100%使用していることです。紬糸は、蚕の繭から作られる太くて節のある糸で、独特の風合いと光沢を生み出します。緯糸を触ってみて、紬糸特有の凸凹や太さの変化を感じられる場合は、本物である可能性が高いでしょう。

偽物に騙されないために

これらのポイントに加えて、信頼できるお店を選ぶことも大切です。

本物の久米島紬かどうかを見極めるためには、専門店や伝統工芸品を扱う老舗など、専門知識を持ったスタッフがいるお店に相談してみましょう。

久米島紬は着やすい?

久米島紬は着やすい?

久米島紬の着物は、「肌触りがやわらかく着やすい」といわれています。

そのやわらかさは、砧打ち(きぬたうち)という製造工程によるものです。織りあがった久米島紬を水洗いし、天日干しをした後、きねを使って叩きます。

この砧打ちを繰り返すことで、独特の風合いが生まれるのです。

また、しっとりとした感触で、体の線を美しく見せてくれるという声もあります。

久米島紬はいつ着る?

一般的に、紬はカジュアルな着物とされています。

そのため、高額な久米島紬だとしても、フォーマルの場では使用しません

おしゃれ着として、友人との食事会やパーティーなどにぴったりです。帯との組み合わせで表情もガラっと変わりますので、久米島紬をさまざまに楽しんでみてください。

久米島紬は買い取ってもらえる?相場は?

久米島紬は買い取ってもらえる?相場は?

久米島紬は、高い確率で買い取ってもらえる着物です。

ただし、虫食いや破れ、シミなどの状態によっては買取不可の場合もありますので、まずは査定に出してみることをオススメします。

また、久米島紬を買い取ってもらう際は、少しでも高い値段だとうれしいですよね。

高い値段で買い取ってもらうために、査定は久米島紬の証紙と一緒に出しましょう

久米島紬の証紙には、以下のようなものがありますので参考にしてください。

● 久米島紬事業協同組合の証紙
● 沖縄県織物検査の証
● 沖縄県伝統工芸品の証
● 経済産業大臣指定伝統的工芸品

また、着物の買取実績のある業者を選ぶのも、久米島紬を高く買い取ってもらうポイントです。

着物の買取実績が少ないと、久米島紬の価値を低く見積もってしまう可能性があります。久米島紬の価値を正しく見極めてもらうためにも、業者選びは慎重に行いましょう。

久米島紬の買取相場

久米島紬の買取価格は、証紙がある場合とない場合・着物の状態などによって差があります。

参考までに、福ちゃんにおける久米島紬の買取相場は、最高買取価格が10万円です(2024年5月時点)

着なくなった久米島紬が、思わぬ高額買取になる可能性もございます。久米島紬の買取なら、着物の買取実績が豊富な福ちゃんまで、ご相談くださると幸いです。

福ちゃんでは査定が無料なだけでなく、キャンセル料もいただいておりません

無料の出張買取も行っておりますので、対象の地域かどうか気軽にお問合せください。

フリーダイヤル、またはWebから簡単にご予約が可能です。

今すぐお品物についてお問合わせる

お電話受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始は除く)

着物の高価買取着物の高価買取
着物を高く売るなら福ちゃんにお任せください!
買取についてのご相談、
ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

電話でのご相談はこちら

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
< 前の記事「着物買取」記事一覧次の記事 >

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)