【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

古い年賀切手は処分するよりご相談を

引き出しの中に、古い年賀切手が残っていることはありませんか? いつか使おうと思っていても、そのまま引き出しの中で眠っていることが多い年賀切手。買取に出すと思わぬ高値がつくこともあるため、いらないからといって処分せずに買取に出してみてはいかがでしょうか?

お正月に使用する年賀切手。古い年賀切手には価値があります

その年ならではの特別なデザインで発行されている、年賀切手。古い年賀切手の中には、切手としての価値が高く評価されているものもあり、高額買取につながることも。古い年賀切手の処分をお考えならなら、『福ちゃん』の無料査定にお出しください。年賀切手の種類によっては、高値で買取が可能です。

年賀切手は昭和に発行されたものの買取額が高い

毎年発行されている年賀切手ですが、昭和に発行された年賀切手シートは高価がつきやすい傾向にあります。そこで今回は、昭和に発行された年賀切手の中から、高額買取の可能性がある切手をご紹介いたします。

1936年用年賀切手 富士山 20面シート

当時の年賀状において、取扱期間内に投函されるのはおよそ70%。そこで、郵政省が早期に年賀状を投函してもらうために作ったのが、この「1936年用富士山年賀切手」です。「富士山」は、第2次大戦前に発行された年賀切手第1号で、未使用で20面シートそのままが残っている場合には、切手としての価値が非常に高く、高額査定が期待できます。使用済みの切手でも買取可能ですので、心当たりがあれば、ぜひ『福ちゃん』へお持ちください!

1957年用年賀切手 翁の面 20面シート

1957年に発行された500円切手で、爺の面の絵を中心に描かれた切手です。4面シートや20面シートがあり、保存状態がよければ通常の買取額の2倍以上の高値がつくことも! 爺の面は元の額面が高いので、20面シートで保存状態が良ければ、数万円の価値がつけられることも珍しくありません。バラだったり、消印がついていたり、傷んでいたりしていても、買取できる場合がありますので、まずはご連絡ください。

昭和25年用 年賀切手 円山応挙のトラ小型シート

虎年に発行された人気の高い年賀切手で、円山応挙(まるやまおうきょ)の”龍虎の図”が図柄に採用されています。当時のお年玉付き年賀はがきの6等の賞品で、発行枚数が少なく、希少価値の高い切手のため、買取額も高額となっています。

福ちゃんなら、処分予定の古い切手にも、高価買取を行います

年賀切手は、収集家ならずっと手元に置いておきたい逸品です。しかし、切手の価値がわからず、使わないから処分しようとお考えの方であれば、買取がおすすめです! 『福ちゃん』では、シミ、裏面ののり枯れ、インク付着、汚れやよれなど、多少の難があっても買取させていただきます。出張買取や宅配買取も行っておりますので、すぐ処分するのではなく、まずはお気軽にご相談ください!

切手の高価買取切手の高価買取
ご相談・ご質問・買取予約など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

ご相談・買取予約・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)
期間限定キャンペーンのお知らせ
< 前の記事「切手買取」記事一覧次の記事 >
ご相談・ご質問・買取予約など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

ご相談・買取予約・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)
期間限定キャンペーンのお知らせ