【スピーカーの種類】形状やWAY数の違いごとに解説!

スピーカーと一口に言っても、種類は多岐にわたります。スピーカーを購入する際は、形状はもちろん、音の再現性や繊細さ、スピーカーユニットやWAY数などもチェックすることで、より自分に合ったスピーカーを選べるでしょう。

また、強調したい音域・音の種類がある場合は、ウーファーやセンター、スコーカー、ツイーターなどの、特定の音域に強みを持ったスピーカーを追加することもおすすめです。

当記事では、スピーカーの種類を様々な角度からご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スピーカーとは?

スピーカーとは

スピーカーとは、電気信号を、スピーカーに内蔵されている振動板を通して(空気を振動させて)、音にする装置です。

内蔵されている振動板のことをスピーカーユニットといい、形状や材質によって音に違いが生まれます。また、スピーカーユニットはエンクロージャーと呼ばれる箱の中に収められています。

【スピーカー】数の種類

【スピーカー】数の種類

「スピーカー」とひと口にいっても、スピーカーの数によって以下のように種類が分かれます。

ステレオ

ステレオとは、左右に1本ずつスピーカーが配置されているタイプで、設置スペースを取りすぎない点・比較的安価なものが多い点が特徴です。ステレオという言葉は「立体音響」を意味し、一方で1つのスピーカーで再生するタイプは「モノラル」と呼ばれます。

2.1ch

2.1chとは、スピーカーが2個とウーファー(低音域用のスピーカー)が1個でワンセットになったタイプです。ステレオの立体音響に加え、低音もカバーされるので、重厚感のある音楽を聴くことができます。

なお、2.1chの「2」はスピーカーの数、「.1」はウーファーの数を指します。

5.1ch

5.1chとは、前方に2個、後方に2個、センタースピーカー1個、ウーファーが1個の、計6個組のスピーカーです。映画やライブ映像を見るのに適したスピーカーで、ホームシアターの普及により取り扱う店舗も増えています。

7.1ch

7.1chは、センターに1本、前後左右に1本ずつ、後方に2本、ウーファーの1本の、計8個組のスピーカーです。5.1chの上位互換と言え、ホームシアター用に7.1chを導入する人も増えています。

【スピーカー】形状の種類

【スピーカー】形状の種類

スピーカーには、形状別でも種類が分かれ、主に以下の4つが代表的です。

ブックシェルフ型

ブックシェルフ型スピーカーは、本棚に置けるような小型サイズのスピーカーです。サイズが小さいので、パソコン用のスピーカーや持ち運び可能なポータブルスピーカーとしての使用に向いています。特に最近では、Bluetoothに対応しているスピーカーも増えているのが特徴です。

一方で、サイズが小さいことから、スピーカーユニットの個数にも限りがあるので、低音域にはそこまで強くないデメリットもあります。

フロア型

フロア型スピーカーは、床に置いて使用することを想定して作られたスピーカーです。低音域の再現性に優れ、ウーファーがなくても広い音域の音を楽しめます。一方でサイズがかなり大きく、場所を取ります。そのため、スピーカーや音質によほどのこだわりがある場合を除き、家庭用として購入する人は少ないようです。

トールボーイ型

トールボーイ型スピーカーとは、縦長・細長のスピーカーで、テレビの横に設置しやすいのが特徴です。ブックシェルフ型よりもスピーカーの容量を設けられるので、フロア型に次いで低音域の再生に優れています。

埋め込み型

埋め込み型は、天井や壁の中に埋め込まれたスピーカーです。カーオーディオは埋め込み型スピーカーの1種と言えます。場所を新たに取らないのがメリットですが、設置には工事が必要となることがほとんどなので、家庭用としてはあまり向きません。

【スピーカー】ユニット数・WAY数の種類

【スピーカー】ユニット数・WAY数の種類

ユニットとは、アンプから送られてきた電気信号を音に変える部位であり、ユニットの数はWAY数とも呼ばれます。

ユニット数(WAY数)でタイプ分けすると、主に以下の3種類が挙げられます。

フルレンジ

フルレンジとは、1つのユニットで全ての音域をカバーするタイプです。一方で1つのユニットなので、音の出口も1か所となり、混じりけのないクリアな音が楽しめるのが特徴です。シンプルな作りであるため、ブックシェルフ型スピーカーによく使われます。

2WAY

2WAYとは、2つのスピーカーユニットで構成されるタイプで、高音域をカバーするツイーターと、低音域をカバーするウーファーを搭載しています。フルレンジスピーカーよりも、広い音域・高い音質を楽しめます。

3WAY

3WAYとは、高音域をカバーするツイーター、低音域をカバーするウーファーに、中音域をカバーするスコーカーが搭載されたタイプです。3WAYは可聴帯域をカバーしているので、音質が非常によいのが特徴です。また、低音域用のウーファーを2つ搭載した「3WAY4」というモデルもあります。

【スピーカー】ユニットの種類

【スピーカー】ユニットの種類

スピーカーにこだわりがある方は、以下で紹介する「ユニットの種類」にも着目してみましょう。ユニットの構造によって、音の方向性が決まります。

コーン型

コーン型のユニットは、コーン紙と呼ばれる円錐形の振動板を持つユニットです。フルレンジからウーファー、中音域のスコーカーまで幅広く使われており、使用される素材も紙、フィルム、金属とバリエーションがあります。

シンプルな作りのため一般的なスピーカーに最もよく使われる形です。コーン紙の形状は様々あり、形や深さによって再生する音質・音域が変わってきます。

ホーン型

ホーン型は、ラッパの形をしたユニットで、振動板から発せられた音を増幅する仕組みとなっています。ホーン型は音を効率よく再生でき、音の指向性(音の広がり)も高い点が特徴です。

ホーン型は、ツイーターやスコーカーで使用されるタイプです。音が前に勢いよく飛び出してくるような独特な響き方をします。

ドーム型

ドーム(半球)型の振動板を震わせて音を出す仕組みのスピーカーです。コーン型のコーン紙の部分が、ドーム型になっているイメージをすると分かりやすいでしょう。

素材には、綿や樹脂、金属が用いられます。綿で作られたものはソフトドームと呼ばれ、柔らかな音質が特徴的です。金属でできたものはハードドームといい、ハッキリとした音が鳴ります。

リボン型

リボン型は超高音域に特化したユニットです。薄く伸ばしたリボン型の金属の振動板を強力な磁界で挟み、電気信号によって細かく震わせることにより音を発生させます。

ツイーターに採用されるユニットであり、ハイレゾ音源を再生する際に向いています。

まとめ

映画や音楽鑑賞をする際に、スピーカーにこだわれば、より深い没入感で作品を味わえます。スピーカーの種類はたくさんありますが、まずはスピーカーの数や形状からチェックしてみると、分かりやすいでしょう。

特に音の臨場感にこだわるのであれば、スピーカーの数が重要になってきます。普通にテレビの音や音楽が聞ければ問題ないのであれば、ステレオスピーカーや2.1chサラウンドスピーカーなどを、ホームシアターを作りたいのであれば5.1chや7.1chサラウンドスピーカーなどを選ぶとよいでしょう。

また、スピーカーを選ぶ際は、今回紹介した種類の他にも、出力音圧レベル・インピーダンス・許容入力・周波数帯域などの仕様にもこだわってみるのもおすすめです。

ぜひ当記事を参考に、自分に合ったスピーカーを見つけてください。

楽器の高価買取楽器の高価買取
使わない楽器の処分なら買取がオススメです!
キャンペーン開催中

期間中にお申込みをいただいた方が対象 買取金額10,000円以上で5%UP、20,000円以上で10%UP 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
< 前の記事「楽器買取」記事一覧次の記事 >

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)