プライバシーマーク

着なくなった振袖は一度査定に出してみては?

着物の中でも振袖は、未婚女性が着る着物。そのため、結婚後に着る機会がなく、タンスにしまいこんでしまうことも多いのではないでしょうか。着なくなってしまった振袖は、一度『福ちゃん』で査定に出してみませんか?

振袖は成人式の一点モノじゃない! 未婚女性の第一礼装

「振袖=成人式」と考えている方が多いですが、振袖は、結婚式やパーティーにも着ていくことができます。振袖は黒留袖、色留袖、訪問着と同程度の格式をもった未婚女性のための着物。そのため、正装の場に着ていくために、購入したいと考えている方もおり、保存状態や振袖の種類によっては、買取の査定金額が高くなります。

振袖は元々ファッションの一部だった!?

振袖の生まれは江戸時代。結婚した女性が着ていた長い小袖を、袖丈一杯の留袖にする風習が振袖の元です。1800年代には、帯幅が広がり、ファッションの一部として広まっていきました。当時若い女性に舞踊を習わせるのが流行っており、その際に踊る身のこなしの美しさを追求した結果、袖が長くなったとも言われています。

現代でも振袖の流行があります。

振袖の柄にも、流行り廃りがあります。赤やピンクなど、かわいい柄が多いと思われがちですが、長く着られる古典柄も人気があり、柄や振袖の色も査定において評価のポイントになります。着物なら、古くなっても価値は変わらないのでは? と思いがちですが、ブランド着物や人間国宝が仕立てた着物、有名作家の作品など、希少価値の高いものは古くなってからその価値が高くなることがあります。なお、それ以外の着物には流行があり、古くなればなるほど査定額が低くなってしまう傾向です。そのため、今後着る機会もなく、タンスの肥やしになっているので、処分しようかなとお考えでしたら、お早めに買取査定に出していただくことをおすすめします。

その振袖、高級品かも!? 一度プロに査定してもらいませんか?

成人式用に購入した振袖は、着る機会も少ないことから、保存状態が良く、買査定額が高額になったというケースがあります。とくに老舗呉服店やデザイナーが仕上げた一点ものなら、さらに査定額が高額になることが期待でき、未使用のものとセットで査定に出していただくと、買取額がアップしやすいです。着なくなってしまった振袖をお持ちの方は、ぜひ『福ちゃん』の無料査定をご活用ください。

着物の高価買取着物の高価買取
ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

ご相談・買取申込・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)
< 前の記事「着物買取」記事一覧次の記事 >