値打ちのわかりづらい古銭。買取で高額になるかも!

ご自宅の遺品整理や断捨離などで、祖父母がコレクションしていた古銭を見つけたことはありませんか? どの程度の値打ちがあるのか、素人目には価値がわからない古銭は、まずは『福ちゃん』で買取査定にお出しください!

ご自宅の整理で出てきた古銭は、買取へ。

古銭や記念硬貨は、収集家から大変人気があります。なかでも古銭は種類も豊富で、高額な買取額になる古銭もあります。なお、古銭をお持ちの方の中には、祖父母から受け継いだままタンスの奥にしまいこみ、カビが生えていたなんてお話も聞くのですが、そういった場合は、洗わずに買取査定に出しましょう。洗ってしまうと価値が下がってしまうケースもあるので、価値の分からない古銭を見つけたら、まずはご相談いただくことをおすすめします。

時代劇でよく見る大判小判。

時代劇で登場する元禄大判や慶長小判など、古い時代のお金は価値があり、買取において、数十万円から数千万円の価値がつけられる場合があります。関ヶ原の戦いの後、徳川家康が金銀の貨幣を統一した古銭は、一枚で、数千万という査定額がつくケースも! 思い当たる古銭があれば、ぜひ一度査定に出してみましょう!

明治~大正時代に発行された近代貨幣

明治時代には、円・銭・厘の10進法の通貨制度が用いられるようになりました。当時出回った希少価値の高い硬貨としては、20円金貨や50銭銀貨などが挙げられ、製造枚数が少ないことや、そのデザイン性の高さから、貨幣価値が高く、高価買取されます。

昭和~平成に発行された記念硬貨

経済の発展に総力を挙げた政府が大阪に造幣局を作り、西洋式の金貨5種、銀貨5種、銅貨4種を発行しました。明治15年には日本銀行を設立。貨幣の整備が行われた後、昭和になると、記念硬貨などが発売されるようになります。オリンピックや天皇陛下の即位記念などをはじめ、さまざまな記念硬貨が発行されており、収集家の間で高値で取引されています。

見つけたものの値打ちのわからない古銭は、福ちゃんにお任せください!

遺品整理で見つかった古銭や記念硬貨は、その時代の経済を如実に反映しており、買取で付く価値もそれぞれ。倉庫の奥や、古いタンスの奥などの整理をしていて、まとまった単位の古銭や記念コインが出てきたら、買取に出してみましょう。「価値がわからないし……」「買い取ってもらうほどの、ものじゃないのでは?」と躊躇されず、まずはお気軽に『福ちゃん』にご相談ください! 無料査定や、出張買取、宅配買取も行っております。

古銭・記念硬貨の高価買取古銭・記念硬貨の高価買取
< 前の記事「古銭買取」記事一覧次の記事 >
まずはご相談
0120-947-295

受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

QRコードからスマホへ
  • スマホサイトを見る
  • スマホから画像を送る
中尾彬さん・池波志乃さんインタビュー

INDEX

トップへ戻る