切手を処分! コレクションしていた切手を少しでも高く売る方法!

押し入れの奥から昔コレクションしていた切手が出てきたとします。何年もの間その存在すら忘れていたものですが、できれば高値で買取ってもらいたい。そうしたときに、少しでも高く売るにはどうしたらいいのでしょうか? まずは、いったいどれくらいの金額になるのか、現在の相場を調べてみることをおすすめします。

切手処分でスムーズに買い取りをしてもらうには今の相場を知っておくこと

これまで切手のブームは何度かやってきました。とくに1970年(昭和45年)頃は、かなり過熱して、高い相場で取引されていました。しかし、そういったブームは落ち着きつつあります。当時の相場しか知らないと、今の査定にショックを受けてしまうかもしれません。そのためにもまずは相場を知っておくことが必要です。

買取の重要なポイントは、切手の状態です。未使用であっても、汚れやシミ、ヨレがあると査定は低くなってしまいます。また、目打ち部分に折れや欠けなどがないかなどもチェックしておきたいところです。ただ、シミや汚れがあるからといって、自分で処理をしないでください。さらに悪くなる可能性があるので、そのままの状態でお持ち下さい。

どんな状態の切手が高値で買取となるのでしょうか?

良好な切手とは、ヒンジ跡なし(ヒンジとはアルバムに貼るときに使われる糊の付いた小さな紙片)、裏糊が発行当初の状態、消印なし(未使用)、色褪せ、ヤケなし、切手のつなぎ目である目打ちの欠けや補修跡がない、といった状態のことです。もちろん、完全な状態でなくとも年代や希少性によっては高額となる場合があります。

バラ切手でも日本切手は古いモノ、外国切手では中国切手!

基本的にはシートのほうが高値となりますが、バラになった切手でも国内なら、大正時代以前の古い切手、外国では中国切手などが対象となることがあります。中国切手は割と近年のものでも、バラ切手でも価値が高く、1980年に発行された中国初の年賀切手で有名な『赤猿』などは、10万円以上で取引されます。赤い地に子猿が描かれていて、子猿の毛並がとても美しく描かれているため、中国や日本だけではなく、世界中のコレクターに愛されるために、高値がついているのでしょう。

切手処分したいとき消印や、破れている切手は?

使用済みの消印があるからといってあきらめないでください。切手は、その消印によっては高値がつく場合もあります。初日印やエラー印など様々なものがありますので、可能でれば封筒のままお持ちになることをおすすめします。シミや汚れ、あるいは破れている場合でも買い取りできる可能性があるので、自分で判断せずに、査定に出してみてください。意外に値段がつくかもしれません。あきらめずにすべてのコレクションを査定してもらうことをおすすめします。

切手のコレクションにこんな切手はありませんか?

これまでに起きた切手ブームですが、最初に起きたのは1956年頃です。その頃から人気が高かったのは、1948年に切手趣味週間に発行された「見返り美人」という切手で、浮世絵が初めて図案化したものです。この切手は発行枚数が少なく、発行当時から配達中の盗難事件なども起きたほどの人気でした。こうした希少価値のある切手をお持ちならば高い値段での買い取りとなります。

福ちゃんなら、どんな状態の切手でも査定

破損や汚れといった状態のよくない切手は、査定をあきらめてしまいがちです。しかし、中には高額なものが含まれているかもしれません。福ちゃんなら、どんな状態でも無料で査定いたします。店舗が近くにない場合は、宅配便などでお送りください。箱代や送料は無料。お申込みいただき段ボールが届いたら、そのまま切手を入れて返送いただければすぐに査定、ご納得できる金額でしたら、すぐに入金いたします。

切手の高価買取切手の高価買取
「切手買取」記事一覧次の記事 >
まずはご相談
0120-947-295

受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

QRコードからスマホへ
  • スマホサイトを見る
  • スマホから画像を送る
中尾彬さん・池波志乃さんインタビュー

INDEX

トップへ戻る