国家建設への貢献!1956年中国切手「貯蓄」の評価と適切な売却時期

かつて国の財政を支えた貯蓄は、現代においても重要なテーマです。1956年発行の中国切手「貯蓄」は、そのような貯蓄を題材にした1枚。切手買取の視点から、切手の内容や価値、売却時期などを徹底解説します。
今すぐお品物についてお問合わせる

お電話受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始は除く)

「貯蓄」切手とは

国家建設への貢献!1956年中国切手「貯蓄」の評価と適切な売却時期

貯蓄切手は、1956年に中国で発行された特殊切手です。

中国における貯蓄の歴史は古く、唐代まで遡ります。商業の発展により、商人たちは金庫を設置して預金を受け入れ、いつでも引き出せる仕組みを確立しました。

明代末期から清代初期にかけては、大商人たちが資金調達のために交換所を設立し、預金者に利息を支払う仕組みが確立されました。これが中国における貯蓄業務の始まりとされています。

その後、1848年に外資による銀行設立を経て、1897年には中国初の銀行「中国通商銀行」が上海に設立されました。1904年には政府運営の銀行「戸部銀行」(後の大清銀行)が設立され、国内最大の金融機関へと成長。

中華人民共和国の成立後、経済発展のために資金を集めることが重要課題となりました。政府は国民に対して日常生活での節約や余剰金の銀行預金を呼びかけ、国家建設への支援と国民生活の向上を目指したのです。

その結果、貯蓄総額は5年間で150倍以上に増加し、経済発展に大きく貢献しました。

1956年、政府は貯蓄の重要性を国民に広く認識してもらうために、「貯蓄」切手を発行しました。この切手は、当時の貯蓄キャンペーンを象徴する貴重な1枚として、現在も高い価値を誇っています。

「貯蓄」切手の特徴やデザイン

国家建設への貢献!1956年中国切手「貯蓄」の評価と適切な売却時期

中国切手「貯蓄」は、4分切手と8分切手の2種類で構成されているのが特徴です。

いずれも「貯蓄の象徴」をテーマにしたデザインで、切手の色と額面部分以外は同じ図案が採用されています。

各発行枚数は以下のとおり。

✔ 4分切手は「発行枚数:900万枚」
✔ 8分切手は「発行枚数:1400万枚」

切手中央には、繁栄と幸福を象徴する牡丹を背景に、「儲蓄」と書かれたロゴが配置されています。

麦と歯車で囲まれたロゴは、資金集積による国家支援、そして農業と工業の発展を表しているのです。

下部には「積極的に貯蓄し、建設を支援する」というスローガンが記されており、国民に貯蓄の重要性を呼びかけています。

▼中国切手「貯蓄」の詳細
・発行日:1956年10月1日
・額面:4分、8分(※100分=1元)
・切手デザイン:全2種類
・発行枚数:900万枚~1400万枚

「貯蓄」切手の市場価値や高く売るコツ

国家建設への貢献!1956年中国切手「貯蓄」の評価と適切な売却時期

買取福ちゃんでは、貯蓄切手をはじめ、中国切手を高価買取中です。中国切手の価値を知り尽くした専門スタッフが、1枚1枚丁寧に査定いたします。

中国切手の査定や買取についてご不明な点がございましたら、下記の申込フォームよりお気軽にご連絡ください。

お客様にご満足いただけるサービスを提供いたします。

査定や買取のお申込みはこちら(無料)
今すぐ中国切手の買取を依頼する
WEB査定で買取可能かどうか確認する

中国切手「貯蓄」は、切手買取市場でも額面以上の買取事例が多くある人気の切手です。初日カバー(FDC)も高評価を得ており、所有されている場合は査定に出してみることを強くオススメします。

ただし、切手の状態は査定額に大きく影響します。インターネット上の情報は参考程度に留め、必ず現物査定を受けて正確な価値を知ることが重要です。

貯蓄切手は淡い色合いのため、色あせや変色には要注意です。将来的に売却を検討している場合は、擦れないように丁寧に保管し、良い状態を維持しましょう。

日本の現行切手は額面割れが当たり前ですが、中国切手は種類や状態によっては額面以上の買取が期待できます。

切手収集家は減少傾向にあり、将来的には価値が下がる可能性もあります。今が貯蓄切手を売却する「最適なタイミング」といえるでしょう。

どこよりも高い買取金額をご希望なら、ぜひ福ちゃんの切手買取にお任せください。

今すぐお品物についてお問合わせる

お電話受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始は除く)

まとめ

国家建設への貢献!1956年中国切手「貯蓄」の評価と適切な売却時期

中国古代における貯蓄の象徴、「扑満」をご存知でしょうか?

これは「ぼくまん」と呼ばれるもので、簡単にいうと土製の貯金箱です。硬貨を入れる入口はありますが、取り出し口はありません。貯金箱がいっぱいになったら、壊して中の銭を取り出す仕組みです。

」は壊すという意味で、「満たされたら壊す」ことから「扑満」と呼ばれていました。扑満と同様の貯金箱は、日本の「ブタさん貯金箱」にも見られます。ブタさん貯金箱は14世紀のイギリスが発祥とされていますが、古代中国では別の形状だったようです。

このように、貯蓄行為は世界共通の文化として昔から行われていました。

また、日本の戦時中に戦費が枯渇しているときに郵便局への預貯金を呼びかけたように、国のお金が枯渇した際に国民に呼びかけ、回収を行うのは各国共通のプロパガンダ戦略なのでしょう。

貯蓄切手が発行された1956年当時、中国は建国後の重要な発展期を迎えていました。国家は社会主義建設を推進し、経済・文化・教育など、各分野での改革と発展に力を入れていました。

この時期、政府は経済発展と生活改善を加速させるため、国民に貯蓄を促す政策を実施したのです。貯蓄を通じて民間資金を集め、国家プロジェクトや社会福祉の向上に再投資することが目的でした。

1956年に発行された「貯蓄切手」は、単なる郵便料金支払い手段ではなく、国家の方針や価値観を伝え、国民に貯蓄の重要性を啓蒙する役割を担っていました。

貯蓄推進政策は、中国国内に大きな影響を与え、経済発展と社会福祉の向上に大きく貢献しました。

貯蓄切手は、当時の歴史や国内情勢を反映した貴重な資料であり、切手コレクターや歴史愛好家から高い評価を得ています。買取市場でも高値がつく種類が多く存在し、お手元にある同切手が予想以上の買取価格になることも珍しくありません。

福ちゃんでは、古い記念切手や中国切手などの買取を強化しています。大事にされている切手のコレクション品を少しでも高く売るなら、ぜひ福ちゃんの切手買取サービスをご検討ください。

切手の高価買取切手の高価買取
あの切手がいつの間にかプレミア切手に!ぜひ無料査定をご利用下さい
キャンペーン開催中

期間中にお申込みをいただいた方が対象 買取金額10,000円以上で5%UP、20,000円以上で10%UP 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
< 前の記事「切手買取」記事一覧次の記事 >

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)