【 悪徳な買取業者に関する注意喚起 】
「福ちゃん」の名を騙って飛び込み訪問する悪質な買取業者が増えています。詳しくはリンク先をご覧ください。

毛沢東時代の文化政策が中国切手に!1960年「文芸工作者第3回代表大会切手」の詳細と市場評価

1960年に発行された中国切手「文芸工作者第3回代表大会」は、コレクターの間で高い人気を誇るセットとして知られています。その背景には、毛沢東時代の中国における芸術の役割と、激動の時代を反映したデザインの魅力があります。

なぜ、「文芸工作者第3回代表大会切手」は高値で取引されるのでしょうか。

その答えを探るには、毛沢東時代の中国における芸術の役割、そしてこの切手がもつ歴史的・文化的背景を深く理解する必要があります。

この記事では、中国近代史や芸術に関心のある方はもちろん、切手収集切手買取に興味のある方にとっても、有益な情報が満載です。

ぜひ最後までお読みください。

今すぐお品物についてお問合わせる

お電話受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始は除く)

「文芸工作者第3回代表大会」切手とは

毛沢東時代の文化政策が中国切手に!1960年「文芸工作者第3回代表大会切手」の詳細と市場評価

文芸工作者代表大会」は、中国共産党の指導の下、文学・芸術の発展と社会主義的価値観の普及を目的とした重要な会議です。1949年の第1回大会以降、数年に一度のペースで開催。

中国全土から選出された文学者、芸術家、文化活動家などが集結します。

この大会では、過去数年間の文学・芸術活動の成果を総括し、今後の文化政策の方向性を議論、策定するのが特徴です。中国共産党のイデオロギーを反映した文化芸術の振興が主要テーマであり、社会主義建設における文化芸術の役割を明確化し、創作の方向性を示す重要な役割を担っています。

1960年に開催された「文芸工作者第3回代表大会」は、その記念として発行された切手「文芸工作者第3回代表大会切手」でも知られています。

この大会では、「百花斉放、百家争鳴」の方針が再確認され、多様な芸術表現や学術的意見の自由な発展が奨励されました。

しかし、実際にはこの方針は後に制限され、文化大革命へとつながっていくという歴史的背景も併せもっています。そのため、「文芸工作者第3回代表大会」は、政治と芸術の複雑な関係を象徴する歴史的イベントとして、現在も注目されています。

この切手は、単なる記念切手としてだけでなく、中国共産党政権下における文化芸術政策の変遷や、社会主義建設における文化の役割を理解するための貴重な資料といえるでしょう。

「文芸工作者第3回代表大会」切手の特徴やデザイン

毛沢東時代の文化政策が中国切手に!1960年「文芸工作者第3回代表大会切手」の詳細と市場評価

文芸工作者第3回代表大会」を記念して発行されたこの中国切手は、2種類のデザインで構成されています。

それぞれのデザインには、大会のテーマや当時の社会情勢を反映した象徴的な要素が盛り込まれています。

各デザインテーマと発行枚数は以下のとおり。

✔ 労農兵のバッジ(額面4分、発行枚数300万枚)
✔ 百花斉放、百家争鳴(額面8分、発行枚数540万枚)

労農兵のバッジ

この切手の中心には、鮮やかな赤い旗が大きく描かれています。

旗の上には、労働者、農民、兵士の顔が力強い表情で描かれています。彼らは中国社会主義建設の三大基幹勢力を象徴し、未来を見据えるその表情は、革命の成功と新たな社会への希望を表現しているのです。

旗の下部には、祝祭的な花とカラフルなリボンが描かれ、革命の活気と祝賀ムードを醸し出しています。このデザインは、毛沢東が提唱した「文芸は労働者、農民、兵士に奉仕するべき」という方針を視覚的に表現しており、当時の中国における芸術の役割を明確に示しています。

百花斉放、百家争鳴

この切手の中心には、中国伝統の篆書体で「百花斉放、百家争鳴」と刻まれた、鮮やかな朱色の印章が大きく配置されています。背景には、多種多様な花々が咲き乱れる様子が描かれ、芸術と学術の多様性と繁栄を象徴しているのです。

百花斉放、百家争鳴」は、毛沢東が提唱した、多様な芸術表現や学術的意見の自由な発展を促す方針を意味します。この切手は、その方針を視覚的に表現しており、当時の中国における言論の自由と文化の多様性を象徴する重要な存在となっているのです。

なお、日本の切手カタログでは「百家争鳴、百花斉放」と表記されている場合もありますが、中国での正式名称は「百花斉放、百家争鳴(ひゃっかせいほう、ひゃっかそうめい)」です。

▼中国切手「文芸工作者第3回代表大会」の詳細
・発行日:1960年7月30日
・額面:4分、8分(※100分=1元)
・切手デザイン:全2種類
・発行枚数:300万枚~540万枚

「文芸工作者第3回代表大会」切手の市場価値と中国切手を高く売るコツ

毛沢東時代の文化政策が中国切手に!1960年「文芸工作者第3回代表大会切手」の詳細と市場評価

査定や買取のお申込みはこちら(無料)
今すぐ中国切手の買取を依頼する
WEB査定で買取可能かどうか確認する

中国切手「文芸工作者第3回代表大会」は、その歴史的・文化的価値から、切手収集家や投資家の間で高い人気を誇っています。毛沢東時代の中国における文化政策の転換点を象徴するこの切手は、買取市場でも高値での取引が期待できるのです。

とくに、毛沢東が提唱したスローガン「百花斉放、百家争鳴」をデザインに取り入れた切手は、その希少性と歴史的意義から、コレクターズアイテムとして非常に高い評価を受けています。

高価買取のポイント

保存状態:切手の状態は、査定額に大きく影響します。保管状態には気を付けましょう。湿気や直射日光を避け、丁寧に保管することで、高値での買取が期待できます。

専門業者への依頼:中国切手は、専門知識をもつ買取業者に依頼することで、適正な査定額で買取してもらえます。

切手買取なら福ちゃんにお任せください

福ちゃんの切手買取は、豊富な経験と確かな査定力で、これまでに多くの国内外の切手買取実績があります。中国切手の価値を正しく評価し、お客様にご満足いただける査定額をご提示いたします。

査定は無料ですので、お気軽に「フリーダイヤル」または「買取申込フォーム」からお問い合わせください。

今すぐお品物についてお問合わせる

お電話受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始は除く)

まとめ

毛沢東時代の文化政策が中国切手に!1960年「文芸工作者第3回代表大会切手」の詳細と市場評価

百花斉放、百家争鳴」は、1956年に毛沢東が提唱した、芸術や学問の多様性と自由な議論を奨励する文化政策のスローガンです。「百花斉放」は多様な芸術スタイルの自由な発展を、「百家争鳴」は異なる学問や思想の活発な議論を意味します。

この理念は、1960年の「文芸工作者第3回代表大会」の切手デザインにも採用されました。伝統的な印章に刻まれたスローガンと、それを囲む色とりどりの花々は、文化芸術の多様性と発展を象徴しています。

この大会は、中国の文化芸術界に多大な影響を与えました。

社会主義リアリズム」と「革命的ロマンチシズム」の結合が推奨され、文学や芸術が社会主義建設に貢献すべきという方向性が打ち出されたのです。

しかし、皮肉にも「百花斉放、百家争鳴」の理念は、後の文化大革命における弾圧の口実として利用されることになります。当初の自由な表現と創造性の奨励は影を潜め、文化芸術は政治的な統制下に置かれることとなりました。

このように、「文芸工作者第3回代表大会」切手は、中国の文化政策の理想と現実、そしてその後の複雑な歴史を反映した貴重な資料といえるでしょう。芸術性の高いデザインに加え、中国の激動の時代を物語る歴史的価値も相まって、この切手はコレクターの間で高い人気を誇り、切手の買取市場では高額査定が期待できます。

もしお手元に「文芸工作者第3回代表大会」切手があり、売却をご検討されている場合は、ぜひ「買取福ちゃん」にご相談ください。

専門家による丁寧な査定で、お客様の大切な切手を適正な価格で評価いたします。

切手の高価買取切手の高価買取
あの切手がいつの間にかプレミア切手に!ぜひ無料査定をご利用下さい
買取についてのご相談、
ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

電話でのご相談はこちら

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
< 前の記事「切手買取」記事一覧次の記事 >

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)