【2002年】FIFA日韓ワールドカップ™公式記念コインセットの種類や特徴を解説

今回は、2002年に開催されたワールドカップの日韓共同開催を記念して発行された「2002FIFA日韓ワールドカップ™公式記念硬貨」の種類や特徴について紹介します。プルーフ貨幣となっている同記念硬貨セットは、古銭買取市場でも人気が高いコインセットとなっています。

【2002年】FIFA日韓ワールドカップ™公式記念コインセットとは

【2002年】FIFA日韓ワールドカップ公式記念コインセットの特徴や市場価値を解説

2002FIFA日韓ワールドカップ™公式記念コインセット」は名称の通り、2002年に開催されたサッカーワールドカップの開催を記念して発行された記念硬貨です。

2002 FIFA日韓ワールドカップは、韓国と日本が共同で開催した初めてのワールドカップでした。この歴史的なイベントを記念して、日本と韓国では公式記念コインが発行されています。

これらのコインは通常の硬貨とは異なり、専用ケースに入った状態で発売されて主に記念品やコレクション用途で使用されることが一般的です。

【2002年】FIFA日韓ワールドカップ™公式記念コインセットの種類と特徴

【2002年】FIFA日韓ワールドカップ公式記念コインセットの特徴や市場価値を解説

FIFA日韓ワールドカップの開催を記念して発行された記念硬貨は、日本と韓国からそれぞれ発行されています。

金貨は「3万ウォン金貨」と「2万ウォン金貨」の2種類、銀貨は「1万ウォン銀貨」が異なる4つのデザインで発行されたものが「第1次販売」「第2次販売」とそれぞれあります。

今回の福ちゃんコラムで取り上げているのは、韓国にて発行された「ウォン金貨・ウォン銀貨セット」の中でも、第1次貨と第2次貨を合わせた「金貨4種・銀貨8種セット」として発売されたものです。

金貨と銀貨の裏面は共通デザインとなっていて、トロフィーをモチーフとした公式エンブレムが描かれています。

銀貨では同デザインながらも、ワールドカップ記念硬貨では初となる「6色グラデーション」の技術が採用されたカラーコインです。

▼3万ウォン金貨の概要

・品位:金99.9%(純金)
・重量:約31.10g(1オンス)
・直径:約35mm
・額面:30,000ウォン
・発行年:2002年銘
・発行国:韓国
・状態:プルーフ

第1次販売分の3万ウォン金貨の表面デザインは、「サッカーの歴史」をテーマに古代から現代へ移り変わる様子が描かれています。

第2次販売分の3万ウォン金貨の表面デザインでは、開会式が行われた韓国のソウルワールドカップスタジアムと花火が打ち上がっている様子が描かれています。

▼2万ウォン金貨の概要

・品位:金99.9%(純金)
・重量:約15.55g(1/2オンス)
・直径:約28mm
・額面:20,000ウォン
・発行年:2002年銘
・発行国:韓国
・状態:プルーフ

第1次販売分の2万ウォン金貨の表面デザインは、中央のワールドカップトロフィーを挟んで日本と韓国の地図が描かれています。

第2次販売分の2万ウォン金貨の表面デザインは、大きなサッカーボールを背景に韓国の開催都市である10都市(ソウル、釜山、大邱、仁川、光州、大田、水原、蔚山、西帰浦、全州)が描かれています。

▼1万ウォン銀貨の概要

・品位:銀99.9%(純銀)
・重量:約31.1g(1オンス)
・直径:約35mm
・額面:10,000ウォン
・発行年:2002年銘
・発行国:韓国
・状態:プルーフ

第1次販売分の1万ウォン銀貨の表面デザインは、それぞれ異なるスタジアム(光州スタジアム、大邱スタジアム、水原スタジアム、釜山スタジアム)とサッカーボール、プレイしている選手の様子が描かれています。

第2次販売分の1万ウォン銀貨の表面デザインでは、スタジアムを背景にプレイしている選手の様子が描かれており、4枚の銀貨を並べると「2002」の数字が完成するような仕組みのデザインです。

【2002年】FIFA日韓ワールドカップ™公式記念コインセットの買取価格アップのコツ

【2002年】FIFA日韓ワールドカップ公式記念コインセットの特徴や市場価値を解説

ここからは、「2002FIFA日韓ワールドカップ™公式記念硬貨」を買取に出す際に、少しでも高く売るためのコツやポイントを紹介します。

高値がつくポイントは記念硬貨の状態

記念硬貨の状態は、その価値を大きく左右します。コインが傷や汚れがなく、光沢があり、新品同様の状態であれば、より高い価格で売却できる可能性があります。金貨や銀貨を取り扱う際は、手袋を着用し、適切に保管しておくことが大切です。

また、今回の記念硬貨セットは通常の金貨銀貨とは異なり、鏡面仕上げになっている見た目も美しい「プルーフ貨幣」です。見た目の状態が重要視されやすいため、硬貨に傷をつけないよう取り扱いには注意しましょう。

付属品などの有無があれば評価アップの可能性大

記念硬貨やプルーフ貨幣では保証書や専用のケースが付属している場合が多いです。この付属品がある場合には、買取依頼時に一緒に出すようにしましょう。

専用ケースなどの付属品が揃っていると、評価アップになる可能性が高まり、結果的に買取価格も上がりやすい傾向にあります。

買取業者選び

記念硬貨の価値は、業者や市場状況によって異なることがあります。複数の買取業者の査定を受けることで、最適な価格で売却できる可能性が高まります。

福ちゃんでは外国で発行された記念硬貨やプルーフ貨幣の買取でも安心して任せられる知識豊富な査定士が在籍しています。ワールドカップ記念硬貨を少しでも高く売りたい場合には、福ちゃんに査定依頼をして買取金額を付けてもらうのがおすすめです。

まとめ

【2002年】FIFA日韓ワールドカップ公式記念コインセットの特徴や市場価値を解説

2002年のFIFAワールドカップは、大会史上初めてアジアで開催され、韓国と日本が共同開催国として歴史に名を刻みました。この大会は、2002年5月31日から6月30日まで行われ、32カ国が参加しています。20のスタジアムが試合会場として使用され、韓国と日本でそれぞれ10カ所ずつ試合が行われました。

この大会は、強豪国が早期敗退するなどサプライズが多く、特にフランス(前回優勝国)がグループリーグで敗退するなど波乱含みの展開が話題となりました。

韓国は、共同開催国として過去最高の成績を収め、準決勝まで進出しました。アジア勢として初めてベスト4に入ったことで、韓国国内ではサッカー熱が高まっています。

最終的には、南米の強豪ブラジルが決勝戦でドイツに勝利して史上初の5度目の優勝を果たし、2位にはドイツ、3位にはトルコが入りました。この大会でブラジル代表の「ロナウド」が8ゴールを挙げ、ゴールデンブーツ(得点王)に輝きました。

2002年の日韓ワールドカップは、アジアで初めて開催されたサッカーの祭典であり、多くのサプライズや感動を与える大会となりました。この大会がアジアサッカーの発展に大きく寄与したと言われています。

韓国発行の「2002FIFA日韓ワールドカップ™公式記念硬貨」の市場価値が高まるものになった理由として、ベスト4に入った韓国の活躍も少なからず影響を与えていると思われます。

純度の高い金貨と銀貨ということで地金価値はもちろんのこと、希少性やデザイン性も評価される記念硬貨で、フルセットになったものや状態が良いものは古銭買取でも高価買取が期待できる記念硬貨といえるでしょう。

古銭・記念硬貨の高価買取古銭・記念硬貨の高価買取
古銭(記念硬貨)を高く売るなら福ちゃんにお任せください!
キャンペーン開催中
【キャンペーン対象条件】
1. 期間中にお申込みいただいた方
2. ご訪問時に査定したお品物の査定額に対してご成約にいたった場合、下記条件に沿って買取金額アップ

① 買取金額の合計10,000円以上:当日の買取金額に対して5%UP

② 買取金額の合計20,000円以上:当日の買取金額に対して10%UP

店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外 他のキャンペーンとの併用は不可
買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
< 前の記事「古銭買取」記事一覧次の記事 >

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。