【 悪徳な買取業者に関する注意喚起 】
「福ちゃん」の名を騙って飛び込み訪問する悪質な買取業者が増えています。詳しくはリンク先をご覧ください。

琉球通宝の買取価格や種類・高額査定される特徴を紹介

「琉球通宝を買い取ってもらいたい」
「琉球通宝って売れるのかな?」


という方のために、琉球通宝の特徴や種類、価値等について解説します。

琉球通宝などの古銭は現金としては使用できませんが、お金であることから無下にもしにくいものです。
種類によっては買取してもらえることもあるため、まずは持っている古銭について知りましょう。
琉球通宝の買取実績が高い業者も紹介しています。

琉球通宝って何?特徴と価値

琉球通宝って何?

琉球通宝とは、江戸時代後期に薩摩藩が作っていた古銭で、表面に「琉球通宝」と刻まれています。

寛永通宝などと同様、穴銭の仲間です。

薩摩藩内でしか使われていなかった地方貨幣であるため、発行枚数が限られており、希少価値が高いといわれています。

寛永通宝について詳しくはこちら↓
寛永通宝の買取価格!種類別価値やレアものの見分け方、高額査定のポイントも

琉球通宝の種類と買取価格

琉球通宝の種類と買取価格

  • ✔︎ 円形の「半朱」
  • ✔︎ 小判形の「當百」

琉球通宝は、「半朱」と「當百」の2種類があります。

それぞれの特徴と買取価格を見ていきましょう。

円形の「半朱」

円形の「半朱」

琉球通宝の「半朱」は円形で、1863年に発行された古銭です。

裏面に穴を挟んで「半朱」と彫られています。

表面の「琉球通宝」裏面の「半朱」も篆書体(てんしょたい)と呼ばれる古代文字で刻印されているため、素人には読みにくいかもしれません。

現在の価値でいうと2,500円相当とされており、買取相場は数千円から数万円とされています。

小判形の「當百」

小判形の「當百」

琉球通宝の「當百」は小判型で、1862年に発行された古銭です。

裏面に楷書体で「當百」と彫られています。

楷書体であるため、古銭について知識がない人でも読み取れるでしょう。

現在の価値でいうと1,200円相当とされており、買取相場は数千円です。

⚠︎CAUTION!
紹介している買取相場はあくまでも 目安 です。実際の買取価格は保管状態や市場の需給バランスなど、さまざまな要因で変動します。詳細は古銭買取業者にご確認ください。

高額査定される琉球通宝の特徴|偽物にも注意!

高額査定される琉球通宝の特徴

  • ✔︎ サ刻印がある
  • ✔︎ 桐極印・山添極印がある
  • ✔︎ 本物である

琉球通宝は希少価値が高い古銭であることから、偽物も多く出回っている種類です。

ここでは、高額査定されやすい琉球通宝の特徴を紹介します。

サ刻印がある

サ刻印がある

琉球通宝の半朱には、側面にサ刻印と呼ばれるカタカナの「サ」が刻印されているものがあります。

これは薩摩藩の「サ」で、薩摩藩で鋳造されたことを表す印です。

サ刻印があると高額査定されやすくなる傾向にあります。

桐極印・山添極印がある

琉球通宝には、「桐極印」「山添極印」と呼ばれる印が側面に入っている場合があります。

これらが刻印されていると、高額査定される可能性が高まります。

桐極印は桐の花や葉を意匠化したマークと言われていますが、今となっては潰れて残っているものしか確認されておらず、「☆」のように見えるものが大半です。

山添極印は漢字の「山」モチーフのマークですが、こちらも潰れているものが多く、△のようなマークに見えるものが多くあります。

桐極印と山添極印がある琉球通宝は希少価値が高いので、サ刻印のみのものより重宝されるでしょう。

本物である

琉球通宝は贋作が多く出回っている古銭のひとつです。

サ刻印や桐極印、山添極印が刻印されているにも関わらず、偽物ということもあります。

高価買取されるには当然本物である必要があるため、偽物だと価値がつくことは見込めないでしょう。

琉球通宝を売却する方法

琉球通宝を売却する方法

  • ✔︎ オークションに出す
  • ✔︎ フリマアプリに出品する
  • ✔︎ 買取業者に買い取ってもらう

琉球通宝を売却する方法は、上記の3つが代表的です。

オークションやフリマアプリは、コレクターの目に止まる機会が多いため、高額で取引される可能性があります。

しかし、個人間取引はトラブルも多く、リスクが高い傾向にあります。

ましてや、古銭は偽物もたくさん出回っているため、個人間取引は特に注意が必要です。

不安な方は、古銭に強い買取業者に買い取ってもらいましょう。

しっかり価値を査定額に反映してもらえる他、業者との取引であるためトラブルの心配も少なくなります。

琉球通宝買取は福ちゃんへ

琉球通宝買取は福ちゃんへ

琉球通宝は薩摩藩が作った江戸時代後期の地方通貨です。

「半朱」「當百」の2種類があり、古銭の中では比較的高額で取引されています。

側面に「サ刻印」「桐極印」「山添極印」があると高額査定されやすいですが、偽物もたくさん出回っているので注意してください。

オークションやフリマアプリに出すとコレクターに見られる機会が増えるため、高額売却できるかもしれません。

しかし、個人間取引はトラブルが多く、リスクが高いため、買取業者に買い取ってもらう方法が安全です。

福ちゃんは、古銭のなかでも穴銭買取に強みを持っています。

専門知識を有した査定士が在籍し、琉球通宝についても高い実績があります。

琉球通宝など穴銭を買い取って欲しい方は、福ちゃんにお任せください。

その他、記念硬貨買取の持ち込みなどにも対応しています。

穴銭について詳しくはこちら↓
穴銭の買取価格紹介!価値ある古銭の種類一覧や査定額が高いレアものも解説

今すぐお品物についてお問合わせる

お電話受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始は除く)

古銭・記念硬貨の高価買取古銭・記念硬貨の高価買取
古銭(記念硬貨)を高く売るなら福ちゃんにお任せください!
買取についてのご相談、
ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

電話でのご相談はこちら

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
< 前の記事「古銭買取」記事一覧次の記事 >

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)