プライバシーマーク

高価買取も狙える!日本の洋食器ブランドといえば…?

突然ですが、日本の洋食器ブランドといえば何を思い浮かべるでしょうか?
代表的なものといえば、ノリタケ、大倉陶園、鳴海製陶などの洋食器ブランドが有名ですね。
今回は福ちゃんでもお買取の多い「ノリタケ」の食器の魅力について迫ります。

日本が世界に誇る食器ブランド「ノリタケ」

ノリタケの創業は1904年(明治37年)、ノリタケカンパニーの前身「日本陶器合名会社」が愛知県で設立されたのがきっかけでした。日本で初めて高級洋食器を生産し、明治時代から戦前にかけ、陶器商社「森村組」によって、欧米に大量に輸出されました。
『オールドノリタケ』と呼ばれるこの時期の製品は、今でもアンティーク食器として絶大な人気を博しています。ブランド名「ノリタケ」は、創業地である「則武」に由来したものです。

高額査定の可能性も!?ノリタケの人気シリーズ

ノリタケは森村市左衛門によって創業され、100年以上続く日本を代表する老舗食器ブランドのひとつです。色彩豊かな美しい色使いと硬質白磁器の製造技術は、創業から現在に至るまで世界中で認められ愛用され続けています。以下ではノリタケの人気シリーズについてご紹介します。

オールドノリタケ

冒頭でも少しお伝えしましたが、オールドノリタケはノリタケカンパニーの前身「日本陶器合名会社」が明治期から戦前までに欧米に輸出した陶磁器のことです。
芸術作品として高い評価を受けており、骨董愛好家からオールドノリタケと呼ばれ人気の高いコレクターズアイテムです。価値の高いアンティーク食器として高額査定になるケースも。

クラフトーン

1972年発売のロングセラーモデルです。やわらかなアイボリーの色調と柔らかく落ち着いた光沢が特徴です。模様はすべて下絵付きのため、使っているうちに剥げたり光沢が消えたりすることがありません。いつまでも美しく使うことができます。
クラフトーンシリーズは正規販売が終了しているため、希少価値の高いシリーズです。

ダイヤモンドコレクション

1979年発売のノリタケを代表するシリーズのひとつです。
「白磁としては世界最高レベルの白さ」が特徴のロングセラーモデルでしたが、現在では廃盤となっているため希少価値の高いシリーズです。

その他のノリタケ人気シリーズ

・ロイヤルオーチャード・・・オーブンや電子レンジに対応したノリタケの食器として重宝されています。

・花更紗(はなさらさ)・・・ロングセラーモデルのひとつ。ノリタケボーンチャイナの緩やかなシェープに描かれた、ペルシャ風の花模様に定評があります。

・京香旬彩(きょうかしゅんさい)・・・京都のおばんざいをイメージし日本の伝統的なデザインを取り入れたシリーズです。京野菜のイラストが特徴です。

・ヨシノ・・・東洋風の花模様と明るい色調が、温もりある優雅な雰囲気を醸し出していることで人気があります。ノリタケらしい上品さを感じられる作品です。

・キューティーローズ・・・夢見るような甘いタッチの小花柄が特徴です。女性のファンが多いティータイムに人気の作品です。

洋食器ブランドは買取市場でも人気です

日本の洋食器ブランド「ノリタケ」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
ノリタケの食器、特にオールドノリタケはアンティーク食器として非常に価値が高く、高額査定のケースも珍しくありません。今回はノリタケにクローズアップしましたが、他に人気があるブランド食器はまだまだ沢山あります。

ノリタケの食器をお持ちなら、ブランド食器高価買取中の福ちゃんにぜひお売りください!
食器を持ち運びしなくてもいい無料の出張買取もご用意しております。
「これ売れるかな?」と思ったら、まずはお問い合わせください。

食器の高価買取食器の高価買取使わないブランド食器の処分なら買取がオススメです!
ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

< 前の記事「食器買取」記事一覧次の記事 >
トップへ戻る