リヤドロとは?「花の街角」の魅力や特徴について

美しいポーセリン(磁器)のフィギュリン(人形)で知られるリヤドロ
リヤドロ独自のスタイルをもち、女性や子どもがモチーフのフィギュリンはとくに人気が高いアイテムです。

中でも、女性と花の描写に優れた「花の街角」は人気作品の1つといえるでしょう。

今回は、リヤドロの「花の街角」の魅力や特徴についてご紹介していきます。
リヤドロの歴史や作品の製法にも触れていますので、リヤドロをさらによく知りたい方も、ぜひ参考にしてください。

リヤドロとは

リヤドロとは

リヤドロは、スペイン発祥の磁器製造・販売ブランドです。家庭で楽しむものから美術館に飾るようなものまでさまざまな作品を生み出し、多くの著名人からも愛されています。

多くの人を魅了するリヤドロの作品は、どのように作られているのでしょうか。

リヤドロの歴史もご紹介しながら、見ていきましょう。

リヤドロの歴史

リヤドロは、リヤドロ3兄弟(ファン、ホセ、ビセンテ)によって1953年にスペイン バレンシアで誕生しました。

当初は自宅の窯でプレートや花瓶、置物などを製作しており、次第に花のモチーフや繊細な技法を生み出していきます。

1958年には、本格的な工房を立ち上げて活動を広げていきました。

1960年代には現在のリヤドロを象徴する、たおやかで優美な独自のスタイルを構築。常に技術の向上や焼成テクニックなどにより、リヤドロの魅力の1つともいえる、やわらかなパステルトーンが確立されたのもこの時代です。

日本には、1980年代に進出しました。現在のリヤドロは、アジア、アメリカ、ヨーロッパなど世界120か国以上に店舗を展開しています。

どのように作られている?

リヤドロの作品は、簡単に作業の手順をお伝えすると、以下のような流れで作られています。

● 作品のアイデアをスケッチする
● 粘土で形にする
● 鋳型を作成して陶土液を流し込む
● 色付け
● 焼成

リヤドロの作品は、創業以来すべて手作業で行われているのが特徴です。

自然界にある鉱物(カオリン、石英、長石など)に水を加えて作る、伝統的な技法を用いています。

まず、彫刻家がアイデアのスケッチ立体化。その後、より完成度の高い作品にするために、パーツごとに分割して、精密に装飾部分を仕上げていきます。

この工程を経て、鋳型のベースが完成します。

複雑な大作の場合、ここまでの工程に数年をかけることもあるそうです。リヤドロならではの、作品に対するこだわりを感じることができますね。

次に鋳型に陶土液を注入し、固まってから取り出し、組み立て色付けの装飾の順で丁寧に進行していきます。なお、リヤドロの作品に使用される色の数は、すべて合わせると4000色以上です。

そのおかげで、作品ごとに絶妙な色合いの違いが楽しめ、趣のある作品が生まれるのでしょう。焼成は、1300度の温度で1日かけて行われます。

リヤドロの代表作

数多くあるリヤドロの代表作の中でも、よく知られているものをご紹介します。

● 悲しいピエロ
● 公園通りの花屋さん

「悲しいピエロ」は、リヤドロの唯一の工場「ポーセリンシティ」ができた1969年に発表された作品です。

悲し気な表情のピエロが、重ねた左右の手の上に顎を乗せた、高さ26センチほどの作品で、リヤドロが有名になるきっかけにもなりました。

「公園通りの花屋さん」は、リヤドロの販売記録が更新されたことで知られています。1983年に誕生し、花びらの描写や繊細さは今も多くの人に称賛されている作品です。

「花の街角」とは

「花の街角」とは

リヤドロの「花の街角」は、2002年に誕生した人気作品の1つです。

パラソルをさした女性と、荷車やかごの中で咲き誇る数多くの花々がモチーフにし、美しく可憐な逸品に仕上げられています。

また、ペールブルーの街灯を女性の傍らに置くことで街角を表現し、見る人の想像力を広げてくれるでしょう。

「花の街角」の魅力や特徴

「花の街角」の魅力や特徴

リヤドロの「花の街角」は、リヤドロの技術的な魅力や特徴が多い作品です。

フィギュリンに見られる腕の動きや手指の表現力はもちろん、1枚の花びらにこだわった花々の細工は目を見張るものがあります。なお、リヤドロには花を専門に製作するフラワーアーティストがいるため、ここまでの高い技術を駆使できるのでしょう。

フィギュリンが手にしているパラソルも、ポーセリンというより本物のレースのようです。

「花の街角」の価格やサイズ

リヤドロの公式サイトによると、「花の街角」の価格は798,600円(税込)です(2024年1月時点)。

サイズや重さは、以下の表にまとめています。

高さ約 38センチ
約 26センチ
奥行約 22センチ

リヤドロ「花の街角」は買取もできる?

リヤドロ「花の街角」は買取もできる?

リヤドロの「花の街角」は、フィギュリンの可憐さと、花の美しさで人気を集めています。そのため、状態によっては高額買取も可能なアイテムです。

実際の買取金額が気になる場合は、査定を一度試してみてはいかがでしょうか。価値が下がってしまう前に、早めに行動されることをオススメいたします。

買取福ちゃんでは、リヤドロの作品を多数買い取っている実績があり、これまでに多くのお客様から買取のご依頼をいただいております

リヤドロの代表作「花の街角」をはじめ、限定品や希少価値の高い作品など、幅広くリヤドロの作品を無料査定いたします。

「リヤドロをたくさんお持ちの方」「お近くに福ちゃんの店舗がない方」「リヤドロを店舗まで持ち運ぶのが難しい方」に、無料でご自宅まで伺い、査定・買取を行う「出張買取」が好評です。

福ちゃんでは、無理な買取は一切行っておりません。

まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐお品物についてお問合わせる

お電話受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始は除く)

食器の高価買取食器の高価買取
使わないブランド食器の処分なら買取がオススメです!
キャンペーン開催中

30%UP対象商品:着物、食器、毛皮、骨董品、酒、カメラ、楽器、オモチャ・ホビー、レコード 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。
< 前の記事「食器買取」記事一覧次の記事 >