「付属品なし」だとカメラの買取額が下がる?カメラを高く買い取ってもらうためのコツを紹介

今回のテーマは、「カメラ買取と付属品」です。使わなくなった古いカメラを買い取ってもらいたいとき、気をつけたいポイントのひとつが付属品。カメラ本体とは別に付いてくるさまざまな物のことを指しますが、一見すると不要物に思える付属品が、実はカメラ買取の査定額を左右することがあるのです。そう、簡単にいえば「付属品なし」よりも「付属品あり」のほうが買取額が高くなる可能性があります!

というわけで今回の記事では、「付属品なしだと買取額が下がるのはなぜ?」「付属品がないとカメラを買い取ってもらえないこともあるの?」「ほかにカメラを高く買い取ってもらうためのコツはあるの?」といった疑問にお答えしていきます!

カメラ買取に「付属品」は欠かせない?

付属品なしだとカメラ買取額が下がる?カメラを高く買い取ってもらうためのコツ

カメラ買取において、「付属品」は重要な意味を持つ存在です。

ここでいう付属品とは、レンズやバッテリー、充電器といった機器だけでなく、保証書や取扱説明書のような書類、あるいはそれらが収められた箱なども指します。

実は、これらの付属品がある場合と、付属品なしの場合を比較してみると「あり」のほうが買取額が高くなります。特に、実はカメラ本体をはじめとするアイテムを収めていた「」は重要な存在です。業者によっては、「箱がないカメラは買取不可」とする場合もあるそうです。

箱をはじめとする付属品が揃っていたほうが良いのは、そもそもそれが本来の商品の姿だからです。業者が買い取ったカメラは中古市場に流れるわけですが、取扱説明書や保証書などが残っていたほうが、中古カメラを買う人も安心できるでしょう。

逆にいえば、それらの付属品がないカメラはイマイチ安心感がなく、買い手が付きづらい場合があります。

また、特に箱の有無は「梱包の手間」にもかかわります。

箱付きのカメラであれば、業者は箱に収めた状態でスムーズに中古市場に回すことができますが、箱がなければコストをかけてカメラを梱包する必要があります。

そのような経費を考慮に入れて、箱ありの時よりも低い買取額を提示する業者が多いわけです。

実は付属品が高価な場合も……

付属品なしだとカメラ買取額が下がる?カメラを高く買い取ってもらうためのコツ

カメラによっては、実はカメラ本体に匹敵する……とまではいわなくても、箱そのものが高価であるというケースもあります。

たとえば、カメラメーカーが有名デザイナーとコラボした商品などは、箱もデザイナーの手がかかっており、それだけで価値があります。

箱ありならビックリするほどの高価買取が実現したのに、箱を捨ててしまったがために買取額が大幅に下がってしまう……ということも考えられます。

このように、カメラを買取に出す場合は箱をはじめとする付属品を揃え、「付属品あり」の状態にするのがおすすめです。

そのため、新しくカメラを買ったときには、「ゆくゆくは買取に出すかもしれない」ということも考慮に入れ、できるだけ付属品はすべて取っておくことをおすすめします。

カメラの高価買取を実現するその他のコツとは?

付属品なしだとカメラ買取額が下がる?カメラを高く買い取ってもらうためのコツ

カメラの買取額を左右する重要な要素として付属品の有無が挙げられる……という話を紹介しましたが、ほかにカメラを高く売るために押さえておきたいコツとしてはどのようなことが考えられるでしょうか。

簡単にまとめてみましょう。

掃除・手入れをしてから出したほうが高く売れるかも!

古いカメラを買取に出すとき、「どうせ業者に引き取ってもらうんだから」とゴミや埃がついた状態のまま出す方が少なくありません……が、これは買取額を下げる原因になってしまうので注意しましょう。

ゴミや埃まみれのカメラは保存状態が悪く見えてしまうので評価がマイナスになってしまいますし、業者があらためて清掃しなければならないので買取額はそのコストを引いた分のお金を提示されることになります。

というわけで、事前にできるだけ掃除や手入れをしておくのがおすすめといえます。

ただし、無理にカメラの内部を清掃しようとするとかえって傷つけてしまい、余計に価値を下げてしまう可能性があるので注意です。あくまでもできる範囲で行いましょう。

普段から保管場所に気をつける

カメラは丈夫な機器ではありますが、内部の機構は繊細にできていますし、長らく悪い環境の中に放置していると経年劣化が早まってしまいます。

たとえば、直射日光を浴び続けるとか、高温の場所に放置するとか……。

あるいは、湿度が高い押入れの奥などに長期間放置したりしていると、見えないところで劣化が進んでしまい、本来の価値よりも下がってしまうことが考えられます。

カメラを保管する際は高温や多湿、直射日光などを避け、適切な環境に置いておくことを心がけましょう。

アンティーク品以外は新しいほうが高く売れる!

買取業者が買い取るさまざまな品目の中には、骨董品やある種の美術品のように「古ければ古いほど価値が高まる」というものがあります。

たとえば茶道具などは、歴史ある由緒正しい品のほうが高く売れる傾向にあります。

カメラの場合も、アンティーク的な価値を持つ古いフィルムカメラなどは、モノによっては最新のデジタルカメラなどよりも高い価値が付く場合があります。

しかし、そうでないカメラは年月が経過するとともにどんどん価値が下がってしまうので注意が必要です。

カメラは続々と新しい製品が出てくるので、ちょっと古くなってしまうと「時代遅れ=価値が低い」と見なされてしまう可能性があります。そのため、デジタルカメラなどは「売ろうかな」と思ったらできるだけ早く買取業者に連絡を取るのがおすすめです。

福ちゃんは付属品なしでも買取OKです!

いかがでしょうか。今回は、カメラの買取と付属品の有無を中心に、カメラを高く買い取ってもらうためのポイントについてまとめてみました。

あらためておさらいすると、カメラは「付属品なし」よりは箱を含む付属品が揃っている状態のほうがはるかに高値で売れる可能性があります。

将来的にカメラを売ろうかとお考えの方は、付属品を揃えてしっかり保管しておくことをおすすめします。

ちなみに今回の記事で、「箱なしのカメラは買取不可とする業者がある」という話を紹介しましたが、福ちゃんでは箱などの付属品がないカメラも査定することが可能です。

付属品ありの場合に比べると多少は査定額が下がる場合もありますが、しっかりと見させていただいて適正価格を提示いたします。ぜひ気軽にお申し付けください!

カメラの高価買取カメラの高価買取
使わないカメラの処分なら買取がオススメです!
キャンペーン開催中

30%UP対象商品:着物、食器、毛皮、骨董品、酒、カメラ、楽器、オモチャ・ホビー、レコード 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。
< 前の記事「カメラ買取」記事一覧次の記事 >

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。