鳳凰100円銀貨は国内初の100円銀貨!特徴や価値、他の100円銀貨も紹介

「鳳凰100円銀貨は価値が高いの?」
「鳳凰100円銀貨は高く売れる?」


など、鳳凰100円銀貨について知りたい方のために、特徴や現在の価値をまとめました。
その他の100円硬貨やなるべく高く買い取ってもらう方法も紹介しています。

鳳凰100円銀貨とは?

鳳凰100円銀貨は国内初の100円銀貨!特徴や価値、他の100円銀貨も紹介

  • ✔︎ 重さ:約4.8g
  • ✔︎ 品位:銀 約60/銅 約30/亜鉛 約10(%)
  • ✔︎ 直径:約22.6mm

鳳凰100円銀貨は日本で初めて作られた100円硬貨で、戦後初の銀貨としても注目されています。

当時の硬貨としては最高額面で、1975年の昭和32年から1976年の昭和33年まで約1年間発行されました。

表面は鳳凰の図と漢字で彫られた国名や額面があり、裏面は桜が旭日を囲んでいる図と発行年数、「100YEN」の文字が刻まれています。

鳳凰100円銀貨は現在も価値がある?

鳳凰100円銀貨は現在も価値がある?

鳳凰100円銀貨は、ネットオークションなどで売買されるなど、今も価値のある硬貨として取引されています。

しかし、発行期間が短いとはいえ発行枚数が多かったため、古銭としての価値は高くありません。

銀貨なので銀としての価値が見られ、現在の相場では1枚数百円とされています。

額面以上の価値はあるので、売却を検討するには十分でしょう。

⚠︎CAUTION!
上記の買取相場はあくまでも目安です。実際の買取価格は保管状態や市場の需給バランスなど、さまざまな要因で変動します。詳細は古銭買取業者にご確認ください。

鳳凰100円銀貨は今も使える?

鳳凰100円銀貨は今も使える?

鳳凰100円銀貨はすでに発行停止となっていますが、現在でも貨幣として使用することができます。

注意しなければならないのは、自動販売機や自動精算機などで使用する場合です。

そういった機械は現在流通している貨幣に合わせて製造されているため、一般的に流通していない貨幣は使用できない可能性が高いでしょう。

鳳凰100円は銀行に持って行くと現行の100円と交換可能なので、100円として使用する際は、銀行で現在のお金に両替してもらいましょう。

また、古銭としての価値は高くはなく、銀としての価値を評価される鳳凰100円銀貨ですが、現在も使用できる歴とした貨幣です。

鋳潰すなどの行為は「貨幣損傷等取締法」により罰せられる可能性があるため、注意しましょう。

参考:昔のお金は使えますか : 財務省
   硬貨に穴を開けても良いですか : 財務省

日本で作られた鳳凰100円銀貨以外の100円硬貨

日本で作られた鳳凰100円銀貨以外の100円硬貨

  • ✔︎ 稲100円銀貨
  • ✔︎ 東京オリンピック記念100円銀貨幣

日本で作られた100円銀貨は全部で3種類で、鳳凰100円銀貨の他に「稲100円銀貨」や「東京オリンピック記念100円銀貨幣」があります。

鳳凰100円銀貨以外の100円銀貨について見ていきましょう。

稲100円銀貨

稲100円銀貨

  • ✔︎ 重さ:約4.8g
  • ✔︎ 品位:銀 約60/銅 約30/亜鉛 約10(%)
  • ✔︎ 直径:約22.6mm

稲100円銀貨は、大きさや品位などは鳳凰100円銀貨と同じまま、デザインだけが変更された100円銀貨です。

表面は鳳凰から稲穂に取って代わり、裏面も桜や旭日の図ではなく、額面を表す「100」の文字などが刻印されています。

発行期間は1959年の昭和34年から1966年の昭和41年で、鳳凰100円と同じくらいの査定額と言われています。

稲100円銀貨について詳しくはこちら↓
まだ使える?稲穂デザインの旧100円玉「稲100円銀貨」紹介!価値ある年号等

東京オリンピック記念100円銀貨幣

東京オリンピック記念100円銀貨幣

  • ✔︎ 重さ:約4.8g
  • ✔︎ 品位:銀 約60/銅 約30/亜鉛 約10(%)
  • ✔︎ 直径:約22.6mm

東京オリンピック記念100円銀貨幣は、1964年10月10日にアジアで初めて開催された東京オリンピックを記念して作られた100円銀貨です。

鳳凰100円銀貨や稲100円銀貨と同じ大きさや品位で、デザインが東京オリンピック仕様に変更されました。

表面は五輪とオリンピック聖火、裏面は額面を表す「100」の他、「TOKYO」の文字などが刻印されています。

鳳凰100円銀貨や稲100円銀貨より高い査定額がつく傾向にありますが、大きな差はないでしょう。

現在の100円玉について

現在の100円玉について

  • ✔︎ 重さ:約4.8g
  • ✔︎ 品位:銅 約75/ニッケル 約25(%)
  • ✔︎ 直径:約22.6mm

改めて現在の日本で流通している100円玉を見てみましょう。

「100円白銅貨」と言われ、重さや大きさは鳳凰100円銀貨などを受け継ぎ、素材などが違うものになっています。

表面は国花でもある桜が中央にあり、裏面は額面「100」と発行年数という見慣れたデザインです。

1967年の昭和41年に発行が開始され、令和になってもその姿が引き継がれているため、額面通りの100円としてしか認識できませんが、実は額面以上の価値をもつ100円玉も存在します。

発行枚数が少なかった平成13年銘と14年銘は古銭業界で注目されており、未使用品などは額面以上の価値がつく可能性があります。

鳳凰100円銀貨を高く買い取ってもらう方法

鳳凰100円銀貨を高く買い取ってもらう方法

  • ✔︎ セットで売却
  • ✔︎ 銀相場が高い時期を狙って売却
  • ✔︎ 銀貨買取の実績が高い業者を選択

額面以上の価値がつく可能性がある鳳凰100円銀貨ですが、あまり高い査定額は期待できません。

少しでも高く買い取ってもらうためには、上記3つのポイントを押さえましょう。

鳳凰100円銀貨を複数枚持っていたり、他の古銭を持っていたりする場合は、まとめて売りに出しましょう。

単品よりもセットの方が1枚あたりの査定額が高くなる可能性があります。

また、鳳凰100円銀貨は銀としての価値を見られるため、銀相場が高い時期に売ると査定額が高くなるでしょう。

銀相場を調べ、売り時を検討してみてください。

売りに出す際は、銀貨買取の実績が高い業者を選ぶと失敗しません。

銀貨買取の実績が高い業者は、銀貨に精通した査定士がいる、独自の流通ルートを持っているなど、他業者にはない強みがあります。

業者の選定に注意すれば、損のない取引が可能となるでしょう。

福ちゃんの「鳳凰100円銀貨」買取実績はこちら↓
鳳凰100円銀貨買取なら福ちゃんへ!【銀貨買取】

鳳凰100円銀貨の査定は福ちゃんへ

鳳凰100円銀貨の査定は福ちゃんへ

鳳凰100円銀貨は国内初の100円硬貨で、1975年の昭和32年から発行が始まりました。

鋳造機関は約1年間でしたが、発行枚数が多いので古銭としての価値は高くなく、銀の価値が評価される硬貨です。

高く買い取ってもらうには、複数枚をまとめて売りに出したり、銀相場が高い時期を狙ったりなどが有効でしょう。

銀貨の買取実績が高い業者を選ぶのも重要なポイントです。

福ちゃんには、鳳凰100円銀貨を含む銀貨を買取った高い実績があります。

知識と経験が豊富なプロの査定士が査定し、日本だけでなく海外にも独自の販売ルートを持っています。

鳳凰100円銀貨の査定は福ちゃんにお任せください。

銀貨について詳しくはこちら↓
人気の銀貨一覧!今の値段や当時の価値、日本が製造した現在の注目銀貨も紹介

古銭・記念硬貨の高価買取古銭・記念硬貨の高価買取
古銭(記念硬貨)を高く売るなら福ちゃんにお任せください!
買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。
< 前の記事「古銭買取」記事一覧次の記事 >