ロマヌス3世のヒスタメノン金貨ノミスマの特徴や市場価値を解説

今回は「ビザンチン帝国」の「ロマヌス3世のヒスタメノン金貨ノミスマ」の特徴や詳細を紹介します。同金貨は1世紀以上前に発行された古銭のため、良い状態で現存している枚数が少ない金貨です。

ロマヌス3世のヒスタメノン金貨ノミスマとは

ロマヌス3世のヒスタメノン金貨ノミスマの特徴や市場価値を解説

ロマヌス3世のヒスタメノン金貨ノミスマとは、1028年から1034年にかけて「ビザンチン帝国」を統治した「ロマヌス3世」が発行した金貨です。

ビザンチン帝国は「ビザンツ帝国」と表記されることもありますが、基本的には「東ローマ帝国」を指しています。東ローマ帝国の首都である「コンスタンティノープル」が、もともと「ビザンティウム」という都市であったことにちなんで名付けられました。

福ちゃんコラムでも金貨が発行された時期によってこれらを分けて表記することもあります。また、歴史的文脈によっては微妙に異なる意味合いを持つこともありますが、基本的には同じ国家を指すものとして使われています。

ヒスタメノン金貨ノミスマについて

ヒスタメノン金貨ノミスマソリドゥス金貨は、ビザンチン帝国(東ローマ帝国)で使用された異なる種類の金貨です。それぞれの金貨は、異なる時代や文脈で使用されていました。

ソリドゥス金貨は、4世紀から11世紀にかけてビザンチン帝国で使用された主要な金貨です。

この金貨は、ローマ帝国の「コンスタンティヌス1世」が導入し、ビザンチン帝国に引き継がれました。ソリドゥス金貨は非常に純度の高い金で作られており、その品質と価値が一貫していたため、ビザンチン帝国だけでなく、ヨーロッパや中東で広く使われました。

※参考:ウァレンティニアヌス3世ソリドゥス金貨

ヒスタメノン金貨は、10世紀半ばから11世紀半ばにかけてビザンチン帝国で使用された金貨です。

この金貨は、ソリドゥス金貨が次第に重量が減少し、純度が低下したことを受けて導入されました。ヒスタメノン金貨は、ソリドゥス金貨よりもやや薄く、直径が大きいのが特徴です。

ノミスマは、ビザンチン帝国の金貨全般を指す言葉です。この言葉は、ソリドゥス金貨やヒスタメノン金貨など、さまざまな種類のビザンチン帝国の金貨に対して使用されます。

これらの金貨は、時代や文脈によって異なる特徴がありますが、いずれもビザンチン帝国の通貨システムにおいて重要な役割を果たしていました。

ロマヌス3世のヒスタメノン金貨ノミスマの特徴

ロマヌス3世のヒスタメノン金貨ノミスマの特徴や市場価値を解説

ロマヌス3世のヒスタメノン金貨の重量は約4.4g、直径が約24mmから26mmのものが多いです。ただし、鋳造から1000年以上が経過している古代金貨のため、現存している金貨のサイズや重量は一枚ごとに異なります。

表面デザインには、キリストの肖像が描かれています。キリストは座っていて、右手で祝福の印をし、左手には聖書を持っています。

これは、ビザンチン帝国の皇帝がキリスト教の守護者であることを象徴しており、キリストが描かれたデザインはビザンチン帝国の金貨において、よく見かけるデザインの一つとなっています。

裏面には、立った姿のロマヌス3世が聖母より戴冠される様子が描かれたデザインです。

ロマヌス3世のヒスタメノン金貨ノミスマの買取価格アップのコツ

ロマヌス3世のヒスタメノン金貨ノミスマの特徴や市場価値を解説

ここからは、ロマヌス3世のヒスタメノン金貨を買取業者に少しでも高く買い取ってもらうためのコツやポイントを紹介します。

金貨状態の良さ

ロマヌス3世が描かれた金貨は発行から1000年以上が経過している古代アンティークコインの部類に入る金貨のため、保存状態が価値に大きく影響します。

コインへの擦れや傷が少なく、デザインや細部がはっきりと見える金貨は、コレクターや専門家にとって魅力的であり、買取価格も高くなる傾向にあります。そのため、高く買い取ってもらうには日頃から金貨を適切に保存し、取り扱いに注意することが重要です。

古代の価値ある金貨は古銭買取に力を入れている専門業者を利用する

ロマヌス3世ヒスタメノン金貨などの古代金貨は、古銭買取に力を入れている「福ちゃん」のような専門業者に査定を依頼しましょう。

古い金貨の価値を正確に見極めるためには専門知識が必要になります。古銭買取に力を入れている専門業者では、経験豊富な査定士が在籍しているケースが多く、地金価値だけでなく希少性や市場需給バランスなども考慮した上での査定が可能です。

また、1000年以上前の金貨の場合では、デザインや刻印が擦れて見づらくなっていることがあります。「価値ある金貨なのに安く手放してしまった」といったことがないように、買取業者は慎重に選ぶようにしましょう。

まとめ

ロマヌス3世のヒスタメノン金貨ノミスマの特徴や市場価値を解説

ロマヌス3世ヒスタメノン金貨のような古代金貨には、その時代の政治、経済、文化を反映しており、歴史的な価値があります。また、金貨に刻まれた肖像やシンボルから、当時の社会や人々の信仰、価値観を知ることができることからロマンを感じるコインコレクターも多いです。

さらに、鋳造から1000年以上が経過しているような金貨は、時間の経過や歴史的な出来事によって失われたり、損傷したりすることが多いため、良い状態で現存するものは非常に希少です。

一方で、良い状態で保たれているものは市場でも人気があり、高値で取引されることがあります。もしお手元にヒスタメノン金貨をお持ちの場合には、どのくらいの価値があるのか査定依頼して確認してみるのもいいのではないでしょうか。

古銭・記念硬貨の高価買取古銭・記念硬貨の高価買取
古銭(記念硬貨)を高く売るなら福ちゃんにお任せください!
買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。
< 前の記事「古銭買取」記事一覧次の記事 >