令和元年(2019年)通常プルーフ貨幣セット【銘版あり】の特徴や価値について解説

今回は2019年に発売された「令和元年銘通常プルーフ貨幣セット」の詳細や特徴について紹介します。また、「年銘板」の有無や古銭市場における価値(買取価格)も解説していますので、プルーフ貨幣を高く売りたいとお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

今すぐ「令和元年銘の通常プルーフ貨幣セット」を買取依頼してみる

令和元年(2019年)通常プルーフ貨幣セットとは

令和元年(2019年)通常プルーフ貨幣セット【銘版あり】の特徴や価値について解説

令和元年(2019年)通常プルーフ貨幣セット」は、2019年に造幣局より発売された通常プルーフセットのうち、「令和元年銘」の通常プルーフ貨幣セットにあたるものです。

この通常プルーフ貨幣セットは昭和62年から毎年発売されている貨幣セットで、1円から500円の硬貨がすべてプルーフ貨幣となっているのが最大の特徴です。

コレクションに最適なコインセットとして、収集家からの人気も高いシリーズになっています。

令和元年(2019年)通常プルーフ貨幣セットの特徴や詳細

令和元年(2019年)通常プルーフ貨幣セット【銘版あり】の特徴や価値について解説

令和元年銘の通常プルーフ貨幣セットでは、それぞれ「年銘板有」と「年銘板無」が発行されています。

年銘板は製造年が記されている銅製メダルで、「年銘板有」ではケースの中央部分に年銘板のメダルが付属しているタイプを指します。

▼「令和元年(2019年)通常プルーフ貨幣セット」の詳細
・年銘板:有りと無し
・発行年:令和元年銘(2019年)
・額面合計:666円
・発行数:年銘板有り30,000、年銘板無し5,000

2019年の通常プルーフ貨幣セットには「平成31年銘」と「令和元年銘」がある

令和元年(2019年)通常プルーフ貨幣セット【銘版あり】の特徴や価値について解説

2019年は元号が変わった年であるため、通常プルーフ貨幣セットでも「平成31年銘」と「令和元年銘」の両方が発売されています。

つまり、2019年の通常プルーフ貨幣セットは「平成31年銘の年銘板有と年銘板無」「令和元年銘の年銘板有と年銘板無」の合計4種類がある状態です。

▼平成31年銘の発行数
・年銘板有り:50,000セット
・年銘板無し:10,000セット

▼令和元年銘の発行数
・年銘板有り:30,000セット
・年銘板無し:5,000セット

なお、昭和から平成に元号が変わった年のプルーフ貨幣セットを振り返ると、平成元年銘は発売されたものの昭和64年銘は発売されていません。

一年の中で複数元号が混在した状態で通常プルーフ貨幣セットが発行されたのは、これが初めてとなります。

令和元年銘通常プルーフ貨幣セットの価値と買取でよくある質問

令和元年(2019年)通常プルーフ貨幣セット【銘版あり】の特徴や価値について解説

令和元年銘通常プルーフ貨幣セットの購入は、販売予定数に対しての申込み数が多かったため抽選による販売でした。

造幣局の公式発表数値によると、

・令和元年銘(年銘板有り)の当選倍率が5.0倍
・令和元年銘(年銘板無し)の当選倍率は10.5倍

と、非常に高倍率だったことがわかります。

また、2019年発売のプルーフ貨幣セットでも、平成31年銘よりも令和元年銘のプルーフ貨幣セットの方が、古銭買取市場でも高値で取引されている傾向です。

これらを踏まえ、ここからは実際に査定に出して高く売るための重要なポイントを紹介します。

古銭買取価格を少しでもアップさせるために大切なこと

・古銭の状態は良好に保たれているかどうか
・付属品はそろっているかどうか
・プルーフ貨幣をしっかりと評価してくれる買取業者を選ぶ(福ちゃん)

プルーフ貨幣セットはコレクション用に発売されていることもあり、見た目の美しさが保たれているかどうかは非常に大切です。

硬貨に傷があったりケースに破損があったりすると価値を下げてしまうため、保管時には良好な状態を保てるように心がけましょう。

また、プルーフ貨幣セットを買取に出す際には、付属品の有無も査定額に影響を及ぼします。

令和元年銘通常プルーフ貨幣セットは特製の革ケースに入った状態で販売されています。そのため、買取価格をアップさせるためには査定時にこれらの付属品も一緒に出しましょう。

そして、古銭を高く売るために欠かせないのが買取業者選びです。

古銭買取業者は多く、どこを選べかいいか判断に迷うことも多いのではないでしょうか。そこで、買取業者を選ぶ際のポイントとして、「買取実績はあるか」「古銭の知識豊富な査定士がいるか」「プルーフ貨幣買取に力を入れているか」をチェックするのがオススメです。

2019年に発売された通常プルーフ貨幣セットは種類が豊富です。そのため、正確な価値の判断ができる古銭専門査定士のいる業者を選ぶようにしましょう。

買取福ちゃんでは、プルーフ貨幣を中心とした古銭買取に力を入れています。買取価値の高い古銭は高価買取いたしますので、ぜひ福ちゃんにご用命ください。

令和元年銘の通常プルーフ貨幣セットを持っています。買取金額はいくらになりますか?

プルーフ貨幣の査定は、硬貨や付属品の状態などによっても買取金額は変わってくるため、正確な買取金額の算出はお品物を拝見してからになります。

実物を査定に出す前に、ざっくりとした買取金額だけでも前もって知りたい」とお考えのお客様は、下記の簡易WEB査定をぜひご活用ください。

お手元にある「令和元年銘通常プルーフ貨幣セット」の簡易WEB査定を試してみる

買取福ちゃんでは査定や買取に関する手数料が無料ですので、これを機にお気軽にご相談ください。

令和元年銘通常プルーフ貨幣セット【銘版有り】の買取金額は「買取表」記載の値段で買い取ってもらえますか?

買取表の金額は一つの目安としてお考えください。プルーフ貨幣は硬貨の状態やケースの有無、査定に出す時期によって買取金額が異なります。

ただし、「令和元年銘通常プルーフ貨幣セット(銘版有り)」は、これまでに福ちゃんでも買取実績が多数あり、過去の事例をみるとプレミア価格がつきやすい傾向にあります。

同プルーフ貨幣セットの買取や査定をご希望の際は下記フォームよりご連絡ください。
買取依頼フォーム(査定無料)はこちら

まとめ

令和元年(2019年)通常プルーフ貨幣セット【銘版あり】の特徴や価値について解説

2019年は平成から令和に変わったことで、この年に発売された通常プルーフ貨幣セットはいくつもの種類が発行されました。その中でも「令和元年銘」は人気が高く、古銭買取でも高価買取が期待できる貨幣セットです。

また、令和元年銘通常プルーフ貨幣セットは歴代の通常プルーフ貨幣セットと比較しても、その価値は頭一つ抜きん出る存在となっています。

これらの古銭市場状況や希少性の側面からみても、令和元年銘のプルーフ貨幣セットは価値のある逸品だといえるでしょう。

古銭・記念硬貨の高価買取古銭・記念硬貨の高価買取
古銭(記念硬貨)を高く売るなら福ちゃんにお任せください!
キャンペーン開催中

期間中にお申込みをいただいた方が対象 買取金額10,000円以上で5%UP、20,000円以上で10%UP 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
< 前の記事「古銭買取」記事一覧次の記事 >

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)