マイセンイヤープレートの魅力!人気の干支プレートとは

イヤープレートは、クリスマスから年末にかけて高級洋食器ブランドが展開する人気アイテムです。
中でも、マイセンのイヤープレートはコレクターが多いことで知られています。

干支プレートを毎年楽しみにしている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、当記事では、マイセンのイヤープレートの魅力を余すことなくご紹介していきます。
2024年のイヤープレート干支プレートについても解説していますので、マイセンがお好きな方はぜひ楽しんでください。

マイセンのイヤープレートとは

マイセンのイヤープレートとは

マイセンのイヤープレートは、クリスマスプレートとして1910年から製作が始まりました。

そもそもイヤープレートとは、その年の年号が記された絵皿のことで、主にインテリアや記念品、プレゼントとして使用されています。

マイセンのイヤープレートは、毎年美しいデザインを楽しめるのが特徴です。

また、作られた年代によって特色があり、初期のクリスマスをテーマにしたものから次第に、童話をモチーフにしたものへと変わっていきます。

1990年代からは周期ごとにテーマを変えて展開されるようになり、さまざまなシリーズが登場しました。

マイセンのイヤープレートにみる変遷とシリーズ

前述の通り、マイセンのイヤープレートは、時代や絵付師によって特徴が異なるのが興味深いところです。

1940年代から1960年代までのイヤープレートは、聖書の教えやクリスマスのシーン、クリスマスシーズンの街などを描いたものが多く見られました。この時期は、第二次世界大戦後の復興期であり、人々の希望や平和への願いが込められたデザインが多い傾向です。

1970年代は、ハイツ・ヴェルナーやフォルクマール・ブレッチュナイダーといった、現代的な絵付師によるイヤープレートが登場します。童話や物語のワンシーンを表現した内容が多く、小さなプレートに大胆にデザインされた世界観が特徴です。

この物語をテーマにしたイヤープレートは1991年ころまで続き、ピノキオや星の王子さま、ブレーメンの音楽隊など、メルヘンチックな絵柄が特徴です。

マイセンのイヤープレートがシリーズ化

1992年からはマイセンのイヤープレートが周期ごとにシリーズ化され、以下のような展開がされています。

● 1992~1997年 グローサー・アウスシュニットシリーズ
● 1998~2003年 空と海の冒険シリーズ
● 2004~2009年 オペレッタシリーズ
● 2010~2015年 世界遺産シリーズ
● 2016~2021年 世界自然遺産シリーズ

2022年からは、ドイツの名所旧跡シリーズを展開しています。

2022年ローテンブルク、2023年ハイデルベルクに続き、2024年はドレスデン(ツヴィンガー宮殿)が描かれたイヤープレートです。

マイセンのイヤープレートの魅力

マイセンのイヤープレートの魅力

マイセンのイヤープレートは、毎年多くの方が楽しみにしている人気アイテムです。

なぜ、マイセンのイヤープレートに魅力を感じる方が多いのでしょうか。

以下のポイントに、魅力を感じている方がほとんどのようです。

● 絵付師による手描き
● マイセンの青で統一されている
● 幻想的でいて写実的
● シリーズ化されている

など、多くの魅力が挙げられます。

とくに、マイセンの美しいブルーは人気が高いポイントといえるでしょう。

年代によって絵柄の雰囲気やテーマも異なりますが、ブルーの濃淡で描かれているのが特徴です。そのため、年代が離れたイヤープレートを並べても統一感があり、雰囲気の違いも違和感なく楽しめます。

また、イヤープレートの絵柄がシリーズ化されたのも魅力の1つです。シリーズがすべてそろったときの喜びや、好みのシリーズをコレクションする楽しみもたまらないでしょう。

マイセンの干支プレートとは

マイセンの干支プレートとは

マイセンの干支プレートとは、その年の干支が描かれたプレートのことです。日本のために開発された特別なイヤープレートで、1998年から始まりました。

マイセンの干支プレートにおける最初の干支は、寅(トラ)です。ハイツ・ヴェルナーが手がけ、トラがバイオリンを弾いている姿がメルヘンチック、かつユーモラスに描かれています。

ハイツ・ヴェルナーによる干支プレートは2009年まで続き、2010年からアンドレアス・ヘルテンに変わりました。

2024年の干支プレート

2024年におけるマイセンの干支プレートには、辰年の龍が描かれています。

2022年から干支プレートを手がける、エルケ・ダンネンベルクによる雲に乗った龍の絵柄です。古典的な雰囲気が魅力的で、ブルーを背景にホワイトとゴールドで表現されています。

マイセンのイヤープレートは売却できる?

マイセンのイヤープレートは売却できる?

マイセンのイヤープレートは、その美しいデザインと希少価値から、コレクションやプレゼントに最適なアイテムです。コレクションとして、自分や家族など大切な方の生まれた年や、特定の年代を探している方が多く、古いイヤープレートも意外と人気があります。

上記の理由から、マイセンのイヤープレートは、新しいものも古いものも売却できることが多いアイテムです。もし、お手元にマイセンのイヤープレートや干支プレートがある場合は、売却を検討してみてはいかがでしょうか。

マイセンのイヤープレートや干支プレートを売却する場合は、実績や信頼のある業者に査定してもらうのが安心です。

福ちゃんはマイセンの買取実績が豊富で、経験豊富な査定士も在籍しております。

また、無料で査定を行っておりますので、お気軽に何点でも査定にお出しいただくことが可能です。終活や遺品整理など、大量のブランド食器を処分される必要がある場合でも、お気軽にご相談ください。

ご自宅の近くに福ちゃんの店舗がない方は、出張買取と宅配買取の選択肢もございます。詳細は、下記の買取申込フォーム、もしくはフリーダイヤルよりお気軽にお問い合わせくださいませ。

今すぐお品物についてお問合わせる

お電話受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始は除く)

食器の高価買取食器の高価買取
使わないブランド食器の処分なら買取がオススメです!
キャンペーン開催中

30%UP対象商品:着物、食器、毛皮、骨董品、酒、カメラ、楽器、オモチャ・ホビー、レコード 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。
< 前の記事「食器買取」記事一覧次の記事 >