【陶器製の食器】の特徴とは?

食器にはブランド食器、洋食器、和食器、アンティーク食器などもあれば、セラミック、シルバー、ガラスなど、様々な素材が使われた食器も存在します。
今回はその中でも、ご家庭でも馴染み深い陶器製の食器についてクローズアップしました!

陶器製の食器とは?

陶器製の食器と聞いてすぐに思い浮かべる方は少ないかもしれません。
陶器(とうき)とはかんたんに言うと、「土でできている器」のことです。
つまり陶器製の食器とは、ざっくり言うと「土でできた食器」のことになります。
正確には「原材料に粘土」が使われた食器のことで、陶器の食器は和食器が多いですね。
そんな陶器製の食器の特徴について、下記で順に追ってみたいと思います。

陶器製食器の特徴

陶器の食器には和食器が多いことがわかりましたが、陶器製食器にはどのような特徴があるかご存知でしょうか?ここでは代表的な特徴について触れていきます!

吸水性が高い

陶器は緻密性が低く細かい穴がたくさん空いているので、吸水性が抜群です。
そのため陶器製の食器に、醤油などの色が付いた液体を最初に入れてしまうと色が付いてしまう恐れがあるので、使用前に水で軽く洗うなどひと手間が必要になります。

保温性・耐熱性に優れている

陶器は熱しにくく冷めにくい事に加え、熱にも強いという特徴を持っています。
温まるまで時間はかかりますが、その後は冷めにくいといった特徴があります。
これも陶器の多孔質が影響しており、陶器の中に閉じ込められた空気の粒が断熱材の働きをして保温性を高めてくれるからです。

電子レンジとオーブンの使用には弱い

電子レンジやオーブン対応可と表示されているものを除いて、粘土が原料でいわゆる「土もの」と呼ばれる陶器は強度があまりありません。急激な温度変化を伴う電子レンジやオーブンを繰り返し使うとひびが入ってしまう恐れがあるため、使用は控えた方が良いとされています。金や銀の付いたものは電子に入れるとスパークするため利用できません。

陶器製の食器は売れます

陶器製の食器の特徴についてクローズアップしてみましたが、いかがだったでしょうか。
陶器製の食器には和食器が多いですが、食器買取の福ちゃんでは和食を幅広く買取しています。
有田焼・九谷焼・伊万里焼、備前焼、信濃焼、荻焼などの和食器は特に高価買取中です。
この機会にぜひ、陶器製の食器をお売りください!

食器の高価買取食器の高価買取使わないブランド食器の処分なら買取がオススメです!
キャンペーン開催中

30%UP対象商品:着物、食器、毛皮、骨董品、酒、カメラ、楽器、オモチャ・ホビー、レコード 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。
< 前の記事「食器買取」記事一覧次の記事 >

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。