「金貨の価値」や「買取価格」の考え方をご紹介します

古くから世界各地で流通する金貨。
金貨にはどのような価値があって、どのように買取価格が決まるのかをギモンに感じたことはありませんか?今回の記念硬貨買取コラムでは、「金貨の価値」や「買取価格」の考え方をご紹介します!

金貨の価値

金貨は古くから世界各地で流通しており、日本で最初の金貨と言えば、天平宝字4年(760年)に発行された「開基勝宝(かいきしょうほう)」と呼ばれる金貨が有名です。
純粋な金は硬貨として使用するには柔らかすぎるため、通常は銀や銅、他の金属との合金が用いられます。金貨には「通貨型金貨」「地金型金貨」「収集型金貨」があり、収集家のようにコレクションを目的にした方もいれば、金相場の変動を利用して儲ける投資目的の対象として保有する方もいます。金の相場が以前よりも上昇していることから、金貨は人気があります。

「金貨の価値」は様々ですが、発行枚数が少ないものや未使用品は価値があります。
日本国内の金貨は古いほど価値があり、江戸時代以前の大判・小判などは本物であれば高額査定も珍しくありません。近年の金貨は発行枚数が少ないものに若干のプレミアが付く程度で、ほとんどの金貨は、その日の金買取相場の価格で取引されます。

金貨の買取価格の考え方

金貨の価値などを含めて金貨の買取価格は決まります。
金貨の状態以外にも、「重量」「コレクター価値」「額面」といった要因も含めて金貨の買取価格はつきます。以下では、その要因について触れてみたいと思います。

金貨の重量で価値が決まる

金貨は素材が「金」ですので、「重量×金相場」で買取価格を算出する事も可能です。
メイプルリーフ金貨、ウイーンハーモニー金貨、バッファロー金貨などがそうですね。
金貨の重量には基本的にoz(オンス)という単位が用いられ、例えば24金の金貨の場合は「1oz=31.1g」として計算されます。

コレクター価値もある金貨が存在する

コレクター価値を加味すると単純に「重量×金相場」よりも、高い価値が付く場合があります。珍しい金貨はそういったコレクター価値が高くなりやすく、希少価値にプレミアがつくため高価買取のチャンスも生まれます。発行枚数が少ない、古くても状態が良い、コインのデザインが毎年変わるなどコレクターが集めたくなるような金貨には、そんな価値が付くものもあります。

額面で金貨の価値が決まる場合もある

10万円金貨など、単純に額面で価値が決まるような金貨もあります。
代表的な例であげると、「昭和天皇御在位60年記念10万円金貨」がそれに当てはまります。
こちらの金貨は重量が20gで、金の買取相場で計算すると、額面の10万円を下回る価値しかありません。更にコレクター価値が付くことも少なく、10万円以上で取引される事例も少ない金貨です。金相場で取引するよりも、単純に額面通りの金額で銀行で換金するのが良い金貨です。このように金貨の価値が、額面で決まるようなものあります。

金貨の価値の決まり方

金貨の価値は上記で述べたように、「重量」「コレクター価値」「額面」で決まる場合が多いです。金貨の価値が高ければ当然、金の買取価格も高くなります。金の買取相場が以前よりも上がっていることもあり、最近では金貨を売りに出す人も増えています。
金貨買取の福ちゃんでは、ここまで述べたような考え方を基に、金貨の価値を見極め日々お買取させていただいております。お持ちの金貨の詳しい価値をお調べするには、金貨の保存状態など実際に拝見する必要があります。福ちゃんでは金貨の査定料は完全無料ですので、この機会にお気軽にお問い合わせ・査定の依頼をいただければ幸いです。

古銭・記念硬貨の高価買取古銭・記念硬貨の高価買取あの記念硬貨の今の価格は??価値が下がる前に買取査定!
< 前の記事「古銭買取」記事一覧次の記事 >
まずはご相談
0120-947-295

受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

QRコードからスマホへ
  • スマホサイトを見る
  • スマホから画像を送る
中尾彬さん・池波志乃さんインタビュー

INDEX

トップへ戻る