プライバシーマーク

ラビットの毛皮買取なら福ちゃんへ。
コートだけでなくマフラーなどの小物もしっかりと査定します!

ラビット買取
 

ラビット買取なら福ちゃんへ

自慢は高額査定、
福ちゃんで心を満たすお取引を

ラビットは兎のから作られる毛皮で、毛色も多く様々なアイテムに使用されています。
生産量が多い事からその他の高級毛皮に比べると買取価格はそれほど高額ではありませんが、有名ハイブランドのコートなどであればブランド価値なども考慮した価格でお買取させていただきます。
ラビットのご売却をお考えのお客様は一度福ちゃんにご相談ください。

買取実例

ラビットの買取に
自信あり!買取実例をご紹介します

ラビット コート
福岡県
出張買取
ラビット
ダウンコート
ラビット コート
兵庫県
出張買取
ラビット
ハーフコート
ラビット コート
広島県
出張買取
ラビット
バーバリー ロングコート
ラビット コート
東京都
出張買取
ラビット
アルマーニ ロングコート
ラビット コート
東京都
出張買取
ラビット
セオリー ロングコート
ラビット コート
岩手県
宅配買取
ラビット
ハーフコート

お客様の声

ご利用いただいたお客様から
お喜びの声が届いております

  • いい意味でたくさん驚かされました

    お客様の声1
    ラビット

    査定メールの返信の速さにビックリ!
    捨てようと思っていたものに値段がついたのでこれまた二重にビックリ!
    また利用したいと思います。その時はよろしくお願いします。

    査定士より

    ラビットファーのロングコートをお買取りしました。全体にラビットファー、袖や裾のポイント部分にはフォックスファーがトリミングされているロングコートでした。普段使いでよく着用されたそうですが状態は良かったのでしっかりとお値段を付けさせていただきました。

    査定員
  • 十分な価格で買取してもらえました

    お客様の声2
    ラビット

    メール査定時より、実際の買取価格は下がる可能性があると言われたのですが、殆ど変わらなくて良かったです。
    また機会があれば福ちゃんを利用しますので、その時は宜しくお願いいたします。

    査定士より

    ラビットファーのメンズコートをお買取りしました。こちらはアルマーニのコートになります。シックなデザインで高級感があり状態もよく高価買取させていただきました!毛皮の高額査定はコンディションで左右されますので売却をお考えならお早めに査定されることをおすすめします!

    査定員
  • 宅配買取が思っていた以上に便利でした

    お客様の声3
    ラビット

    宅配買取を利用しましたが、手続きもややこしくなくて、入金までスムーズにいけました。
    買取価格はまずまずでしたが、そんなに高いアウターでもなかったので、こんなもんやと思ってます。

    査定士より

    ラビットとフォックスを使用したデザインのジャケットをお買取りしました。ホワイトカラーが美しいジャケットで、使用感や黄ばみなどもなく素晴らしいコンディションでした。この度は即決でご売却を決めてくださり誠にありがとうございました。

    査定員

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

福ちゃんにはこれまでに多くの
毛皮を買取してきた実績があります!

福ちゃんはマーケティングアナリストによる
的確な市場予想のもと
独自のグローバル流通ネットを通じて業界トップクラスの毛皮の買取価格を実現しています。

毛皮の種類別の買取実績

ラビットファー
とはどんな毛皮?

ラビットファー(Rabbit Fur)は直訳どおり「ウサギの毛皮」を指しています。
ウサギはペットとして、また食肉として人間社会と密接に関わっている動物ですが、その毛皮も古来、衣料品の素材として使用されてきた歴史があります。
ラビットファーを使用したジャケットやベスト、ストールなどの製品は毛並みが繊細で手ざわりがやわらかく、フォックスやムートンなどに比べるとソフトな印象を持っているのが大きな特徴です。
軽いわりに保温性が高いのもポイントで、見た目の優美さだけでなく実用性を兼ね備えているファーであるといえます。
そのほか、ラビットの中でも特に毛が長いアンゴラ種の場合、刈り取った毛をニット製品の素材とすることもあります。

ラビットファーの歴史

ラビットファーの歴史

ラビットファー(Rabbit Fur)は直訳どおり「ウサギの毛皮」を指しています。
ウサギはペットとして、人間社会と密接に関わっている動物ですがその毛皮も古来、衣料品の素材として使用されてきた歴史があります。
ラビットファーを使用したジャケットやベスト、ストールなどの製品は毛並みが繊細で手ざわりがやわらかく、フォックスやムートンなどに比べるとソフトな印象を持っているのが大きな特徴です。軽いわりに保温性が高いのもポイントで、見た目の優美さだけでなく実用性を兼ね備えているファーであるといえます。
そのほか、ラビットの中でも特に毛が長いアンゴラ種の場合、刈り取った毛をニット製品の素材とすることもあります。

○日本のラビットファー

日本では特に明治維新以降、1年を通じておおむね暖かい日本列島を出て世界に出ていく機会が増えたこともあって、さまざまな毛皮の生産に力が入れられるようになりました。
ラビットファーも、そのほかのさまざまな毛皮とともに富国強兵が推し進められていく中で大量生産されていくことになります。
世界最速を誇ったゼロ戦のパイロットたちが身にまとう防寒具の素材をもたらしてくれるのがラビットファーでした。当時は官民問わず盛んに飼育されていたようです。
そして戦後、現在に至るまで、ラビットファーは上記のようにさまざまなファッションアイテムを生み出す素材として活躍し続けています。

ラビットファーの価値とは?

ラビットファーの価値

毛皮の種類はさまざまですが、特にラビットファーは大量生産が可能であるということもあってミンクやセーブルなどに比べると買取価格も低めであるというのは否めませんが、もちろん品物によっては高い価値がつくこともあります。
たとえば、ラビットファーの中でも特に「レッキスラビット」や「チンチラウサギ」の毛皮は高級品の部類に入ります。ノーマルなラビットファーと比べて特に手ざわりが良く、きらめくようなつややかさを持っているのが、これらの毛皮の特徴です。
特に、レッキスラビットは品種改良を経て特別に飼育されているウサギであるということもあって、希少価値もあります。

ただし、ラビットファーは非常にデリケート。毛の密度が高いので互いにこすれ合って切れやすく、さらに経年劣化で抜けやすくなることもあって、状態にはかなりの差が出ます。
経年劣化によって毛が抜けてボリュームが失われているラビットファーのアイテムは、どうしても価値が下がってしまいがちです。
どちらかといえば、より新しくボリュームたっぷりのものがより高い価値を持つといえるでしょう。また、定期的にお手入れをして繊細な毛皮の品質が損なわれないようにすることも大切です。
特に埃は毛皮の傷みを助長するものなので、ブラッシングでお手入れをしましょう。ラビットファーの抜け毛を防ぎつつ埃を除くことができる、やわらかな馬の毛を使った専用のブラシもあります。「いずれはラビットファーのアイテムを買取専門店へ」とお考えの方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

ラビットの
種類・ブランド

ラビットの種類(カラー)

  • アンゴラ種

    アンゴラ種
  • レッキスラビット

    レッキスラビット
  • チンチラウサギ

    チンチラウサギ

「アンゴラ種」という毛糸や織物などに使用される毛足の長いウサギや 「レッキスラビット」という刺し毛が綿毛より退化していて肌触りがとてもフワフワな種類があります。
また、毛色の種類も多くそれぞれ、シロウサギ(白)チンチラウサギ(青味がかったグレー)ゴマウサギ(濃いグレー)クロウサギ(黒・ダークブラウン)などがあります。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~21:00 (年中無休)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

トップへ戻る