プライバシーマーク

買取価格をアップする毛皮の手入れと保管方法

手入れと保管で実現する毛皮の高価買取

毛皮の手入れと保管

毛皮製品は「皮の硬化」や「気抜け」などなど、様々な種類の劣化と隣り合わせであるため、大変劣化のしやすいお品物となっています。このページでは毛皮の劣化についてや簡単にできる手入れや保管方法をご紹介します。

毛皮買取においても毛皮の手入れと保管方法を改善するだけで毛皮の買取価格が大きく変わりますので、この機会に毛皮の手入れや保管にも気を配ってみてはいかがですか?

価値が下がってしまう毛皮の劣化とは?

  • 毛抜け

    毛抜け

    毛根を傷つけたり、細菌の繁殖などが原因として毛皮の毛が抜け落ちる。

  • 虫食い

    虫食い

    毛皮についた虫が産卵し、孵化した幼虫が毛を食べ、更に繁殖を繰り返し毛皮が劣化します。

  • 硬化・破れ

    硬化・破れ

    水濡れやなめし不良、過度なドライクリーニング等により皮が固くなり破けやすくなります

  • 変色

    変色

    粉塵の付着や染料の変化、紫外線により毛のたんぱく質が黄色の物質を生成し変色します。

  • 臭い

    臭い

    毛皮は元々独特な臭いがありますが、薬品残留臭、カビ繁殖で臭いが悪化します。

  • 自然劣化

    自然劣化

    手入れ不足ですが、長期間しまいっぱなしにする事で前述のような状態が進行し劣化します。

毛皮の劣化に関する例をいくつか挙げさせていただきましたが、毛皮というものはきちんとした手入れ・保管を怠ると劣化が進行してしまうデリケートな品物です。毛皮が劣化してしまうとリペアにも費用が必要ですし、毛皮の買取価格も下がってしまうので注意しましょう。

簡単にできる
毛皮の手入れと保管方法

前述にも説明した通り、毛皮はデリケートなお品物ですので手入れ・保管はしっかりする事が価値を保つためにも大切です。簡単な毛皮の手入れと保管方法をご紹介しますので、参考にしてください。

毛皮のお手入れ

  • ほこりを取り除く

    毛皮はほこり等の粉塵が非常につきやすい為、一度の着用でも気づかないだけでかなりの量がつき、毛抜けや変色の原因となります。
    その為、着用後は毎回「軽く」叩いてほこりを落とすよう心がけましょう。
    ※きつくたたくと毛皮が痛みます

  • 「毛」部分の汚れを落とす

    毛皮の「毛」の部分に汚れがついている場合は「ぬるま湯で濡らしたタオル」を絞って「毛並みに沿って皮部分を濡らさないよう」に拭きあげましょう。
    拭いた後はクシ等で優しく毛並みを整えます。

  • 自然乾燥を陰干しで

    手入れ2を行った際には乾燥させなければなりません。その際に「風通しの良い日陰」で「広めのハンガーで型崩れを防ぎながら自然乾燥」で行いましょう。特に毛皮自体が熱に弱い為、温風ドライヤーや暖房器具の使用はご法度です!

※毛皮は汚れ以外にも過度な水気や摩擦によるスレにも弱く、タバコや香水等の臭いを吸収しやすいので、着用時には基本的に劣化しない様に周辺環境にも注意が必要です。ここで紹介しているのは基本的な毛皮の手入れ方法ですので、臭いや染みが取れない、雨でしばらく打たれたような場合は下手なことをせず迅速に専門家によるクリーニングへ出すことをおすすめします。

毛皮の保管方法

  • 長期保管の前にはクリーニングへ

    毛皮を長期間自宅で保管する際には、完全に汚れを取っておく事が非常に大切です。前述にもありますが、保管中に汚れが残っていると虫食いやカビの繁殖、色落ちなど自然劣化が進行してしまうからです。
    また、毛皮のクリーニングの際にはドライクリーニングではなく、専用のパウダークリーニングでお願いしましょう!

  • 保管場所もきちんと選びましょう

    毛皮は光や熱、ほこりに弱く、高い湿度のところでは虫害等の恐れもあり、更に毛皮の毛が圧迫されないようにする必要があります。
    その為、「通気性の良い暗冷のクローゼット」に「広めのハンガー」で「間隔を確保しカバーをかけて」保管しましょう。

  • 防虫剤もきちんと使用する

    毛皮製品でも問題なく衣類用の防虫剤は使用可能ですが、次の2点だけ注意が必要です。
    「1.防虫剤は直接毛皮に触れないようにする」「2.防虫剤の種類は極力統一する」です。
    除湿剤も使用可能ですが、直接毛皮に触れないように注意しましょう。

使用しない毛皮は買取の検討はあり?

現在、ほとんど使用していない毛皮をお持ちなのであれば買取を検討するのは非常に良い案だと思います。
ここまでざっと毛皮の手入れと保管方法についてご説明させていただきましたが、毛皮製品は手入れは必要ですし、保管するにも場所の確保や細心の注意が必要だからです。

ミンクやチンチラのコート、シャネルなどのブランド毛皮など価値の高い毛皮でもきちんと手入れ・保管をしなければ時間経過と共に価値も状態も劣化してしまいます。
福ちゃんでは毛皮の買取実績も豊富にございますので、毛皮買取について気になる事がございましたらまずはご相談のみからでもお気軽にお問い合わせください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

トップへ戻る