カメラレンズ買取の注意点とは?できるだけ高く売るためのポイントについて

今回のテーマは、「カメラレンズの買取」です。いろいろ切り替えてカメラに取り付けることで、撮った写真の仕上がりを多彩なものにすることができるカメラレンズ。写真愛好家の中には、カメラレンズを大量に保有しているという方が少なくありません。

しかし、人によっては「家にあるカメラレンズ売っちゃおうかな」とお考えの方もいらっしゃるはず。実は買ったものの使いこなせていないとか、人から譲られたけど使いこなせないので持て余しているとか、レンズを買い過ぎたのでいくつか売ってお金を作りたいとか……。

というわけで今回の記事では、カメラレンズをできるだけ高く売るための「高価買取のポイント」についてまとめてみたいと思います。また、普段からカメラレンズの状態を良好に保つための方法や注意点についてもまとめているので、売りたいカメラレンズがある方や、将来的に家にあるカメラレンズを売りたいとお考えの方は要チェックです!

カメラレンズの高価買取のポイント

カメラレンズ買取の注意点とできるだけ高く売るためのポイント

では、さっそくカメラレンズを買取業者に高く売るための基本的なポイントについてまとめてみたいと思います。カメラを買取に出すときは、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

キレイなカメラレンズは高く売れる!

これはカメラレンズに限った話ではなく、たとえばカメラ本体でもそうですが、キレイな状態が保たれたものは高価買取が実現する傾向にあります。

外観がキレイであるということは保存状態が良好であることを意味していますし、であれば中古市場に流したとしても高い需要が期待できます。というわけで、高く買い取られやすくなります。

逆にいえば、キレイな状態が保たれていないカメラレンズは、いかにモノが良かろうと値段が思ったほど上がらないということが考えられるので注意しましょう。

カメラレンズを買取に出すときは、できるだけキレイに手入れをするのがおすすめです。

ただし、無理に手入れをしようとしてレンズ本体にキズが付いたりすると本末転倒で、逆に値段が下がってしまうのでその点にも注意が必要です。

新しいレンズは高く売れる!

これまたカメラレンズだけでなく電化製品全般にいえることですが、古いものよりも新しいもののほうがより高い価値を持つ傾向にあります。

売ろうかな、でもまた使うかもしれないし……どうしよう」と迷っている方もいらっしゃるかと思いますが、そんな方は一度査定だけでも受けてみることをおすすめします。

そのときに業者が提示した査定額が、買取額のMAXです。あとは、年月が経過するにつれてどんどん価値が下がっていきます。そのことを考慮に入れて、「今のうちに思いきって売っちゃったほうが良い」と思ったら売ってしまったほうが良いといえるでしょう。

レンズ以外と一緒に出すと高く売れる!

買取業者に買取を依頼する際、あるひとつの品物だけを出すのではなく、複数の品物をまとめて出したほうが結果的に買取額が高くなるということがあります。

品物をひとつ買い取るよりも、「まとめ買い」のほうが高い値段をつけてくれる傾向にある業者が多いのです。

たとえば、カメラレンズだけでなくカメラ本体や三脚、その他のカメラグッズを一緒に査定してくれるようお願いすると、レンズひとつを買い取るより割高の査定額を出してくれたりします。

注意!カメラレンズを普段からきれいに保つには?

カメラレンズ買取の注意点とできるだけ高く売るためのポイント

さて、カメラレンズを高く売るためのポイントには、「キレイな状態で売る」ということが挙げられるわけですが、ここでは普段からカメラレンズの状態をキレイに保つためのコツや注意点についてまとめてみたいと思います。

買取に出すまでの間、どのような点に注意して扱えばいいのでしょうか。

購入時に保護フィルターを装着する

カメラレンズは、レンズの表面にキズが付いたりカビが生えたりしてしまうと価値が大幅に下がります。というわけで、普段からレンズの表面を保護するための措置を施しておく必要があります。

そこで使用できるのが、レンズ表面の上からかぶせることができるガラス製の保護フィルターです。

ガラス製なので、フィルターをつけたまま撮影を行うことが可能。埃や汚れもフィルターがブロックしてくれるので、レンズそのものはキレイな状態が保たれます。

結果的に、買取に出すときはキズひとつないレンズを業者に差し出すことができるでしょう。

保管場所に注意する

カメラレンズは、高温多湿の環境に弱いという性質があります。

温度が高い場所に放置しているとダメージを受けてしまうことが考えられますし、特に湿度が高いところに長らく放置しているとカビが生えてしまい、除去するのに苦労してしまうことがあります。

そこで、カメラレンズは高温多湿を避けてきちんとした環境下で保管するのがおすすめです。

カメラレンズの買取も福ちゃんにお任せください!

いかがでしょうか。今回はカメラレンズを買取に出すときに注意したいポイントや、カメラレンズを高く売るために普段から注意しておきたいポイントについてまとめてみました。

保護フィルターの装着や保管場所に注意してキレイな状態を保つ
古くなる前にいち早く売る
他のカメラグッズとまとめて売る

といった点が、特に押さえておきたいポイントといえます。

ちなみに、カメラレンズに関しては福ちゃんでも積極的に買取を行っています。弊社公式サイトではカメラレンズの豊富な買取実績も掲載しているので、ぜひあわせてご覧ください。

カメラの高価買取カメラの高価買取
使わないカメラの処分なら買取がオススメです!
キャンペーン開催中

30%UP対象商品:着物、食器、毛皮、骨董品、酒、カメラ、楽器、オモチャ・ホビー、レコード 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。
< 前の記事「カメラ買取」記事一覧次の記事 >