Canon EOS 90Dとは?特徴・価格まとめ

今回は、キヤノン(Canon)のデジタル一眼レフ『Canon EOS 90D』についてまとめています。

「中級~上級向け」という位置づけのカメラであり、初心者にはやや敷居が高いイメージがありますが、「これで初めて一眼レフにチャレンジしました」という方も少なくありません。

そんなCanon EOS 90Dについて、その特徴や価格をまとめていきたいと思います。

Canon EOS 90Dの特徴

Canon EOS 90Dの特徴

Canon EOS 90Dは2019年に発売されたデジタル一眼レフカメラです。

中上級向けのカメラという位置づけのカメラであり、画質や性能がハイレベルであるという特徴があります。

たとえば、搭載しているセンサーはAPS-CサイズのCMOSセンサー。約3,250万画素を誇り、遠くにある被写体も繊細に写真上に再現することが可能です。

また、幅広い被写体を確実に捕捉することができるオールクロス45点のAF(オートフォーカス)センサーを搭載しているので、被写体が大きく動く場合でもしっかりとピントを合わせることができます。

さらに、連写機能が優れているという特徴を持っている点も見逃せないところです。

上級モデルに匹敵するレベルの「約10コマ/秒」という性能を誇ります。これ以前の『Canon EOS 80D』の連写性能が最高で「約7コマ/秒」であったことを考えると、大きな進歩であるといえるでしょう。

Canon EOS 90Dの価格

Canon EOS 90Dの価格

Canon EOS 90Dは現在、カメラ専門店などで実物を見たうえで購入できるほか、通販で手に入れることも可能となっています。

最大手の通販サイトであるAmazon、楽天市場では以下のような価格で販売されています。

主要通販サイトの価格(税込)
  • ✔︎【Amazon】217,250円
  • ✔︎【楽天市場】217,250円
2022年10月現在

こうしてみるとなかなか高価なカメラであるわけですが、2022年10月現在では中古で購入することも可能です。

たとえば、Amazonでは15万円台からの取り扱いがあります。

2019年の発売からは数年が経過した現在でも需要が高いため、それほど大きく価格が下がっているわけではありませんが、より安価な製品をお探しの場合はチェックしてみることをおすすめします。

まとめ

今回は、キヤノンの『Canon EOS 90D』について取り上げましたが、いかがでしょうか。

中上級向けのデジタル一眼レフカメラであるCanon EOS 90Dは軽量化という点では初心者向けの「EOS Kiss」シリーズなどには及ばないものの、代わりにキヤノンならではの優れた性能をいかんなく発揮した製品となっています。特に、「高速連写」の機能に優れており、中上級向けという位置づけでありながら、上位モデルに匹敵するレベルを実現しています。

ぜひ参考にしてみてください。

カメラの高価買取カメラの高価買取
使わないカメラの処分なら買取がオススメです!
キャンペーン開催中

30%UP対象商品:着物、食器、毛皮、骨董品、酒、カメラ、楽器、オモチャ・ホビー、レコード 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。
< 前の記事「カメラ買取」記事一覧次の記事 >

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。