【 感染対策について 】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。
詳しくはこちらよりご確認ください。

ネックレスにサビや黒ずみが発生する原因とは?対処方法や予防方法も解説!

今回は、「ネックレスのサビや黒ずみ」をテーマにお送りします。
シルバーやゴールド、銅といった貴金属のネックレスが、サビのような変色を起こしている……そのような現象を目にしてガッカリしたことがある方、いらっしゃるのではないでしょうか。
「もうダメになっちゃったから」としまい込んでいる方もいるかも……?

しかし、実はそのネックレスのサビや黒ずみ、諦める必要はありません。
家庭にあるものや簡単に手に入るものを使ってしっかり落とし、もとのピカピカの状態に戻すことが可能です。

では、その具体的な方法とはどのようなものなのでしょうか?
また、そもそもネックレスなどの貴金属アクセサリーのサビや黒ずみは、どのようにして発生するのでしょうか?
そして、あらかじめサビや黒ずみが発生しないように予防する方法というのはあるのでしょうか?
この記事では、そのような気になるポイントをまとめてみました。

サビや黒ずみの原因とは?

ネックレスにサビや黒ずみが発生する原因としては、どんなことが挙げられるでしょうか。

代表的な原因として考えられることについてまとめてみました。

空気中の硫化水素で「硫化」すること

シルバーのネックレスが黒ずみを起こす原因として特に多いのは、「硫化」という現象が起こることです。

硫化とは、「硫化水素」という物質が表面に付着し、化学変化が起こることを指します。

硫化水素は主に硫黄に含まれている物質ですが、空気中にも微量ながら存在し、ネックレスに付着することがあります。さらに、私たちの皮膚にも微量の硫化水素があるので、身につけているだけで硫化による黒ずみのリスクがあるといえます。

とはいえ、シルバーのネックレスを身につけたからといって、すぐに硫化が引き起こされるというわけではありません。日頃から黒ずみを防ぐためのお手入れを欠かさずに行っていれば、発生を防ぐことができます。

汗が付着すること

人の汗は、ネックレスにダメージを与える原因になります。

汗に含まれる硫黄分が、すでに紹介したような「硫化」の原因になるほか、汗に含まれる塩分がダメージを与え、サビの原因になります。

さらに、皮脂がネックレスの細かい部分に入り込んでしまうと、それが原因で変色が起こったりすることがあります。

化粧品や香水、入浴剤の成分で変色すること

私たちが日常的に使用している化粧品、香水、またお風呂に入れる入浴剤の中には、ネックレスのサビや黒ずみの原因になる物質が含まれていることがあります。

・メイクをするときはネックレスをつけない
・香水が直接ネックレスにかからない(つかない)ようにする
・お風呂に入るときはネックレスを外す

といった注意が必要でしょう。

ネックレスのサビや黒ずみを落とす方法とは?

ここでは、ネックレスにサビや黒ずみが発生した場合、対処するための方法について解説します。

レモン汁・お酢につける

ネックレスにサビが発生してしまった場合は、レモン汁やお酢につけるというのが最も手っ取り早く、かつ確実性の高い方法であるといえます。

ボウルにレモン汁やお酢を垂らし、その中にネックレスを浸して5分ほど待つだけです。取り出して水ですすぎ、柔らかい布で拭き取ればサビは除去できていると思います。

炭酸水につける

こちらは、特にシルバーのネックレスの黒ずみに対して効果を発揮します。
特に、うっすらとした黒ずみ程度なら炭酸水にしばらくつけて取り出し、拭き取るだけでもしっかり除去することが可能である場合があります。

重曹+お湯につける

こちらも、シルバーのネックレスの黒ずみを落とすのに適した方法です。
やや濃い黒ずみが発生した場合も、重曹の洗浄パワーによって取り除くことが可能です。

まずは耐熱容器を用意し、アルミホイルを敷きます。
黒ずみを取りたいネックレスをその中に入れて、適量の重曹をまぶして入れます。

そのうえから、熱湯をかけます。

熱湯の温度が高ければその分だけ洗浄力が高くなりますが、やけどには注意しましょう。5分ほど置いたら、ネックレスを取り出して水ですすぎ、やわらかい布で拭き取ります。

これで、頑固な黒ずみも除去できていると思います。

そもそもサビや黒ずみを予防する方法とは?

上記のように、ネックレスに黒ずみやサビが発生した場合は適切な方法をとることでサビや黒ずみを除去することができます。

しかし、やはり「そもそもサビや黒ずみが発生しない」ということがあれば、それに越したことはありません。

実際に、日ごろのお手入れや保管に気をつけていれば、サビや黒ずみはある程度、防ぐことが可能です。

使用後はきれいな布で拭き取る

ネックレスを使用したあとは、表面に付着した汗や皮脂汚れ、また香水や化粧品の成分を除くために、きれいな柔らかい布で拭くことをおすすめします。

ゴシゴシと強くこするひつようはありません。そうするとかえってネックレスに微細なキズがついたり、コーティングが剥がれたりする原因になることがあるので、優しく拭き取りましょう。

家庭用の中性洗剤で洗う

汚れが気になる場合は、ぬるま湯を入れたボウルに家庭用の中性洗剤を垂らし、その中にネックレスをつけておくというお手入れ方法もおすすめです。

しばらくつけたあとに取り出して、水ですすいだ後できれいな布で拭き取り、しっかり乾燥させます。

そうすることで、ネックレスを使用することによって付着したサビや黒ずみの原因を除去し、変色しづらい状態を保つことができるでしょう。

密閉性の高い場所で保管する

ネックレスを保管する際は、なるべく空気に触れない密閉性の高い方法で保管することをおすすめします。

理想的なのは、ネックレスをひとつずつ個別にジップロックなどに入れておくこと。そのうえで、ジュエリーボックスで保管しておくのが最適な方法といえます。

また、湿気が多い場所ではネックレスにダメージを与える可能性があるので、押し入れの奥などにしまいこむのはやめましょう。

サビや黒ずみがひどいときはリフォームも検討しよう!

今回は、ネックレスにサビや黒ずみが発生する原因や対処方法、またそもそもサビや黒ずみが発生しないようにするための予防方法についてまとめてみましたが、いかがでしょうか。

実のところ、ネックレスにサビや黒ずみが発生する原因はさまざまです。

汗をかきやすい季節にお手入れもしないまま放置していたり、劣化が早まるような環境でネックレスを着け続けていたりするだけでサビや黒ずみの可能性があります。

しかし、今回ご紹介したように、ネックレスのサビや黒ずみを落とすことは決して難しくありません。ガッカリしちゃうこともあるかと思いますが、ぜひ落とせそうなサビや黒ずみだったら今回紹介した方法を参考に対処してみていただければと思います。

とはいえ、無理は禁物です。

無理にサビや黒ずみを落とそうとして、かえってキズをつけてしまったりしては元も子もありません。ネックレスの美しさが損なわれてしまいますし、価値も下がってしまいます。

というわけで、決して無理はせず、「自分では難しそう」という場合は専門業者のサービスを利用してリフォームをすることをおすすめします。

プロならではの技術を使って、キズひとつ付けずにピカピカに磨き上げてくれるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください!

金・貴金属の高価買取金・貴金属の高価買取
金・貴金属を売るなら買取福ちゃんへ!
買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
< 前の記事「金・貴金属買取」記事一覧次の記事 >

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。