知ってるようで知らない?ウイスキーの「飲み方」について

皆さんは普段、ウイスキーをどのように飲んでいますか?
ハイボールを勢いよく流し込んでのど越しを楽しむのがお好きでしょうか?
それとも、オン・ザ・ロックの氷がゆっくり溶けるのを眺めながら長い時間をかけて楽しむのがお好きですか?
あるいは、ウイスキーベースのカクテルがお好きでしょうか?

ひとくちに 「ウイスキーを飲む」 といっても、実はさまざまな飲み方があります。

今回の記事では、そんな「ウイスキーの飲み方」に焦点を当て、代表的な楽しみ方を紹介したいと思います。

ウイスキーそのものを味わう飲み方

ウイスキーそのものを味わう飲み方

まずは、ウイスキーならではの味わいをダイレクトに楽しめる飲み方を紹介します。

ウイスキー本来の風味をたっぷり味わいたい方は、要チェックです。

ストレート

いわゆる「生(き)のままで飲む」という飲み方で、グラスに他のものは何も入れず、ウイスキーのみを入れて飲む方法です。水や氷で緩和されることなく、ウイスキー本来の味わいを最もダイレクトに感じることができます。

しかし、ウイスキーはそもそもアルコール度数が40度以上あるので、ストレートで一気飲みをしたり、ジョッキになみなみと注いで早いピッチで飲むのはおすすめできません。

ウイスキーグラスに半分ほど注ぎ、ゆっくりと時間をかけて味わうのがコツです。

また、そばにチェイサー(水)を置いておき、交互に飲むと深酔いを防ぐことができます。

水割り

水割りは日本独自の飲み方で、文字通りウイスキーを水で割って飲む方法です。

ウイスキーの味わいはストレートに比べると薄れますが、悪酔いしにくくなります。

本来、日本人はアルコールにそれほど強くない遺伝子構造と言われているので、まさに“日本人に最適な飲み方”といえるでしょう。

割るときに使用する水は、硬水より軟水のほうが馴染みやすいのでおすすめです。

オン・ザ・ロック

ロックグラスにウイスキーを注ぎ、大きめの氷を入れて冷やしながら飲むという方法です。

氷が溶けていく様子を目で見たり、氷の溶け具合で変化する味を感じたりと、五感でウイスキーを楽しむことができます。

ハイボール

居酒屋などでおなじみのハイボールは、ウイスキーの炭酸割りです。

氷をたっぷり入れて冷やしたグラスにウイスキーを注ぎ、炭酸水を加えます。

このとき、ウイスキーと炭酸水を1:3くらいの割合にするのがコツといわれています。

無味の炭酸水を使用する方法の他に、炭酸入りのトニックウォーターなどを使って香りづけをして独特の味わいを楽しむという方法もあります。

ミスト

細かく砕いた氷をグラスに入れたうえでウイスキーを注ぐ飲み方です。

オン・ザ・ロックに比べると氷が溶けるのが早く、まろやかで冷たい口当たりを楽しめます。

夏におすすめの飲み方といえます。

「ミスト(霧)」という名前は、グラスの表面に水滴がついて霧のように見えることに由来します。

ウイスキーベースのカクテルを味わう

ウイスキーベースのカクテルを味わう

ウイスキー本来の味わいをダイレクトに楽しむ方法の他に、ウイスキーをカクテルのベースとして使う飲み方もあります。

ウイスキーの香りや風味を楽しみつつ、味に変化を出したいときにはカクテルを試してみるのがおすすめです。

マンハッタン

別名「カクテルの女王」と呼ばれるマンハッタンは、ウイスキーカクテルを代表する存在です。

ウイスキーと甘みのあるスイートベルモットがメインで、そこに奥深さとほろ苦さをもたらすアンゴスチュラビターズを1滴、垂らします。

スイートベルモットのハーブの香りとウイスキーの香りが絶妙に絡み合い、甘い口当たりとピリッとしたほろ苦さがアクセントになる人気カクテルです。

ニューヨーク

ニューヨークは、ニューヨークの美しい情景をイメージして作られたと言われています。

癖のないカナディアン・ウイスキーをベースに、ライムジュースとグレナデンシロップ、砂糖をシェイクし、さらにオレンジピールを絞ります。フレッシュな甘さと風味が特徴的な一品です。

ニューヨークから派生したカクテルで、バーボン・ウイスキーを用いて砂糖を省き、オン・ザ・ロックスタイルにする「ニューヨーカー」という楽しみ方もあります。

アイリッシュコーヒー

ここまで紹介してきたのは、ウイスキーの味をそのまま楽しむストレートにしろオン・ザ・ロックにしろ、あるいはマンハッタンやニューヨークといったカクテルにしろ、基本的には冷やして飲むものであるわけですが、ウイスキーは温めて飲んでも美味しいお酒です。

温めたウイスキーをストレートで飲む「ホットウイスキー」という飲み方もありますし、コーヒーにウイスキーを垂らすカクテル「アイリッシュコーヒー」もあります。

“アイリッシュ”というところからも分かるように、使用されるのはアイルランド産のアイリッシュ・ウイスキー。白ザラメとアイリッシュ・ウイスキー、そして熱いコーヒーを注ぎ、さらにホイップクリームをフロートさせて完成です。

アイリッシュ・ウイスキーは癖が少ないウイスキーであり、コーヒーの味や香りと絶妙にマッチします。

まとめ

いかがでしょうか。

ウイスキーの飲み方は、そのままグラスに注いで飲むシンプルな「ストレート」から、熱いコーヒーとともに作るカクテル「アイリッシュコーヒー」までさまざまです。

多様な飲み方があるということをひとつ取っても、実に奥が深いお酒であることがお分かりいただけるのではないかと思います。

ぜひ今回の記事を参考に、さまざまな楽しみ方を試してみてください!

お酒の高価買取お酒の高価買取
キャンペーン開催中

30%UP対象商品:着物、食器、毛皮、骨董品、酒、カメラ、楽器、オモチャ・ホビー、レコード 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料はいただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。
< 前の記事「お酒買取」記事一覧次の記事 >