プライバシーマーク

シャンパンの保存方法と賞味期限【古いシャンパンは飲めるか】

「古いシャンパンは飲めるのか」と気になりませんか?
買ってそのままだったり、プレゼントで頂いたりしてずっと保存したままの古いシャンパン。
あるいは、購入したばかりやもらったばかりで「どうやって保存すればいいんだろう」「シャンパンの賞味期限ってどれくらいあるんだろう」と、新しいシャンパンの取り扱いがわからない方もいらっしゃると思います。
シャンパンは非常にデリケートなお酒で、保存場所、温度、光の変化によってかんたんに風味が損なわれます。
今回の福ちゃんコラムでは、シャンパンをおいしく飲むための保存方法や、賞味期限に関してご紹介させていただきます。
知っておいて損はしない知識ですので、ぜひ最後までご覧ください。

シャンパンをおいしく飲むための保存方法

フランスのシャンパーニュ地方で作られるスパークリングワインのシャンパン。
品質保持のため、他の地方で生産されたスパークリングワインは「シャンパン」と名乗ることは違法とされています。妥協を許さない製法で作られるシャンパンは日本でも大人気で、結婚式やパーティーなど、フォーマルな場所で飲む機会も多いお酒ですね。

そんなシャンパンですが、デリケートなお酒であるワインよりもさらに繊細です。
保存場所、温度、光量などにより品質が左右されやすく、基本的に長期保存には向きません。
非常にデリケートなお酒で、保存状態によっては1年持たずに飲めないほど劣化することも。

ここでは、シャンパンをずっとおいしく飲むための保存方法についてご紹介します。

シャンパンが抜栓前の場合

シャンパンを開ける前の状態で望ましい保存方法としては以下の通りです。

  • ・ワインセラーでシャンパンを横に寝かせて保存する(コルクを乾燥させないため)。
  • ・ワインセラーが無き場合、冷蔵庫の野菜室で新聞紙にボトルを包んで保存する。
  • ・高温多湿・極端な低温は避けて保存する。最適な保存温度は12℃前後。
  • ・振動は避けるようにする(振動による品質劣化を防ぐため)。
  • ・匂いが強いものとシャンパンを一緒に保存しない。

1番のポイントとしては、「コルクを乾燥させない」ようにすることです。
コルクが乾燥すると空気が通るようになり、シャンパンの中身が「酸化」してしまいます。
さらに、コルクが抜きにくくなってしまうケースもあるので注意が必要です。
シャンパンを横にして気泡が入らないよう静かに寝かせ、冷暗所で保存するようにしましょう。

シャンパンが抜栓後の場合

シャンパンは基本的に、開封後の保存はききません。
その日のうちに飲みきることが基本です。

どうしても飲みきれなかった場合は、「シャンパンストッパー」や「シャンパンセーバー」できちんと栓をする必要があります。
その状態でも、2~3日程度が美味しく飲める限度ですので気を付けましょう。

ボトルに半分以上のシャンパンが残っていれば、炭酸は抜けにくくなります。

常温保存のシャンパンは腐る!?

シャンパンはアルコール度数が11%程度のものが多く、ビールよりもアルコールが高いお酒です。
そのため、シャンパンを常温で保存しても腐る心配はありません。
最善の方法はワインセラーによる保存ですが、直射日光が当たらない冷暗所に保存すれば、常温保存でも腐るようなことはありません。

シャンパンの賞味期限

「シャンパンの賞味期限ってどれくらい?」と気になっている方のためにお答えします。

結論から先にいうと、シャンパンに賞味期限はありません。
理由としては、アルコールが一定以上入っているシャンパンは腐敗しにくく「腐る」ことがないからです。シャンパンのラベルに「賞味期限」が記載されていないのも、このためです。

いくら腐らないとはいえ、未開封で適切な状態で保存した場合の話となります。
開封後については、上述したように早めに飲みきる必要がありますのでご注意ください。

古いシャンパンは飲めるのか?

「自宅に10年以上の前のシャンパンがあるけど飲めるのかなぁ?」
と疑問に思ったことはありませんか。

こちらも結論から先にお伝えすると、飲むことは可能です!
未開封で保存状態がしっかりしていれば、上述したようにシャンパンが腐ることはありません(実際に飲む際は、変な味がするなと思ったら絶対に飲まないようにしましょう)。

10年以上前、20年以上前のものでも、飲むことができるのがシャンパンの特徴です。
最高級シャンパンとして有名なドンペリ(正式名称は”ドン・ペリニヨン”)も、20年以上前のものが市場で流通し、「古酒」としての付加価値によって高値で売られています。

シャンパンにはグレードがある

シャンパンには飲み頃があり、おいしく飲める期間は「カーヴでの熟成期間と同じ」とされています。カーヴとはフランス語で「ワインの貯蔵庫」のことを指し、カーヴでの熟成期間によってグレードと飲み頃が変わります。

シャンパンのグレードは、下記の3つに分類できます。

  • ・ノンヴィンテージ(スタンダード)⇒熟成1-2年
  • ・ヴィンテージ(高級)⇒熟成3-5年
  • ・プレステージ(最高級)⇒熟成7-10年

カーヴでの熟成期間と同じ期間だけシャンパンはおいしく飲める=シャンパンの賞味期限は「熟成期間が目安」という考え方もあります。

  • ・ノンヴィンテージ⇒出荷後1-2年が飲み頃
  • ・ヴィンテージ⇒出荷後3-5年が飲み頃
  • ・プレステージ⇒出荷後7-10年が飲み頃

といった具合です(あくまでもこの期間は目安です)。

シャンパンは劣化しやすい

デリケートなシャンパンは未開封でも保存状態が悪いと、1年持たずに飲めないほど味が落ちてしまうこともあります。
味だけではなく、コルクの腐敗、変色、液漏れ、ガス抜け、異臭など、シャンパン自体は腐りにくいものの、とても劣化しやすいお酒です。

「シャンパンをおいしく飲む」という観点でいえば、賞味期限を意識するよりも、購入後は速やかに飲んでしまった方が良いといえますね。

シャンパン売却するなら「福ちゃんへ」

お酒買取福ちゃんでは、シャンパンの高価買取には自信があります!
「シャンパンを持ち歩くのはちょっと・・・」という場合でも大丈夫です。
お酒の買取経験豊富な査定士が、ご自宅まで無料で査定にお伺いします。
ヴィンテージやプレステージのシャンパンであれば、高額査定のチャンスです!
まずは福ちゃんまでお気軽にお問い合わせください。ご相談のみでも歓迎いたします。

お酒の高価買取お酒の高価買取
ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお申込みください

フリーダイヤルで
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

0120-947-295

写真で簡単査定はこちら

ご相談・買取申込・査定依頼など お気軽にお問い合わせください
今すぐお電話で
0120-947-295
受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)
< 前の記事「お酒買取」記事一覧次の記事 >