旭日50銭銀貨の買取相場!現在の価値や本物と偽物の違い、他50銭硬貨の種類も

「旭日50銭銀貨を売ったらどれくらいになる?」
「旭日50銭銀貨をを持っているけど本物かわからない」


という方のために、旭日50銭銀貨について見ていきましょう。今の価値、真贋の見極め方、その他の50銭硬貨などをまとめました。

また、違う額面の旭日銀貨やなるべく高く売るポイントもぜひ参考にしてください。

旭日50銭銀貨ってどんな貨幣?

旭日50銭銀貨ってどんな貨幣?

旭日50銭銀貨は、明治時代に1/2円という価値で流通していた貨幣です。

そんな旭日50銭銀貨の特徴や発行経緯を説明します。

特徴

  • ✔︎ 重さ:約10.1g
  • ✔︎ 品位:銀 約80/銅 約20(%)
  • ✔︎ 寸法:直径 約27.3/厚み 約1.7

旭日50銭銀貨は、表面の中央に「五十銭」と漢字で彫られており、その額面の周りを菊紋や桐枝、リボンが囲んでいます。

裏面は小桜に囲まれた旭日や「大日本」という文字、額面などが彫られているのがわかるでしょう。

これまで発行された銀貨には元首とも言われた竜図が採用されていましたが、旭日50銭銀貨以降は完全に使われなくなりました。

発行経緯

旭日50銭銀貨は、1906年の明治39年に貨幣法が改正された際に発行されました。

明治時代に入って4つ目に製造された50銭銀貨です。

当時の銀が値上がりしたことによって、旭日50銭銀貨の前に発行された竜50銭銀貨よりも軽くして鋳造されています。

第一次世界大戦が始まると、さらに銀が高騰し、銭潰しの可能性が出てきたため、約10年間の発行期間を経て発行停止となりました。

竜50銭銀貨について詳しくはこちら↓
竜50銭銀貨は価値が高い?重さや厚みなどのサイズや真贋の判断方法なども紹介

旭日50銭銀貨の買取相場

旭日50銭銀貨の買取相場

旭日50銭銀貨は、数百円から数千円で取引されることが多いでしょう。

発行枚数が多いと言われているため、旭日50銭銀貨以前に製造された旭日竜大型50銭銀貨などより、価値が低く見積もられる傾向にあります。

発行枚数が少ないのは大正初期に鋳造されたものですが、その時期のものでさえ大幅な値上げは期待できません。

しかし、未使用品のものは数万円の価格がつくこともあります。

旭日竜大型50銭銀貨について詳しくはこちら↓
旭日竜大型50銭銀貨!偽物の見分け方やその他50銭銀貨、50銭以外の旭日竜銀貨紹介

⚠︎CAUTION!
紹介している買取相場はあくまでも 目安 です。実際の買取価格は保管状態や市場の需給バランスなど、さまざまな要因で変動します。詳細は古銭買取業者にご確認ください。

旭日50銭銀貨の本物と偽物の違い

旭日50銭銀貨の本物と偽物の違い

  • ✔︎ 重さやサイズ
  • ✔︎ デザインの緻密さ

たくさんの偽物やレプリカが出回っている銀貨ですが、本物と偽物を見分けるためのポイントは、重さやサイズ、デザインです。

重さが1g以上違うものや直径、厚みに差が見られるものは、偽物の可能性があるでしょう。

また、デザインにも注目してください。

本物は緻密で深めの刻印ですが、偽物は稚拙で浅めの刻印であることがあります。

本物かどうかの判断は、本物に関する専門的知識が必要になる場合があるため、旭日50銭銀貨の買取実績がある買取業者に持っていくのが一番の方法です。

福ちゃんの「旭日50銭銀貨」買取実績はこちら↓
旭日50銭銀貨買取なら福ちゃんへ!【銀貨買取】

旭日50銭銀貨以降の50銭硬貨

旭日50銭銀貨以降の50銭硬貨

旭日50銭銀貨が鋳造停止となった後も、さまざまな50銭硬貨が製造されました。

そのなかから、コレクターにも注目されている3種類を紹介します。

八咫烏50銭銀貨

  • ✔︎ 重さ:約6.8g
  • ✔︎ 品位:銀 約80/銅 約20(%)
  • ✔︎ 直径:約24.8mm

銀の価格が高騰したことで、旭日50銭銀貨より量目を減らした銀貨が1918年の大正7年に製造されました。

それが「八咫烏50銭銀貨」で、国内初、デザインを一般公募にて決定した貨幣です。

表面には額面と鳳凰が2匹、裏面には旭日と八咫烏が彫られています。

一般公募ならではの個性的なデザインですが、銀の価格が高騰し続けたため、流通する前に鋳造停止となりました。

小型50銭銀貨(鳳凰50銭銀貨)

小型50銭銀貨(鳳凰50銭銀貨)

  • ✔︎ 重さ:約5.0g
  • ✔︎ 品位:銀 約72/銅 約28(%)
  • ✔︎ 直径:約23.5mm

銀の価格高騰が落ち着き始めた1922年の大正11年、「小型50銭銀貨」が発行されて銀貨が復活しました。

表面に刻印された額面「五十銭」を挟んで鳳凰が2羽向かい合っているデザインが特徴です。

裏面は旭日と桜、発行年数などが彫られています。

時代が移り変わり、年号が昭和となっても発行され続け、昭和13年が最後の年銘と言われています。

小型50銭銀貨(小型鳳凰50銭銀貨)について詳しくはこちら↓
小型50銭銀貨(鳳凰50銭銀貨)の価値!特年は昭和13年?その他50銭銀貨も

小型50銭黄銅貨

  • ✔︎ 重さ:約2.8g
  • ✔︎ 品位:銅 約60〜70/亜鉛 約30〜40(%)
  • ✔︎ 直径:約19mm

小型50銭黄銅貨は、1947年の昭和22年に発行された銅貨です。

戦後処理によるインフレーションなどで銀が不足していたため、この頃は貨幣に黄銅が使われるようになっていました。

表面は「五十銭」や菊紋、桜の枝が刻印され、裏面は「50」と数字で額面が彫られ、「日本国」と発行年数があり、現在の硬貨と少し似たデザインとなっています。

旭日50銭銀貨と同時期に発行された違う額面の銀貨

旭日50銭銀貨と同時期に発行された違う額面の銀貨

旭日50銭銀貨と同じ時期に製造された、他の額面の銀貨を紹介します。

どれも旭日50銭銀貨とほとんど同じ刻印がされており、額面部分だけが違うものです。

旭日20銭銀貨

旭日20銭銀貨

  • ✔︎ 重さ:約4.1g
  • ✔︎ 品位:銀 約80/銅 約20(%)
  • ✔︎ 直径:約20.3mm

旭日20銭銀貨は、当時1/5円の価値で流通していました。

旭日50銭銀貨や旭日10銭銀貨は大正に入ってもしばらく製造されていましたが、旭日20銭銀貨は1911年の明治44年で製造停止となっています。

20銭という額面が不便だったことが原因と考えられています。

旭日10銭銀貨

  • ✔︎ 重さ:約2.3g
  • ✔︎ 品位:銀 約72/銅 約28(%)
  • ✔︎ 直径:約17.6mm

旭日10銭銀貨は、1907年の明治40年から流通しましたが、それより前の1906年明治39年も発行されています。

その時は重さは約2.7g、品位は銅が約80%、銀が約20%でしたが、流通しなかったと言われています。

明治39年銘は見本様に数枚しか製造されておらず、現在は造幣博物館に展示されています。

旭日50銭銀貨の高額売却を狙うなら

旭日50銭銀貨の高額売却を狙うなら

  • ✔︎ 複数持っている場合はまとめて売る
  • ✔︎ ケース等付属品も一緒に売る
  • ✔︎ 銀貨の取引実績が高い買取業者を選択

旭日50銭銀貨は、状態がよく未使用品と査定されない限りは大きな買取額にはならないでしょう。

少しでも高額売却するには、上記3つがポイントです。

他にも古銭を持っている場合は、まとめて査定に出してみてください。

1枚ずつよりもセットの方が査定額が高くなる傾向にあります。

また、ケースや保証書など、付属品がある場合は一緒に査定に出しましょう。

付属品の価値がプラスになる可能性があります。

査定は、銀貨の買取実績が高い買取業者を選ぶと、損のない取引ができるでしょう。

旭日50銭銀貨の査定は福ちゃんへ

旭日50銭銀貨の査定は福ちゃんへ

旭日50銭銀貨は明治から大正にかけて発行された貨幣です。

旭日50銭銀貨より前に発行された50銭銀貨に比べると価値が低くなりますが、状態が極めて良好であれば高額査定の可能性もあります。

高額売却を狙うなら、複数の古銭をまとめて査定に出したり、付属品を一緒に売却したりなどしましょう。

銀貨の買取実績が高い買取業者を選択すれば、安く買い叩かれたり、価値を低く見積もられたりしにくくなります。

福ちゃんには、銀貨などの古銭に精通した査定士が在籍し、これまで多数の銀貨を買い取ってきました。

旭日50銭銀貨の査定は、福ちゃんにお任せください。

銀貨について詳しくはこちら↓
人気の銀貨一覧!今の値段や当時の価値、日本が製造した現在の注目銀貨も紹介

今すぐお品物についてお問合わせる

お電話受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始は除く)

古銭・記念硬貨の高価買取古銭・記念硬貨の高価買取
古銭(記念硬貨)を高く売るなら福ちゃんにお任せください!
キャンペーン開催中
【キャンペーン対象条件】
1. 期間中にお申込みいただいた方
2. ご訪問時に査定したお品物の査定額に対してご成約にいたった場合、下記条件に沿って買取金額アップ

① 買取金額の合計10,000円以上:当日の買取金額に対して5%UP

② 買取金額の合計20,000円以上:当日の買取金額に対して10%UP

店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外 他のキャンペーンとの併用は不可
買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料は
いただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。
< 前の記事「古銭買取」記事一覧次の記事 >

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)