世界5大ウイスキーとは?それぞれの特徴を解説!

皆さんは、「世界5大ウイスキー」をご存じでしょうか?
ウイスキーは現在、世界各国で製造されていますが、その中でも特に生産量が多く、さらに品質の高さという点で世界的に認められている5つの国と地域が存在します。

それらを合わせて「世界5大ウイスキー」と呼んでいるのです。

具体的には、「スコッチ・ウイスキー」「アイリッシュ・ウイスキー」「アメリカン・ウイスキー」「カナディアン・ウイスキー」そして「ジャパニーズ・ウイスキー」という5つの国と地域で作られるウイスキーが知られています。

今回の記事では、それぞれの特徴や歴史についてまとめてみたいと思います。

世界5大ウイスキー、それぞれの特徴

世界5大ウイスキーとは?それぞれの特徴を解説!

では、さっそく世界5大ウイスキーについて、それぞれの特徴を見てみましょう。

スコッチ・ウイスキー

イギリス北部に位置するスコットランドで生産されているウイスキーのことを、「スコッチ・ウイスキー」と呼びます。簡単に「スコッチ」とだけ呼ばれることもあります。

モルトウイスキーにグレーンウイスキーをブレンドしたブレンデッドウイスキーがメインであり、さらにピート(泥炭)を焚いて独特のスモーキーな風味をつけるというのが特徴として挙げられます

ちなみに、スコッチ・ウイスキーはジャパニーズ・ウイスキーのもとになったということもあり、日本のメーカーのウイスキーを飲み慣れている方なら親しみやすいというのもポイントです。

「これまで日本のウイスキーしか飲んだことがなかったけど、海外のにもチャレンジしてみたい」という方は、スコッチから始めてみてはいかがでしょうか。

アイリッシュ・ウイスキー

アイルランドで製造されるウイスキーを指します。

「ウイスキーの起源はスコットランドかアイルランドか」という論争が長らく続いているほど長い歴史を持つアイリッシュ・ウイスキーですが、その特徴としては口当たりがよく飲みやすいということが挙げられます。

その理由は、ピートを使っていないということ。

ピート(泥炭)は、スコッチ・ウイスキーの独特なスモーキーな香りを生み出すものですが、アイリッシュ・ウイスキーはこれを用いずにすっきりとした風味のある軽やかな仕上がりになるという特徴があります。

ピートの香りがないということで、その分だけ癖が少なく、ほかのものと合わせやすいというのもポイントです。

ウイスキーベースのカクテルの原料としてうってつけであるというのが特徴です。

また、濃いめの熱いコーヒーにアイリッシュ・ウイスキーを垂らしてカクテルする「アイリッシュ・コーヒー」は、コーヒーの味わいにまろやかなコクを加え、さらに体を芯から温めてくれるということで冬におすすめです。

アメリカン・ウイスキー

アメリカ合衆国では、さまざまな州でそれぞれの気候や風土の特色を活かしたアメリカン・ウイスキーが製造されています。

中でも特に有名なのは、ケンタッキー州を中心とした地域で作られているバーボンウイスキーでしょう。

バーボンは、モルト(大麦麦芽)を原料とするモルトウイスキーに、特産品であるトウモロコシを原料としたグレーンウイスキーをブレンドしたものであり、深い味わいとともにトウモロコシ由来のふんわりとした甘みが感じられるのが特徴です。

カナディアン・ウイスキー

カナダで作られるカナディアン・ウイスキーは、スコッチやアイリッシュ、アメリカンといった各地のウイスキーに比べるとライトな仕上がりで、ウイスキー初心者でも飲みやすいという特徴があります。

「できるだけ癖のないウイスキーを飲みたい」というときは、カナディアン・ウイスキーを試してみるのがおすすめといえるでしょう。

また、自己主張が激しすぎないので、どんな料理にも合うというのがポイント。美味しい食事とともに美味しいウイスキーを味わいたいという方にはおすすめです。

ジャパニーズ・ウイスキー

日本でウイスキーを初めて味わったのは、1853年、日本に来航したアメリカ合衆国のマシュー・ペリー提督が率いる黒船艦隊の応対にあたった侍たちでした。ペリーは、艦隊の旗艦であるサスケハナ号に侍たちを招き、自慢のアメリカン・ウイスキーがふるまわれたのです。

そのときに侍たちがどんな感想を持ったのかは伝わっていませんが、少なくともウイスキーは好意的に受け入れられたようで、明治時代の初めには海外から積極的にウイスキーが輸入されるようになりました。

そして明治・大正にかけて国産のウイスキーを製造するべく研究開発が進められ、スコットランドに派遣された竹鶴政孝が持ち帰った技術をもとにジャパニーズ・ウイスキーが生み出されました。

現在、ジャパニーズ・ウイスキーは世界的に高く評価されており、国際的な品評会や博覧会などで最高賞を獲得することも多く、高い価値を誇ります。

まとめ

いかがでしょうか。

現在、スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、そして日本で作られるウイスキーは「世界5大ウイスキー」と名づけられ、世界的に高い評価を得ています。

特に日本人としてはジャパニーズ・ウイスキーが気になるところだと思いますが、欧米のウイスキーファンたちをもうならせる名品を数多く生み出しており、投資目的で購入されるほど高い価値を誇っています。

なお、世界5大ウイスキーをはじめさまざまな国のウイスキーを飲み比べできるウイスキー専門のバーなどもあるので、興味がある方は飲み比べをしてみるのもおすすめです。

お酒の高価買取お酒の高価買取
キャンペーン開催中

期間中にお申込みをいただいた方が対象 買取金額10,000円以上で5%UP、20,000円以上で10%UP 店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります 他のキャンペーンとの併用は不可

買取についてのご相談、ご依頼はコチラ
査定料・訪問料・ご相談料などの手数料はいただきません。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。
買取専門のオペレーターがご対応します
0120-947-295

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00(年中無休※年末年始は除く)
メールでもご相談・ご依頼を受付しております
お電話が混雑しており繋がらない場合は大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。 積雪状況により冬期はご訪問できない場合もございます。まずはお電話にてご確認ください。
< 前の記事「お酒買取」記事一覧次の記事 >

お得なキャンペーン
開催中!

トップへ戻る
お気軽にお問合せください

0120-947-295

受付時間 9:00~20:00
(年中無休※年末年始は除く)

お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。